働きながらの転職はしんどい…経験して学んだ在職中の転職活動のコツ

Ruca

Ruca
ジョブホッパーの失敗から転職活動を見直して年収300万以上UP&キャリアUPを叶えたRucaです。

退職後の転職活動も働きながらの転職活動経験も両方あるよ。

働きながらの転職をしようとしている人は、ちょっと考えてみて欲しいのです。

本当に今のあなたの状況は、働きながら転職活動ができる状況なのか。

「転職活動は働きながらがおすすめ」と言われるけれど、私の場合は体力的にも精神的にもしんどいものになってしまいました。

けれど、一度働きながらの転職が難しいことを経験したおかげで、在職中の転職活動を上手に進めるコツも学ぶことが出来たのです。

自身の経験を踏まえて、働きながらの転職の難しさと上手な転職活動のコツを紹介します。

これから働きながら転職活動を進めようとしている人は、同じ失敗をしないよう注意しつつ、賢く転職活動を始めましょう。

働きながらの転職活動に便利なサービス

働きながら転職活動をする場合、
やる事が多すぎて本業も転職活動も
中途半端になってしまうというデメリットがあります。

そんな事態にならない為に、
サポート付きの便利な転職支援サービスの利用が
重要になってくるのです。

\ まず押さえたい転職エージェント /

リクルートエージェント【公式サイト】をチェック

doda【公式サイトをチェック】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

働きながらの転職が難しい3つの理由

普段の仕事の合間に転職活動をするとなると、「これは無理!本当きつい。しんどい…。」という場面が出てきました。

私が働きながらの転職が難しいと感じた理由は3つ。

  1. 転職活動に十分な時間をかけられない
  2. オーバーワーク気味になりがち
  3. 疲労がたまり睡眠不足気味

詳細を順番に紹介していきます。

自分に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

1.転職活動に十分な時間をかけられない

まずは、転職活動のためにかけたい十分な時間が足りなかった事がデメリットでした。

次の仕事を探す際、自己分析や情報収集をしっかりやりたかったのですが、そのための時間を充分に確保しにくかったです。

自己分析が足らず、「自分はどんな仕事をしたいのか?」「なぜその仕事をしたいのか?」のような掘り下げができておらず、世間体や周囲の目を気にしての仕事選びになってしまっていた事があります。

「正社員で名のある企業」という希望条件がそれ。

周りから認められたいがための条件だったので、「入社して何がしたいか?」というその先がみえておらず、転職活動時にその事を充分に考えてもいませんでした。

転職活動をする際は、しっかり時間をとって将来のキャリアプランを考えることが大事だなと後々気づくのですが、転職活動時からその為の時間をきちんと取っていなかったのです。

情報収集も同様。

入社してから「こんなはずじゃなかった。」という、転職の失敗をしないためにも、業界情報、会社の内情などはよく調べておきたいところです。

そして、そのための時間を確保したいところなのですが、上手く時間を捻出しないと自己分析・情報収集不足になってしまうので要注意。

2.オーバーワーク気味になりがち

二つ目は、やる事・やりたい事が一気に増えてオーバーワーク気味になりがちだったことです。

元々、やりたいことが出来ると根積めて全力でやろうとしてしまいがちな私は、普段の仕事も転職活動もきっちりやろうとしてオーバーワーク気味になってしまいました。

いえ、”気味”どころか完全にオーバーワークでした。

後輩の指導、仕事の引継ぎ、明日の準備、クレーム対応・・・今までの仕事も同じようにこなしながら、仕事後に転職活動も始めたのです。

応募書類の準備や面接対策、自己分析、どんな会社があるのか情報収集・・・

時間が足りません。

でも体はひとつ。

普段の仕事と並行してやることで、心身共に負担がかかってしまいました。

残業や休日出勤の多い会社なら、転職活動へあてる時間を確保出来るかどうかを考えましょう。

3.疲労がたまり睡眠不足気味

三つめは、普段以上に疲れが出て睡眠不足になりがちだったことです。

働きながら転職活動をするにあたって、睡眠時間を削って時間を捻出しました。

今考えると当たり前ですが、睡眠時間を削ることで十分に休めず、疲れが溜まって仕事にも転職活動にも悪影響が出てしまったのです。

転職活動と並行しているため、体の疲労は普段以上。

それなのに睡眠時間まで削ってしまい、疲労回復するための時間も不十分。

睡眠不足が疲労回復を妨げ、さらに体力を削られる・・・という悪循環。

特に体調不良や疾患発症などで転職する場合は、きちんと休息も確保できるかを考えた上で転職活動を進めましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

働きながらの転職活動を上手くやるコツ

ここまで、私の働きながらの転職活動の失敗を紹介しましたが、それを踏まえて私が学んだ「上手な働きながらの転職活動のコツ」について紹介します。

転職活動と普段の仕事を平行して行うわけなので、どうしても心身ともに負担がかかってきますが、工夫次第で負担を軽くすることは出来ます。

大事なポイントは2つ!

