正社員に安定を求めて仕事選びをしない方がいい理由

「とりあえず正社員になれば安定だよね」
そうやって仕事を探していた過去の私。

年収8桁のコミッション営業を経て起業した今、
昔の自分に「安定を求めて正社員を選ぶのはやめろー!」と叫びたい。

世間一般のイメージに流されて、「とにかく正社員に」と選んでる人は要注意!!

正社員は安定のイメージは過去のもの

世間では、”正社員は安定”というイメージが一般的ですよね。

社会保険が充実
終身雇用で定年までは収入安定 年功序列で少しずつ給与や位が上がる 以前の私は、エスカレーターみたいなイメージがありました。

一度入社しちゃえば、(エスカレーターに乗っちゃえば)、年功序列で少しずつ出世できて、その間毎月の給与も社会保険も保障される。
そんな楽~なシステム。

さすがにこの通りにはいかないかもしれないとはわかってはいるけど、でも何となく、 「正社員として入社しておけば安泰なんじゃ…」 って思ってました。

正社員は安定、は一つの会社に依存してできるもの

定年まで1つの企業に勤めるのが、世間一般の安定イメージ。

でも、それは高度成長期で終身雇用制度も通用してた頃の話。

「定年まで1つの企業に勤めるのが安定」イメージは、バブル期までにできたもの。
けれどバブルもはじけてWEBも広まり、時代の流れが一気に早くなってます。

実績ある大企業ですら、急激な時代の変化に対応するのが難しく倒産が相次ぐくらいに。
「ただエスカレーターに乗ってれば安泰」という考えの社員が多ければ、倒産してもおかしくない。

結局、環境が急激に変わってるのに、考え方が変えられてないってこと。

正社員=安定は、終身雇用で年功序列が整っていて、景気のいい時代に成り立つもの、じゃないかなと。

会社の寿命が短くなっている

正社員として定年まで同じ会社に勤めようと考えている人は、要注意。

定年前に会社が先に倒産する確率が上がってるからです。

東京商工リサーチによると、2017年に倒産した企業の平均寿命は23.5年だそうです。
しかも企業の平均寿命は、今後どんどん短くなっていくと予想されています。

新卒から定年まで約40年。
自分が定年を迎えるより先に、会社が倒れる方が早いかもしれないんですよね。

会社が自分の定年より先に倒れない保障はない
保障はないなら、やっぱり安定とは言えないです。

収入源を限定するのは不安定

それから給与が1ヶ所からなのも不安定。

正社員だと社会保障が充実しますよね。

けれど、その為に長く1つの会社にいるのも給与が限定されるから不安定になりがちなんです。
「会社がつぶれたら収入がない」状態は、とても安定とは言えないです。

収入を1つの会社に依存するのも、不安定。

他で働きにくくなる

さきほど記述したように、会社寿命が短くなってきています。
定年まで1つの会社で勤め上げたくても、会社が100%つぶれない保障は無いんですよね。

時代の流れに対応できずに急に倒産、職を失うこともあるかも。

すると40代や50代で、新たに転職。
今まで1つの会社でしか働いたことがない人には、精神的負担も大きくハードルも高くなりがちです。

これ、私はピンとこなかったんですけど、会社の先輩が”そう”でした。

今の会社しか知らないデメリット

私が働いていた会社も、海外ファンドが介入し経営方針がガラッと変わったことがあります。
取締役や役員は突然クビ。
新たな経営方針に賛同できずに、転職する人も多かったです。

けれど転職するのは、中途採用で入社した人など、過去に転職経験のある人。
あとは入社して3年くらいの人でした。

高卒で入社して勤続年数20年近くになる先輩(女性)は、転職を選びませんでした。
「やっぱりこの会社に愛着あるから他へは行きたくないんだな・・」 と思っていたらそうではなかったんです。

ある日先輩がポツリと漏らしました。

「他へ転職しようと思える人が羨ましい。私は他の会社や業界は知らないからさ。今から他の会社に転職してやっていくなんて、とてもそんなエネルギーは無いんだよね。」

転職経験も多い私には思いもよらない言葉でした。

他での働き方・仕事の経験をしていないのは、デメリットでもあったんです。

正社員”だから”安定じゃない

以上のように正社員にこだわると、1つの会社・仕事に依存しやすくなります。

収入源も限定されるし、突然の環境の変化に戸惑いやすい。
この、1つの会社に依存、が危険

正社員”だから”安定じゃないんですね。
依存しちゃうと安定しなくなっちゃう。

それじゃ、安定しやすい状態にするにはどうしたらいいか?

それを考えると、必要な条件は2つ。

たとえ正社員であっても、この条件を満たせば安定しやすくなると思います。

  1. 収入源を複数もつ
  2. どこでも働けて稼げる力を得る

まとめ

会社に依存して生きるのは、何かあった時「その会社次第」になってしまうので振り回されやすくもなりますね。

自分でコントロールできる力や環境をつくれば、振り回されにくい。

会社次第。環境次第。他人次第。
ではなくて、自分次第。

生き残れるのは、時代の流れや環境の変化に、考え方を変えて対応していける人。
昔の考え方にしがみついてちゃ(楽だけど。)衰退する一方。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事が続かない理由は●●できないから?起業した私が行きついた答え

仕事が忙しい時でも休めないと思ってる人へ。疲れたらすぐやってほしい対策

仕事は暇なのと忙しいのとどっちがマシ?両方体験した上で比較

【うつ病でもできる仕事】共通点と職業4選

【仕事のストレス解消法45】イライラは溜め込まずさっさと発散!

「自分だけが仕事も多いし忙しい」頑張っている人が楽になれる習慣