転職ノウハウ

【転職成功のコツ】成功率を上げる方法は成功例から学ぼう!

Ruca
Ruca
ジョブホッパーの失敗から転職活動を見直して年収300万以上UP&キャリアUPを叶えたRucaです。

転職を成功させたいのなら、実際に転職に成功した人から学ぶ事が転職成功の近道。

私もジョブホッパーに陥っていた状態から抜け出し転職を成功させた時は、転職成功者の成功例や成功体験談から多くのヒントを得ました。

この記事では、転職に成功した人の特徴や成功例を紹介します。

転職成功者の先輩たちがやっていた方法を知り、自分の転職も成功させましょう。

転職を成功させるラクな方法は?

転職をラクに成功させるには、自分の労力は最小限にして上手にサポートを得ることが大事です。

エージェントを利用すると転職活動もこんなに楽!

  • 応募書類の添削や面接対策で、ポイントを押さえて短期間で面接までの準備ができる
  • 希望条件に合った求人を探し出して教えてもらえる
  • 転職時の悩みを相談できる
  • エージェントの推薦付きで面接に臨める

20代におすすめな転職エージェントはこちら

30代におすすめな転職エージェントはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職の成功率を上げよう

転職活動をする際は、自分が出来る範囲のことは全て行って悔いのない転職活動をしておきましょう。

やってきた事の行動量が多ければ転職の成功率も上がり、また、自分に自信もつきます。

私が思う転職の成功とは「早く内定をもらう」事ではなく、「自分が生き生きと働ける職場からいち早く内定をもらう事」。

その為にはしっかりとした下準備が必要です。

転職に成功した人の自己分析や仕事・会社選びの方法を知って、自分の転職に活かしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職が成功する人の特徴

転職が成功する人の特徴を知っておくのも、転職の成功率を上げるコツ。

成功した人から学ぶ事は多いのです。

転職が成功する人の特徴を●つピックアップしました。

転職が成功する人の特徴を参考にして、今の自分の行動や思考を振り返り、自分の転職成功に活かしましょう。

1.自己分析ができている

転職に成功する人は、自分の事をよく知っています。

自分を知る事で自分の扱い方が分かり、好きな事や得意な事を的確にアピールできたり、問題が起こった時に対処しやすくなったりするのです。

自己分析のやり方がわからない時は、無料登録で利用できるツールがあるので利用してみましょう。

リクナビNEXTの自己分析ツール「グッドポイント診断」

自分の市場価値や適性年収がわかる「ミイダス」

転職成功者は、応募する企業ごとに自己PRや職務経歴書の内容を変えていることが多いです。

2.応募先企業ごとに応募書類の内容を変えている

応募先企業が求めている人材や今後の事業展開などを情報収集して、求められる人材に沿ったPRを心がけましょう。

3.入社した後の働き方をイメージできている

その会社で自分がどう活躍していくのかをイメージ出来ている人の方が転職に成功しやすいです。

入社したらどんな風に会社に貢献していくか、何を成し遂げたいかなど、具体的にイメージして面接でもアピール。

その会社で活躍している姿をイメージ出来ている方が、アピールする時に伝わる”熱”が違います。

入社しても自分が生き生き働いている姿が想像出来ないのなら、自己分析や仕事・会社選びの時点で自分が望むものを選ぼうとしていない可能性があります。

悔いのない働き方を選びましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職の成功体験談を読んでおく

転職に成功した人の成功体験談を読み、成功の分析をしておく事も大事です。

分析といっても、大まかに転職成功者の共通点がチェックできればOK。

分析に時間をかけ過ぎて他の事が疎かになってしまわないように注意しながら、ザッと体験談を読んでコツをつかみましょう。

転職体験談を読む時の注意点

私は転職成功体験談なら成功体験談だけをピックアップして読むようにしていました。

失敗談を読んでしまうと、自分と重ねて1人で過去の傷をえぐったり慰めたり…それだけで時間を潰してしまっていたのです。

結局、「失敗談から学ぶ」より、過去の自分の失敗を思い返して感傷に浸るだけになってしまっていました。

もちろん人それぞれですが、人の体験談を読む時は、自分の思考・行動パターンに注意して選びましょう。

転職体験談を読めるおすすめサイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職成功例〜元ジョブホッパーの私の場合〜

私の体験談を転職成功例の1つとして紹介します。

私は20代半ばまで短期間で転職を繰り返す、いわゆる”ジョブホッパー”でした。

決めた仕事に本気で向き合う事もせず、どこかにあるだろう「天職」を探していたのです。

その為、あまり仕事に身が入らず、そこまで熱意もなく、当時は精神的な弱さも手伝って体を壊したりして退職…を繰り返していました。

20代後半にさしかかると、周りの友達が同じ仕事を続けてキャリアと経験を積んでいるのを目の当たりにし、焦り始めます。

「本気でどんな仕事がしたいのか考えよう」

前職を突発的な神経の疾患で退職してから、療養期間中にこれまでの転職活動を見直しました。

まずは自己分析。

得意不得意やどんな状況ならモチベーションが上がるかなど自分との対話の時間を取りました。

次に、自分が望む条件に合う仕事、働き方を探す為に、図書館の本やネット、雑誌などを片っ端から調査。

様々な仕事があること、同じ業界や職種でも会社によって働き方の条件がかなり変わってくることが分かりました。

転職サイトや転職エージェントにはそれぞれ複数登録し、出来るだけたくさんの求人情報が集まるようにしました。

自己分析で働き方の条件を絞ったり、仕事や会社の情報収集をしておけば、多くの求人の中からでも候補を絞って優先順位をつけることが出来ます。

登録した転職エージェントごとにそれぞれのキャリアアドバイザーとやり取りし、自分に合うキャリアアドバイザーを見つけたことも転職成功のポイントでした。

私に合う求人をピックアップしてくれたり、応募書類の添削、面接対策など自分1人では気づけない点を指摘してもらい、何度もブラッシュアップを重ねて面接に臨むことが出来ました。

面接では、自己分析や情報収集、面接対策など「これだけやってきた」という、転職活動の行動量も自信になり、堂々と受け応え出来たことも成功の要因になったようです。

やっぱり自分の経験に自信をもって受け応えする方が、面接時の印象も変わりますね。

その後、内定を頂いた会社で私が採用された理由をうかがい、自己分析や情報収集、転職活動をしながら身についた自信、どれも採用された理由につながっていたと知りました。

内定をいただいた会社では、20代のうちに営業の責任者に上がることが出来、同年代の年収が月収になるくらい給料も上がり(売上によるコミッションが大きい)、期待通り転職に成功したのです。

私の転職成功例はあくまでも参考程度の体験談ですが、他の転職成功者がやっていた事の共通点をやっただけです。

1つ1つの行動自体は難しいものではないので、転職成功者の共通点を実行してみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です