【うつ病の働き方】仕事を通して安心と安定を得る考え方と手段

「うつ病の人はどんな働き方をすれば良いのかな。」
「うつ病で働くとき悪化させないよう気をつけるべきことは?」
など、うつ病の働き方を考えている人へ。

働く前の心の準備や、うつを繰り返さないために注意したいこと、うつ病専門の就職支援サービスについてまとめました。

こんにちは。
フリーライフクリエイターのRucaです。

私も通院しながらも働いていた時期がありました。

けれど自分が仕事を辞める原因をしっかり見つめて、今は無理せず自分に合った働き方ができるようになっています。

そこで今回は、うつ病で仕事をしようと思っている人へ向けて「うつ病の働き方」の考えをお話します。

うつ病の働き方を考える前に

今現在うつ病で、それでも働こうとしている場合、

「やっぱり治療に専念した方がいいのかな。」
「1度きちんと治してから働くべきかな。」

と迷っていないですか?

「うつ病ならどんな働き方が良いんだろう」と考える前にまず、

きっちり休むか治療しながら働くか。

これをはっきりさせます。

すでに十分休んだ後だったり、うつ病の程度がそこまで重くなく働く意欲がある場合はこの章は飛ばしてください。

同じことを繰り返してうつを悪化させないために

「働きたい」なら働けばよし。
けど、「働かなきゃダメだ」と思ってるなら、ちょっとストップ。

そのままだと“同じことを繰り返す”可能性が高いからです。

  • 休むことは怠けてる
  • 働けないのは情けない
  • 仕事をしないのは申し訳ない

そんな義務感や自分責めが”うつ”になるまで追い詰めちゃった原因の1つかも。

過去の私がまさに”そう”で、焦りや後ろめたさから十分に原因を考えないまま次の仕事についていました。
だから「体を壊して仕事を辞める」を繰り返してたんですね。

自分が何にストレスを感じるのかを考えた上で、働き方を選んだほうがいいです。

私は体を壊して仕事を辞めることを”失敗”と思っていましたが、失敗から学んで次に生かせたら「失敗ではなく、意味のある学びだった」と思えるようになりました。

自分をいたわること、できてますか?

疲れているときは、いい判断もできなくなります。
体が疲れている時も心が疲れている時も、です。

私が働き方を前向きに考える事ができなかった時期は、疲れて弱ってしまっていたからでした。

きちんと休みをとってスッキリさせると、不思議と考え方も変わってきます。

風邪をひいたとき、まず体を休めますよね。
「心の風邪」と呼ばれるうつも同じ。

風邪を引いてるのに無理して働いたらなかなか治らないし、自分に対してヒドイ仕打ちです。

まずは自分を自分でいたわってあげることが大事です。

休んでる間に大事なのは、休んでる自分を責めないこと。
責めてると結局心は休まらず、自分で自分を攻撃しているだけです。

私は、うつになるくらいの時は「今は心を休めてるんだからダラダラしたっていいや」と開き直るくらいがちょうどいいと思ってます。

心と体を休めて「そろそろ働きたいな」と思えてきたら働く準備を始めていきましょう。

休んでる間は、甘えてみる

休んでる間でもお金は必要ですよね。

うつでも働き方を考える場合、経済的な理由もあると思います。

そんなときは、国の制度を利用してみることも検討してみて下さい。

《生活保護》病気やけがで働けなくなった時に利用できる(審査あり)
《生活福祉金貸付制度》低所得・障害者・高齢者世帯のどれかに当てはまるなら、低金利で国からお金を借りられる制度。

うつでも働くことのメリット

ここからは働く意欲がある人向けに話を進めていきます。

うつでも程度が軽ければ、仕事をした方が回復が早い場合もあります。
(もちろん無理は禁物なので、ちょっと疲れたらすぐ休んだり相談した方がいいです。)

うつでも働くことのメリットを挙げてみました。

社会との関わりをもてる

仕事をすることで、何かしら人とのつながりができます。

在宅ワークでさえも直接会うことは無いにしろ、メールや電話などで何らかのやりとりがあります。

私が病気になったとき辛かったのは、社会から取り残されたような”孤独感”を感じた時でした。
人は孤独に弱いとは言うけれど、仕事を通じて社会との関わりを感じることで孤独感が軽くなるのもメリット。

