仕事の悩み

仕事が忙しすぎる…辞めたいと思ったら始める転職活動が楽になる行動

Ruca
Ruca
こんにちは。ジョブホッパーの失敗から転職活動を見直して年収300万以上UP&キャリアUPを叶えたRucaです。

仕事が忙しすぎて辞めたい・・と思った事何度もあります。
 
そんな時、すぐに始めた行動がスムーズな転職成功につながりました。

「仕事が忙しすぎるー。プライベートに時間を使えなくてもう嫌!」
「仕事が忙しすぎて体調を崩す前に辞めたい」

忙しすぎる仕事に心も体もお疲れ気味で転職を悩んでいませんか?

家族や友人と過ごしたり、趣味を楽しむ時間もなく仕事をする為だけの人生なんて悲しいですよね。

「今の仕事を辞めたい」 そう思ったら、すぐに行動に移しましょう。

私も激務で身も心もボロボロになりかけていた時期がありましたが、「辞めたい」と考えた時点で始めた行動によって、仕事が忙しい中でもスムーズに転職を成功させることができました。

この記事では、今の仕事が忙しい状態で「辞めたい」と思った時から始めるべき事と仕事が忙しい中で始める転職活動のコツを紹介します。

仕事が忙しすぎる状況から抜け出して人生をもっと楽しめる仕事へ転職しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事が忙しい事が辞めたい理由なのはアリ

「仕事が忙しいから辞めたい」 こんな転職理由はアリです。

一昔前までは、休まず働く事を美徳として、忙しくしている人の方が尊重されるような風潮がありましたが、今は「仕事とプライベートの両立」が重要視されています。

だから、残業や休日出勤が多かったり、有給をまともに取れないなど、忙しくて家庭やプライベートに割く時間が取れない仕事は敬遠されるようになってきたのです。

今は、個人のライフスタイルに合わせて働き方を選べる環境が整った会社を選ぶ時代。

仕事漬けの人生にしたいなら別ですが、忙しすぎる仕事を辞めて自分の大事にしたい事を優先させてみては。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事が忙しすぎて辞めたいと思ったらやるべき2つの事

仕事が忙しすぎて「辞めたい」とまで思うようになった時点で、次の2つの事をやっておきましょう。

  1. 働きながらの転職活動は可能か考える
  2. 体調を整える

それぞれ具体的に解説します。

今の仕事が忙しくても、万全の状態で転職を成功させましょう。

1.働きながらの転職活動は可能か考える

辞めたいと思ったら、今の状況で働きながら転職活動が出来るかどうかを考えましょう。

基本的に転職活動は在職中に行うことが望ましいですが、「辞めたい」と思うほど普段の仕事が忙しい状態で、転職活動に割く時間をきちんと捻出出来るでしょうか?

休めるはずの休日も転職活動にあてながら、体調を万全の状態に保てるでしょうか?

私は以前、忙しすぎる職場で在職中の転職活動を試みて失敗したことがあります。

転職活動を始める時に注意したい事はこの2つ。

普段の仕事が忙しくても、

  1. 転職活動をする時間が取れる事
  2. 体調を崩さないよう休息も取れる事

上記2つの条件が揃っている、または揃える工夫が出来るなら、このまま働きながら転職活動を進めて大丈夫。

もし、今の状況で働きながら転職活動をすると体を壊しそうな場合は、退職後に転職活動を始める事もやむを得ません。

収入が途絶えることへの不安があるなら、失業給付金などの制度を上手く活用しながら転職活動を出来ないか検討してみましょう。

2.体調を整える

転職活動中は、心身共に万全の状態で臨めるよう体調を整えておきましょう。

普段の仕事で忙しい上に転職活動が加わり、さらに忙しくなると、十分な休息を取れず体調を崩してしまいやすくなります。

普段以上に体調管理に気を配る必要があります。

私は元々健康医療系の仕事に就いていたこともあり、忙しい中でも体調を維持する工夫をしてきました。

私が工夫していた体調管理のポイントはこちら。

  1. 睡眠の質を上げる
  2. 温かい食事を摂るようにする
  3. 徹底的に休む日を作る

それぞれ具体的に解説していきます。

2-1.睡眠の質を上げる

体の回復に大事なのは、睡眠時間の”長さ”ではなく、睡眠の”質”です。

量より質!

