トップページ

やみくもに転職をくり返す人のことを「ジョブホッパー」と呼びます。
くり返すほど就職に不利になりスキルもキャリアも積みにくくなる悪循環。

当サイトはやみくもな逃げの転職や天職探しを終わりにし、やりがいのある仕事と居心地の良い働き方を見つける手助けをします。

こんな悩みはありませんか?

  • 転職をくり返している自分がイヤ
  • 辞めグセを直したい
  • どんな仕事なら続くのか分からない
  • 何度転職しても似たような問題にぶつかる
  • 天職を探している
  • スキルアップ・年収アップしたい

将来につながる転職か・今の状況から逃げるだけの転職か

「今の仕事内容や職場環境に不満があるから」そこから逃れるためだけの転職は、くり返すほど自分を追い詰めることになりかねません。
一度逃げグセ・辞めグセがつくと、ジョブホッパーから抜け出しにくくなってしまい2度目、3度目・・・と繰り返し

転職をくり返すほど不利⁈

一般的に日本では、同じ会社での勤続年数が短いほど技能習得や賃金アップに不利な傾向があります。
厚生労働省の調査に基づくデータによると、
正規雇用者は同一企業での継続年数が長くなるほど賃金が上がる傾向にあります。
昔ほど転職回数は気にされなくなったとは言え、日本では同じ会社での勤続年数の長さとスキルアップ・年収アップは関係しているのです。
参照:厚生労働省「勤続年数によって表される技能の習熟度と年功的な賃金構造」
転職回数が多くても、夢や目標がはっきりしていて今までの経歴がそこにつながるものであったり、転職するほどにスキルアップ・キャリアアップを叶えているなら別。
でも、一貫性のないやみくもな転職はいつの時代も歓迎されません。
ただ「今の仕事内容・職場環境などがイヤ」だからその場から逃げる転職では、次の会社で「うちも嫌になったら辞めるのでは?」と思われてしまうでしょう。

ストレスを我慢しろということじゃない

やみくもな逃げの転職は良くないとは言え、自分が嫌と感じる環境から離れるのは、身を守る意味でも大事なことです。
嫌な仕事・職場環境に耐えろ!
我慢が足りない!
ストレスを抱えて心身を病んでまで仕事を続けることが偉いことだなんて絶対に違いますし、過去の自分に対しても言えません。
嫌な状況からは逃げても良いんです。
でも逃げたなら、同じ事を繰り返さないために「”次”はどうするか?」をちゃんと考えましょう。

転職のやり方を見直そう

今の状況を選んだのは自分。正しく選び直せるのも、自分。
今からでも、変えられます。
もし、居心地の良い職場環境とやりがいのある仕事なら「続けたい」と思いませんか?
「辞めたい」環境にいる今、仕事・会社選びから間違っていたからかもしれません。
自分に合った仕事と会社環境を見つけるコツを知って、やみくもな逃げの転職を終わりにしましょう!
このサイトでは、元ジョブホッパーの私が実践した「失敗を活かした成功転職の秘訣」を紹介しています。
私は20代後半まで短期間で転職をくり返し、キャリアなし。
「このままじゃまずい。」と4回目の転職活動でこれまでの失敗を振り返ってやり方を見直しました。
そして次に内定をもらえた会社ではキャリアアップ&年収アップを叶え、20代のうちに男性営業が9割の中で女性責任者になることができました。
今までのようにすぐ辞めることも無く、起業した今でも仕事のサポートで呼ばれています。

ジョブホッパーにならない&卒業するステップ!

  1. 自己分析
  2. ①を元に自分に合った仕事・会社選び
  3. 転職サイト・エージェントをフル活用

ジョブホッパーにならない&卒業する為のポイント2つ

  1. 自分の望みを深掘りする
  2. 頼れる人のサポートを得る