仕事をやめたいのかわからない時はどうすれば?【経験談からアドバイス】

「仕事をやめたいのか自分でもわからない。」
そんな風に”今の仕事に悩んでいるけど、どうすればいいかわからない状態”からのアドバイスを、かつての私の経験からお話します。

こんにちは。フリーライフクリエイターのRucaです。

かつての私が悩んでいた「仕事をやめたいのか続けたいのかわからない」問題。

昔の私は、どうしたいかもわからないまま、とにかく今の仕事に続けたい理由も見出せないまま動けなくなっていました。当時の悩みを書き殴ったノートが見つかったので、当時を思い出して書いてみました。過去の私のような悩みを持った方の手助けにでもなればと思います。

仕事をやめたいのかわからない

「仕事をやめたい」のか「仕事を続けたい」のかよくわからない。

今の仕事を辞めて転職しても、次また同じように辞めたくなるかもしれないし。そう思うと、「もうちょっと頑張った方がいいのか?」とか考えてるうちに何がイヤなのかもわからなくなってくる、昔の私はそんな有様でした。

当時使っていた、考えがまとまらないときに頭を整理する用の書き殴りノート(笑)があって記録が残っていたので、抜粋しながら話をすすめますね。

結局、会社をやめたいのか?続けたいのか?
(過去ノートより抜粋)

いきなり自分への問いかけからスタート(^^;)

その頃の私は、年功序列制のない完全実力主義の会社にいて、コミッション含めて月収300万円以上あった営業部員でした。高価なものも買えるし好きに旅行も行ける。それなのに、満足できなくて、ずっと「なんだか違う。」と不満をくすぶらせていました。仕事もやりがいはあるし楽しい時もあるのに、ずっと何か不満で満足できないまま。

それで、何度も今後の働き方を見直しては、「やっぱりこのまま仕事を続けよう」と納得させようとする・・・の繰り返しでした。どっちつかずで悩んだまま。そのうち仕事にも支障をきたすようになってしまいました。

今まで仕事をやめようとしなかった理由

なんで今までやめようとしなかった?やめなかった?
→ここ(今の会社)にとどまっていれば、いつか自分が変われると思ったから?
また別の場所(会社)に行っても同じことの繰り返しで
同じことで悩んで苦しむことになる

続けたい?
なんで続けたいのか?続けてどうしたいのか?何がしたい?望みは?
(過去ノートより抜粋)

今の状態が嫌、満足していないのはわかるけれど、どうし”たい”かの望みがなかったんですよね。宙ぶらりんの状態。動けない。どうしたいかがわからないから、次が決まらない。決められない。

だからまずは、「どうし”たい”か」を考えました。

仕事をやめたいのかわからない時、まずはどうしたらいい?

初めにやったことは、「自分がどうしたいかを知る」ことからでした。自分を知ること。

自己分析、ほんと大事です。

辞めたいのか続けたいのか、自分がどうしたいのかもわからなかったのは、自分の望みを知らなかったからだと思います。もっと言えば、自分のこと自体を知らなかったんですよね。

とにかく「今」が嫌でやめても、「次」にどうしたいのかを考えられないから、毎回これといった”自分軸”がないまま転職先を選んでは失敗してたんです。

自分の希望の働き方を考える

今の仕事を続けるとして、じゃあどんな働き方をしたい?
(過去ノートより抜粋)

残業がイヤだとか、給料はどのくらいがいいとか、単純に仕事の条件だけじゃなくて、仕事を含めた1日の生活を考えてみました。けっこう具体的に。

例えば、朝何時に起きて朝食はどんなものを食べて、どんな風に出勤するかまで考えます。朝食は外のカフェで食べたい人なら、始業時間が遅い仕事の方が良いし、満員電車での通勤が苦痛なら車通勤の選択肢もありですもんね。(私、社会人になってから満員電車って乗ったことないから大変さはわからないです。。。)

