営業職

営業は未経験の転職でもおすすめな理由|今不安があっても大丈夫!

未経験だけど営業への転職を考えている方へ向け、未経験であることの不安が軽くなる転職情報をまとめました。
営業未経験者OKの求人が多くおすすめの業界と失敗しない会社選びのポイントも紹介!

こんにちは。フリーライフクリエイターのRucaです。

私が会社員時代に一番長く経験した職種は営業ですが、しっかり経験しておけば後々のキャリア(今後の転職、起業や女性の育児後の社会復帰など)でも役立つので本当におすすめの職種です。

とは言え、未経験だからこそ、未知の職種への不安や心配はあると思います。

けれど、どんなに不安があっても大丈夫。

人見知りでもコミュニケーション下手でも、モノを売りこむことに抵抗があった私でも、営業が好きになれましたし、100人以上いる営業マンの中でも20代で数少ない女性責任者になれました。

今回は、私自身の経験談も含めて未経験で営業をやってみようか考えている人向けに、営業が未経験でも歓迎される理由や面接での未経験者のアピールポイントおすすめの業界、会社の選び方を紹介します。

未経験だからこその不安を軽くして自分に合った会社を見つけましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

営業が未経験者でもできる理由

営業職が未経験者でもできる大きな理由は、会社ごとに商材や販売方法が違うため。

未経験者でも経験者でも、その会社の商材や販売方法を入社して一から身につけなければならないのは同じなんです。

最初から資格や知識がない状態が当たり前ということ。

その点では未経験者も経験者も「スタートは同じ」と言え、未経験者だからと言って不利にはなりにくいと言えます。

しかも、前の職場でのやり方のクセがついていない分、その会社のやり方を素直に吸収しやすいでしょう。

これが、営業職ならではの未経験者のメリットでもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

営業は未経験だから不安・・

営業は未経験でもできるとは言え、それでも初めて経験するものに対しての不安はありますよね。

「営業なんて自分にできるのかな?」と。

  • 人と接するのは得意な方ではない
  • 口下手でうまくしゃべれない
  • 人に物を売るのに抵抗がある
  • 売上を上げられるか自信がない
  • マルチタスクやスケジューリングが苦手

・・・・・etc

こうした「だから未経験で営業に挑むのは不安だ」という理由を挙げたらいっぱい出てくるかもしれません。

けれど、最初は不安があっても良い!

私は入社前に対人恐怖症だった時期があったり、最初から人と関わることがすごく大好き!だったわけではありません。

最初にお客さんの前に立った時は震えて2分も話ができず、後々まで先輩から笑い話にされたほど。

転職しての中途入社でしたが、周りは有名企業で実績あるベテラン営業マンが多く、一人だけ女でたいした営業実績のない(しかも直前の職種は営業ではない)私は、後から聞きましたが「一番最初に辞めるだろう」と言われていたそうです。

周囲からあまり期待もされず、口が回る方でもないし・・そんな私でも営業をずっと続けていられましたし、会社員時代は営業職の経験が一番長く、月収は350万以上(大半はコミッション)、9割がた男性社員の中で20代で女性責任者にまでなれました。

もしまた会社員に戻るとしても、営業職を真っ先に選ぶと思います。(営業は需要があって求人も多いし転職もしやすいですからね。)

だから、「今の自分」が営業に向いてないとか、自信がない、口下手・・それでも大丈夫なんです。

今後どう変えていけるか、どうしていきたいか、それが自分の中ではっきりしていれば、今、不安があっても大丈夫なんです。

  • 未経験で営業をやってみて、どんな働き方をしたいのか?
  • どんな生活をしたいから未経験で営業をやってみようと思ったのか?

おそらく、営業以外の職種(例えば今と同じ職種)にしようとしても不安は消えなくて、営業を候補にした理由が何かあるはず。

一度営業をやってみれば、もう未経験、じゃありません。

今からでも営業の力を身につけることで、メリットがいっぱいあります。

  • 営業職はほとんどの会社で需要がある(求人多い)
  • 売る力を身につければ、転職しても独立しても役立つ
  • 業界を変えても転職しやすい
  • 特に道具は必要なく、その身一つでできるのでいざという時強い
  • 幅広い人脈を築きやすい
  • お客様と直接やり取りするので人の役に立っている実感を得やすい

営業で培った交渉術やものを売る能力は、お金を稼いで生きていく上でとても役に立つのです。

売る力を身につければ、業界を変えても転職しやすく、今後また働き方を変える必要が出た時にも対応しやすくなりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

営業未経験者は転職で何をアピールすればいい?

未経験の営業職に応募した場合、面接ではなぜ前職と同じではなく営業なのか?の理由を聞かれることが多いと思います。

何をアピールすればいいのか悩むかもしれませんが、営業未経験者が面接でアピールしやすいことは大きく3つ!