夜は早く寝て朝早く起きるのが理想。

そうは言っても、私はそれを何度もやってみて失敗したので、(全然デキる女じゃない)夜寝る前の時間を工夫しました。

それまでは寝る直前ギリギリまで仕事をしていましたが、徐々にリラックスモードに移行できるよう段階を踏んで「お休みモード」に変えていきます。

「お休みモード」へスライドする方法

  1. 食事は睡眠3時間前までに済ます(ムリなら消化に良いものを食べる)
  2. 入浴は寝る1~2時間前までに済ます
  3. 寝る1時間~30分前には照明を落として布団に入る

徐々に体を休めるモードにしていくのがポイント。

最初慣れるまでは意識して行動しないとついダラダラ仕事をしてしまったりするので、注意。

また、スマホやパソコンのブルーライトは交感神経を刺激して睡眠の質を落とします。

寝る前は読書やスケジュールチェック、1日の振りかえりなど、本やノートだけで出来ることをやるようにしましょう。

ちなみにベッドサイドランプは、明るさの変化がつけられるものが便利です。

睡眠の質を上げるポイント

  • 食事が遅い時は炭水化物や肉類を控える
  • 寝る30分前だけでも完全に仕事以外の脳にする
  • 寝る1時間~30分前からスマホやPCは電源オフ
  • 蛍光灯よりオレンジ色の照明へ変える
  • 好きな音楽や香りでリラックスできる環境を整える

2-2.温かい食事を摂るようにする

疲れている時ほど、体を温める食事を摂ることが大事!

仕事が忙しくて疲れている時ほど食事がおろそかになりがちで、余計に疲れを取りにくい体になるという悪循環・・・。

忙しいときほど食事に時間を割くのがもったいなくて「手っ取り早く食べられるもの」を選びがちなら、せめて「温かいもの」は必ず食べるようにしましょう。

忙しくて心も疲れがちな時に冷たいものを食べると、マイナス思考に陥りやすくなるのです。

仕事で夜遅い時の食事は、主に野菜中心具沢山のスープが私の献立でした。

冷たい生野菜よりも、体を温めるスープをチョイス。

冷たいジュースや生野菜のサラダ、体の内側を冷やしやすい惣菜パンより、根菜類のみそ汁、温かいおにぎりなどがおすすめ。

食事に選ぶものを変えるだけ、なのです。

2-3.徹底的に休む日を作る

1ヶ月の間に何日かは休む日を”決めて”徹底的に休みます。

自分にとって心と身体の休息になる事だけで1日過ごすのです。

1日の終わりに満足した気持ちを反芻して眠りにつくと、体だけでなく心も回復していきます。

もし起き上がれなくて寝るだけの日になっても、自分を責めないこと。

私は以前、休むことに罪悪感を感じてつい自己啓発系の本を読んだりしていましたが、それって頭は休んでないのですよね。

精神的な疲労が溜まるので、「やらなきゃ」と罪悪感からくる行動は一切封印して”徹底的に”休みましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事が忙しい時の転職活動を楽に進める方法

仕事が忙しい時の転職活動は、上手に時間を取る工夫をしつつ進めていきましょう。

忙しくて時間がない時、さらに自分一人で抱え込もうとする人は失敗しやすいです。

上手に人を頼り、便利なサービスがあれば活用し、自分の負担をできるだけ減らしながら転職を成功させる事がポイント。

仕事を人に任せる・頼む

まずは普段の仕事を少しずつ人に任せたり頼ったりして”手助け”してもらい、転職活動にあてる時間を作りましょう。

昔の私は人に仕事を任せる事が出来ず、自分一人で抱え込もうとしていましたが、それだと転職活動の為の時間も上手く捻出できず、休める時間も減ってしまいます。

会社で他の人と仕事をする以上、周囲を上手く頼り、助けてもらいながら仕事を効率よく進める事も大事なスキルなのです。

転職活動も頼れる人を見つける

普段の仕事に限らず、転職活動も頼れる人を見つけましょう。

自分の事をよく知っている信頼できる人や転職経験者に相談したり、転職成功のコツを聞いておくのです。

転職エージェントの担当アドバイザーも転職時に頼れるプロ。

転職先の応募書類の書き方、面接対策の注意点、企業情報に至るまで、”転職の専門”だからこそ知り得るノウハウを持っています。

職種や業界選び、将来のキャリアプランで悩んでいる時も、自分の頭にはなかった新しい選択肢を提案してもらえたりするのです。

ただ、担当アドバイザーとの相性次第なので、いくつか転職エージェントに登録し、やり取りをする中で相性の良いアドバイザーを見つけましょう。

私が転職を成功させた際、利用していたのは以下の転職エージェントです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です