休日に家族と一緒に出掛ける時間がとれないのはイヤ(休日出勤がイヤ)、家族と年1回海外旅行に行けるだけの給料と有給休暇がとれる、月に一回は好きなバンドのライブに行きたいから、その遠征費と休日が確保できる・・などです。

やりたくないことも把握

やりたい事がわからない時は、やりたくない事を挙げてみるのもいいです。消去法ですね。

残業したくない。上司の飲みの誘いに付き合いたくない。給料が20万円以下なのはイヤ・・などなど。自分にとって嫌なものを排除した仕事の条件を考えてみます。どんな仕事の条件なら、自分が満足するのかを整理していくんです。次の働き方を決める時に、その条件を選ばないようにするために。

こんな作業を繰り返して(最終的に今は起業してるんですけど)、『理想の働き方』を具体的に自分で考えるようになってからは、仕事の選び方がブレなくなってきました。

仕事における自分の市場価値を知っておく

自分のスキルや経歴が、仕事においてどのくらいの価値なのかを”客観的に”知っておくのも役立ちました。自分だけの独りよがりな判断や思い込みで、見当違いな仕事ばかり選んでことごとく失敗してしまうのを減らせます。

自分の希望の働き方がまったくお金にならないなら、仕事ではなくただの趣味になってしまいます。

無料で簡単に自分の市場価値を診断するサービスがあるので、こういうものを積極的に活用するのがおすすめ。

▶︎MIIDAS COMPANY(公式サイトへ飛びます)

仕事をやめたいのかわからない時すべきことは2つ。

仕事をやめたいのか続けたいのかわからない→どうしたいのかを考える

そしてこの2つが揃いました。

  • 自分が望む働き方
  • 自分の市場価値

「自分の希望の働き方」と「社会での価値(必要とされる部分・どのくらいの収入になるか)」を見比べて、共通部分を探しながら自分なりの仕事や働き方を考えます。

 

そして、「やっぱり今の職場や仕事自体を変えよう」となったら、その時は転職エージェントを活用するのが便利です。「自分が望む仕事の条件」と「自分の市場価値」が重なる仕事を探しやすいんです。求人数が多いところだと選択肢も広がるので、望む働き方ができる仕事を見つけやすいです。

自分1人で探すとなると時間も手間もかかるので、プロのアドバイザーにしっかりサポートしてもらうのがおすすめ。私は浮いた時間で次の仕事の準備や転職の合間のリフレッシュ(旅行など)をして有意義に時間を使ってました。

仕事をやめたいのかわからない時の行動まとめ

仕事をやめたいのかわからない時は、①まずは自分の望みをちゃんと把握することから。

その上で②「自分の望む働き方」と「市場での自分の価値(自分の能力や仕事がどう収入に結び付くか)」の共通部分を探して、③自分なりの働き方を探していく、という感じです。

「私って年収〇〇万いけるんだ!」自分の市場価値がわかるアプリ

「求人探しが大変」なら
企業側が自分を探し出してくれるサービスを利用してみよう。

  1. たった5分であなたに入社してもらいたい優良企業からオファーが届く。
  2. 「書類選考合格済」のオファーなので、面接確約!
  3. 適正チェックで自分の強みや自分に合う仕事がわかる。
  4. 経歴・スキルから推定年収がわかる。
    ※「社会の中であなたはこれくらいの年収を受け取れる人ですよ。」
    という自分の市場価値を見ることができるんです。

\ まずは自分の市場価値(推定年収)を見てみる /

MIIDAS公式サイト

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事が暇なときの過ごし方|望み通りに生きる為に

正社員に安定を求めて仕事選びをしない方がいい理由

外で仕事する女性の日焼け対策【美容部員経験もある元営業女子の美肌術】

【やりたい仕事が見つからない時の5つの解決策】転職前にも確認!

【仕事が辛くても助けてと言えない人へ】今の状況を変える方法

【仕事のストレス解消法45】イライラは溜め込まずさっさと発散!