  1. 商品やサービスが好き
  2. 自分が望む働き方ができる
  3. やりがいが感じられる

3つを具体的に解説します。

企業側から「うちに是非!」と言われるような熱意でアピールできるようにしておきましょう。

1.商品やサービスが好き

その会社の商材(商品やサービス)が好き!というのは、営業にとっては一番アピールしやすいポイントです。

その商材が好きで「心からおすすめしたい!」と思って売っている営業マンと、仕事だから義務で売っている営業マンとでは、感じる熱意が違います。

自分が心から好きなものって人におすすめしやすいのです。

仕事の話はトーンが下がるのに大好きな趣味の話ならいくらでも楽しく話せちゃうという経験はあると思いますが、それと同じ。

その商材が好きだからたくさんの人に広めたい!というのはアピールしやすい理由となります。

(もちろん最初から好きである必要はありません。私は入社してから会社の商品を知り、とにかく使いまくって商品を大好きになり、そこから営業トークにも変化が出てきました。)

2.自分が望む働き方ができる

自分が望む働き方がその会社でできるということもアピールしやすいポイントです。

  • 今は平日休みだけれど、週末は家族と過ごしたいから土日休みの仕事に就きたい
    やればやった分だけ評価され給与に反映される方が自分はやる気になるし、頑張れるタイプだから、コミッション制の営業に挑戦したい
  • 今まで移動のない仕事だったが、あちこち回って経験を積みたいので全国転勤のある仕事に就きたい

これから望む生活を叶えるために、こんな風に働き方を変えたい、という希望ですね。

今までの会社との働き方の違いを挙げつつ、前向きな理由を述べましょう。

やりがいが感じられる

営業に限らず面接でのアピールポイントに一番使われやすいのが、その仕事での「やりがい」です。

「やりがい」というとぼんやりしたものに感じますが、単純に「この仕事をやっていて良かった~!!」という満足感や充実感を味わえることです。

何をもってやりがいと感じるかは人それぞれ。

自分が日頃からどんなことを重要視しているか、何に喜びを感じるか、それがはっきりしていれば、自分の「仕事におけるやりがい」もアピールポイントになるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

営業未経験者におすすめの業界はココ!

営業職へ就くにあたって、特に未経験者でもやりやすい・始めやすい業界があれば知っておきたいですよね。

生命保険や不動産など、営業未経験者を歓迎している業界はたくさんありますが、その中でも特におすすめな業界は以下の3つ。

  1. 人材派遣(サービス)業界
  2. インターネット(IT)業界
  3. 広告(メディア)業界

それぞれどんな営業形態なのかも含め、具体的に解説していきます。

業界の特徴を知り、応募する会社の参考にどうぞ。

人材派遣(サービス)業界の営業

人材派遣業サービス界は未経験者歓迎の求人も多く、営業未経験者が始めやすい業界です。

働き手が欲しい企業側と求職者とのマッチングをするお仕事ですね。企業側の働き手が人出不足だと需要は増加。そのため、世の中の求人数が増えるほど業績が良くなる業界です。

業界全体で女性営業の割合が多いのも特徴。女性が挑戦しやすい業界でもあるので、女性なら候補に入れてみてもいいのでは。

扱う商材:無形商材
顧客対象:法人相手が多い

インターネット(IT業界)の営業

インターネットIT業界は成長中の業界なので、求人も多く、未経験であっても応募しやすいです。

大きく分けるとネットサービス系と通販系の2つ。

学歴やキャリアも他に比べると重要視されにくいですが、その反面、実力主義なところもあったりします。

扱う商材:無形商材
顧客対象:法人相手が多い

広告(メディア)業界の営業

広告メディア業界もインターネット広告が拡大傾向にあるため、求人数も多く未経験者でも歓迎されやすい業界です。

電通や博報堂、サイバーエージェントなどが有名ですね。

扱う商品数が多くない為、覚えやすいのも未経験者が始めやすいポイントとなっています。

扱う商材:無形商材
顧客対象:法人相手が多い

他にも営業未経験者を歓迎している業界

どの業界でも、未経験者を歓迎しているのは「人出が欲しい」ことが一番の理由です。

  • 成長中の業界のため、求人数が多い
  • 市場規模が大きく、求人や採用人数が多い
  • 実力主義で離職率が高く、常に求人が多い

こうした理由で「未経験者歓迎」をしている業界は多いですが、さらに挙げるとしたら以下の3つ。

  • 生命保険業界
  • MR業界
  • 不動産業界

生命保険は「生保レディ」という言葉でお馴染みですが、個人顧客相手で未経験者でも始めやすい営業です。給与体系が歩合給によるところが多く、がんばった分だけ稼げますが、実力主義なところが強いため、多少厳しい世界です。

MRは、医療機関相手に医療用医薬品を普及する営業です。
薬の価格は減少傾向で業界は少し縮小傾向にあり、多少の知識を必要とするのが難点。

不動産は土地・建物を扱うため、客との信頼関係をきちんと築けることが大事です。30代でマイホーム購入していれば、自身の経験を活かして説得力のある提案もしやすいでしょう。
金額が大きいため、単価の安い商材よりは難易度高めです。

営業未経験者は会社選びが大事!ブラック企業回避の術

業界選び以上に重要で慎重になりたいのが会社選びです。

同じ業界でも会社によって働き方や社風が違い、集まる人のタイプも変わってくるため、企業内部の様子を知る転職エージェントから情報を仕入れると良いでしょう。

また、営業未経験OKのブラック企業に注意。

未経験者をOKとしているのは、成長中の業界や市場規模が大きい業界に多いですが、入社してもすぐ辞めてしまう離職率が高い会社であることもあります。

稼げる可能性がある会社(コミッション制など)だと、稼げるようになる前に挫折して辞めてしまう人が多いので離職率も高くなりがちです。

けれど中には、「未経験者OK・歓迎」で人を集めるブラックな会社も存在します。

断るのが苦手な人ほど、辞めるに辞められず我慢してしまいがち。

求職期間が長引いて焦って決めてしまい転職に失敗する人もいるので、自分の力だけで転職活動しようとせず、頼れるサービスをフルに活用して効率よく転職先を見つけましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です