仕事が続かない理由は●●できないから?起業した私が行きついた答え

仕事が続かないのがコンプレックスでした。
みんな理不尽な上司や残業があっても我慢してるのに、甘えてるよなぁって。
でも違った。
起業して個人事業主となった今、我慢の”違い”だったんだなと気づきました。

こんにちは。
フリーライフクリエイターのRucaです。

今回は私が得た「仕事が続かない理由」をお話ししてます。
仕事が続かないってダメと思ってたけど、自分でどう捉えることができるかどうかですね。

あと、海外だと仕事が続くことが良いことだとは思われないので、けっこう狭い価値観でもあるみたい。

仕事が続かない理由は我慢できないから?

よく「仕事が長続きしない」人に対して「我慢が足りない」とか「甘えてる」って言われるイメージ。
(つまり仕事を長続きさせてる人は我慢して続けてるってことだよね。)

だから

仕事が長続きしない人=我慢できない人

って世間一般のイメージなのかな。

あとは飽きっぽいとか。

それじゃ、20代前半仕事を転々としちゃってた私は「我慢できない人」だったのかな?
と考えたら、それも違うなと。

かなり我慢強い・忍耐強い方だったと思われてたし、思ってました。

忍耐強くなきゃ続けられない仕事もやってきた

完全実力主義のコミッション制営業の仕事はかなりきつくて厳しい仕事でした。

同期20人くらいは私以外皆男性で、有名企業で表彰された営業マンとかいっぱいいました。
私は特に表彰されたことないどころか転々としてた同期中では一番の劣等社員だったかも。
後から聞いたけど、私が一番最初に辞めると思われてたらしいのです。
わぁ(´▽`)みんなひどい。

けれど半年後、生き残ったのは私一人。

思ったより休みがなくて、コミッションを得られるようになるまでが大変だったけど、その後20代のうちに数少ない女性責任者にもなれました。
で、この仕事が一番長く続きました。

だから、我慢できないわけじゃないんですよね。

じゃ、今までもっとゆるい仕事でも我慢できなかったのは何でなのか?
考えてみたら答えが出ました。

我慢できることは人によって違う

今、振り返ってわかるのが「人によって我慢できる内容・質が違う」ってこと。

私の場合、自由がないことが一番我慢できないことだったみたいです。

コミッション制営業の仕事は、結果さえ出せばかなり自由に仕事もできて給料も桁違いに良かったんです。
本社から離れた地で単独で仕事できるし、やり方は営業マン個人にゆだねられてたし、休みの日も自由に決めていいので私にとっては楽だったんですね。
結果が出せなければ収入に響くし、完全に自分次第。

どっちの不安のが我慢できるか

世の中の多くの人は、

安定した収入と保障があれば、その他の自由(働く時間・場所・休み・仕事内容等)は多少縛られても我慢していける。

主に会社員に向いてる人だそうです。

けれど私の場合は、

安定した収入と保障でその他の自由を縛られるより、収入が不安定で将来の保障がなくてもその他が自由な方がマシなんです。

多くの人は、その他の自由を拘束される方がマシ。
私は収入が不安定で将来の保障がない不安の方がマシ。

副社長に「会社員より起業しちゃって独立する方が向いてるかもな~」
と言われたけれど、実際起業した今「なるほど確かに」と納得してます。

本音にウソつくのが一番我慢ならなかった

もう一つ理由があるとしたら、本音にウソをつくことに我慢できないってこと。

私は「好きな場所で好きな時間に好きな仕事をしたい」
それが本音。
その本音を抑えて「決まった場所で決まった時間に決められた仕事をする」のはもうほんと耐えられないストレスでした。

誰でも「好きな場所で好きな時間に好きな仕事をしたい」って願望があると思います。
けれど、それに挑戦することへの不安やリスクのが大きい。
だから本音を抑えて現状の仕事で我慢しちゃう。

でもどうしても我慢できなかったから、本音を叶えることにしたらうまくいきました。

仕事が続かないなら”何に”我慢できないのか理由を考えてみる

自分が一番我慢できないことを続けようとしても上手くいかないですよね。

今回のはあくまでも私の例だけど、
「仕事が続かない・・」って悶々と悩んでいる人は、自分が”何に”我慢できないのかを考えてみると道が拓けるかもしれないです。

「私って年収〇〇万いけるんだ!」自分の市場価値がわかるアプリ

「求人探しが大変」なら
企業側が自分を探し出してくれるサービスを利用してみよう。

  1. たった5分であなたに入社してもらいたい優良企業からオファーが届く。
  2. 「書類選考合格済」のオファーなので、面接確約!
  3. 適正チェックで自分の強みや自分に合う仕事がわかる。
  4. 経歴・スキルから推定年収がわかる。
    ※「社会の中であなたはこれくらいの年収を受け取れる人ですよ。」
    という自分の市場価値を見ることができるんです。

\ まずは自分の市場価値(推定年収)を見てみる /

MIIDAS公式サイト

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事が忙しい時でも休めないと思ってる人へ。疲れたらすぐやってほしい対策

仕事を我慢する方法を探している人へ。ストレス爆発する前にやる事

【仕事が辛くても助けてと言えない人へ】今の状況を変える方法

仕事が忙しいと女子力低下⁈肌荒れを防ぐ【働く女の美容法】

【やりたい仕事が見つからない時の5つの解決策】転職前にも確認!

【うつ病でもできる仕事】共通点と職業4選