営業職

営業の転職に強い転職エージェント2選

「営業で転職するときにどの転職エージェントを利用したら良いんだろう?」
「営業の求人が多い転職エージェントってどれ?」

営業職の転職に強い転職エージェントを利用して、転職をスムーズかつ、有利に進められたら良いですよね。

Yuri
Yuri
転職活動を見直して入社した営業職で年収300万円以上UP&キャリアUPを叶えたYuriです。

営業への転職活動時に実感しましたが、転職成功のポイントは「1人で転職活動しないこと」ですね。エージェントのアドバイザーのサポートを得ることで、転職活動がグッとスムーズかつ、楽になりました。

需要の多い営業職は求人も多いですが、ライバルも多い。アンテナを広く張って効率良く求人探しをしていかないと、人気の求人はすぐになくなってしまいます。

だからこそ、営業職で転職する場合は、転職エージェントの上手な活用が転職成功のカギ。営業の転職に強いエージェントで、効率良く的を絞って転職活動をするのがおすすめです。

この記事では、営業で転職する時におすすめな転職エージェントとその選び方を紹介します。

営業職に強いエージェントを上手に活用して転職を成功させましょう。

成功する転職エージェントの選び方

基本の転職エージェントの選び方は、総合型と特化型からバランス良く選択する事。

【総合型転職エージェント】:総合型の転職エージェントは、扱う業界・職種・年齢層などを特定せず、多くの求人を扱うエージェントです。転職を考えたらまず押さえておきたいエージェント。

【特化型転職エージェント】:特化型エージェントは、業界や職種、対象の年齢層やターゲットなど、何かに特化したエージェントです。

営業職の求人は他の職種に比べ多い為、自分の希望を満たす求人を見つけるには『希望の求人に出会う確率を上げる事』がポイント!

エージェントで扱う求人の約8割は非公開求人であると言われており、他では掲載されていません。

複数のエージェントに登録してそれぞれの非公開求人を紹介してもらえるようにしておき、多くの選択肢の中から絞っていく方法が、効率良く転職を成功させるポイントです。

営業の転職に転職エージェントを利用するメリット

営業職の求人を探すために転職エージェントを利用するメリットは2つあります。

  1. 各業界の情報を得られる
  2. 年収交渉をしてもらえる

それぞれ具体的に見ていきましょう。

メリット1.各業界•企業の情報を得られる

希望する業界や企業の求める人材像や転職市場情報を得られる事は、転職エージェントを活用する大きなメリットです。

転職エージェントでは、求人掲載企業に足を運び、各企業の内情を得ています。自分一人では調べにくい業界の動向などを担当アドバイザーから教えてもらい、会社選びの参考にしましょう。

メリット2.年収交渉をしてもらえる

転職エージェントを利用すると、自分に代わって応募企業に年収交渉をしてもらえます。

「転職先でできるだけ年収アップしたい。」
「年収交渉したいけれど、マイナスイメージになったらどうしよう・・」

年収はアップしたいものの、自分で年収交渉をするのは躊躇してしまいますよね。自分で出来る人は自分で交渉しても構いませんが、希望年収を高く要求しすぎて企業から敬遠されてしまう、という恐れもあります。

相手企業のことをよく知るエージェントなら、企業の適性年収内で上手に交渉してもらいやすいため、担当アドバイザーに相談して年収交渉をお願いすると良いでしょう。

営業の転職で登録すべき転職エージェント

営業の転職では、全体的な求人数の多い総合型転職エージェントと、営業職に特化したエージェントとの併用がおすすめです。

総合型エージェントは、全国の求人を扱っている為、地方で求職している人には利用必須!

いい求人net

営業職に特化した転職エージェントの「いい求人net

親身なサポートが利用者から高評価!
口コミを見てみると、担当アドバイザーの名指しでお礼を述べている利用者が多く、親身なサポートに評判が集まっています。
手取り足取り・・なサポートではなく、求職者自身が自ら考え答えを導き出せるよう、丁寧に質問し求職者の本音に繰り返し問いかけるスタイル。求職者自身が納得のいく決断ができており、満足度が高くなっています。

優良企業が分かりやすい
いい求人ネットでは、求職者が優良企業を一目で見分けられる評価制度があります。いくつかの評価や規定をクリアした企業にのみ「いい求人マーク」が募集文についており、優良企業の選別が楽。いい求人マークを目安にして素早く求人の選別ができます。

求人のミスマッチが少ない
いい求人ネットでは、同じ担当キャリアコンサルタントが、企業と求職者を1人でサポートするスタイルです。他の転職エージェントでは企業側のリサーチ担当と求職者側のサポート担当が分かれており、連携をとって進めますが、連携の良し悪しで求人のマッチ度が左右される為、デメリットもあります。いい求人ネットのように1人の担当が企業と求職者を繋ぐスタイルは、求人のミスマッチが少ないというメリットがあるのです。

▼▼ いい求人ネットで営業求人を探す ▼▼

口コミはこちら公式サイトで詳細確認

リクルートエージェント

大手リクルートの転職エージェント「リクルートエージェント

サポートには賛否両論あるものの、頼りになるのは求人数の豊富さ。地域や業界問わず求人情報がある為、今どんな求人が出ているのか見ておくと良いでしょう。

口コミはこちら公式サイトで詳細確認

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。