  1. 休息をしっかりとる
  2. 人の助けを借りる

それぞれ具体的に解説します。

1.休息をしっかりとる

まず、一番大事なことは、休息を意識的にとるようにする事です。

体に疲れが溜まり心にゆとりがないと、大事な場面でもベストな判断ができません。

常に何か考え頭をフル回転させていては脳も疲れてしまい、良い考えも浮かばないのですよね。

毎日しっかり質の良い睡眠をとることはもちろんですが、たまに思いっきりリフレッシュする時間も大事です。

1週間に1度、数時間くらいでも構わないので、仕事と転職活動の両方から離れて思いっきり好きな事をする時間をとってみましょう。

2.人の助けを借りる

働きながらの転職活動で2つ目に大事なことは、”人の助けを借りること”です。

一人で出来る事って限界があります。

働きながら転職活動をするとなると、普段の仕事に加え転職のための情報収集や自己分析、応募書類の準備、面接対策・・・などやる事がたくさん!

オーバーワーク気味になりがちなのです。

だからこそ、人の助けを借りる事が大事。

人に任せられることは人に任せ、出来る限り負担を減らしましょう。

普段の仕事も自分以外でも出来ることなら人に任せて、頼る。

その際、手伝ってもらったお礼を伝えるのを忘れずに。

転職活動も、転職エージェントの担当キャリアアドバイザーに頼ることができます。

自分の代りに求人を探してくれたり、面接日程のスケジュール調整もしてもらえます。

応募書類の添削や面接対策もしてもらえるため、余計な時間をかけずに要領よく対策ができるのがメリット。

こんな至れり尽くせりのサービスが無料で受けられるので、利用して損はありませんでした。

・・・というかきちんと活用すべきでした。

最初は登録して求人紹介してもらうだけで何も活用しようとしなかったのです。

働きながらの転職活動は大変ですが、上手に休みながら、人を頼りながら乗り切りましょう!

希望の仕事に転職できたら、また、ワクワクするような新生活が待っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

働きながらの転職成功率UP⁉成功者が利用するサービス

私が働きながら転職を成功させた際は、転職エージェントのサービスをフル活用しました。

転職エージェントはたくさんありますが、まずは扱う求人数が多い総合型エージェントを押さえておくべき。

私は「リクルートエージェント」「doda」「パソナキャリア」「マイナビエージェント」をチェック。

転職成功に必須の”転職エージェント”

実績もなくジョブホッパーだった私が年収300万以上UP&キャリアUPと転職に成功できたのは、転職エージェントの活用方法を見直したから。

転職エージェントでやったこと

  • 選べる求人の選択肢を増やす
  • 信頼できる相性の良い担当アドバイザーを見つける
  • エージェントのサポートをフル活用する(応募書類添削や面接対策)

私が利用した転職エージェントはこちら↓↓↓

リクルートエージェント
  • 扱う求人数は業界最多!
  • 応募から面接スケジューリングまで操作しやすいサイト画面
  • サポートはあまり手厚くないので他との併用がおすすめ

→リクルートエージェント公式サイトはこちら

 

doda
  • 求人の8割が非公開求人!dodaでしか出会えない!
  • 転職サイトとエージェントが一体化。一人で求人探しもエージェントサービス利用も自分の都合に合わせての転職活動ができる

→doda公式サイトはこちら

 

パソナキャリア
  • 親身なサポートに定評あり!相談しやすい雰囲気
  • 首都圏・関西・東海中心の求人を扱う
  • 女性の就職サポートに強い!

→パソナキャリア公式サイトはこちら

転職エージェントは総合型と特化型があり、上記の総合型エージェントに加えて自分の希望に特化したエージェントにも登録していました。

関連記事

転職は働きながら?辞めてから?両方経験して分かった選択基準

転職先が決まらないまま退職しちゃった!直面した困難と解決策とは?

30代女性が転職して正社員を狙うなら事務より○○!

「転職エージェントに相談だけしたい」はOK?利用の注意点と経験談

転職したけど辛い…辞めたい気持ちを乗り越えられた4つの行動

転職のきっかけ9選と男女別の傾向