仕事を通じて社会の「誰かの役に立っている」ということも、自信につながります。

収入の不安が軽くなる

病気で仕事ができないとき、多くの人が悩むのは経済的なことだそうです。
お金は無いよりあったほうが良い。

収入があれば、その悩みも軽くなります。

心にゆとりもできますよね。

うつ病は働き方を見直すチャンス

私は心を病んで仕事ができなくなったとき、それを”失敗”として落ち込んでいましたが、
その失敗から自分の弱点を学んで、働き方を考え直す”チャンス”に変えられました。

心を病むほど自分が嫌だった・我慢できなかったことに気づけたんです。

私自身の経験をもとに、働き方を見直す考え方を紹介します。

以前と同じように働かない

私が転職を繰り返してたのは、
「早く就職しなきゃ」という焦りや不安から、ろくに休まず以前と同じように働いたことが原因の1つだと思ってます。

だから何度も自分を追い込んで酷使して辞める、を繰り返してました。

「うつになった分を取り戻さなきゃ」と、前と同じ働き方を選ばない方がいいんです。

それよりも、自分が無理をしない働き方を考えてみてください。

「どうしたら無理をしないでいられるか」を知るには、「自分がどうして無理してがんばってしまうのか?」を深く考えてみるといいです。

楽な生き方も知っておく

うつになるほど仕事で頑張っちゃう人は、「もっと楽に生きてもいいんだ〜」ってことを知るのも必要です。

周りに「無理してでも頑張って仕事する」人しかいなかったのなら、その価値観がしみついちゃってます。

私は完全実力主義の営業職についてたころ、毎日楽しそうに働きながら大金を稼ぐ人ばかりに囲まれていました。
無理して頑張ってるんじゃなくて、楽しくて夢中になっていて”遊んでいるような感覚”で仕事をしている人たちばかりでした。
そんな中にいたからこそ、無理して頑張る自分に疑問を覚え、働き方を真剣に考えるきっかけにもなったんです。

本やネットを参考に、いろんな人生のサンプルを取り入れてみるのも面白いです。
頑張っちゃう人は、「苦労して頑張って成功・幸せを手に入れた」話はたくさん知っていると思うので、今までの価値観を壊すためにもそれ以外の話を取り入れてみてください。


うつ病の人向けの転職支援があることを知っておく

ここまで考えてみても、いざ働くとなると不安がありますよね。

職場での理解が得られるか、また休みなく働くことにならないか、とか。

実際に、うつ病に否定的で休職を認めない会社もあるのも事実です。

だからこそ、うつ病の人が働きやすいようにサポートしてくれる転職サービスを利用するのも手。

新しい仕事へ踏み出すのに、味方がいるのは心強いです。

うつ病の人を対象にした転職支援サービスがあるので紹介します。

転職支援サービス「シゴトライ」

紹介するうつ病の人の為の転職支援サービスはこちらです。

▼シゴトライ公式サイト▼

うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

うつ病の転職にシゴトライを活用するといい理由

うつを抱えながらの就職活動は、そうでない人よりもストレスも大きくなりがちです。

就職活動がうまくいかず長引くと、負担もより大きくなってしまいます。

うつの場合の就職活動では、専門のサービスを賢く頼って自分の負担を軽くすることが大事です。

うつに理解ある企業とをつないでくれる

自分一人でハローワークやチラシで求人を探すのは大変です。

しかも、「うつみたいな、精神障害に理解のある会社」を自分で探そうと思ったら、ふつうの転職活動より負担も大きいですよね。

自分一人でそんな会社を探すなんて難しいですし。

「シゴトライ」を運営しているのは、障害者の就職支援を主にしている企業です。
だから専門のネットワークをもっていて、精神障害に理解のある企業とあなたをつなげてくれるんです。

専門のネットワークから選んだ求人から探せるので、安心して仕事選びができます。

うつ症状をもつ働き方へのサポートの数々

うつ症状をもったまま、長く働けるのか不安もありますよね。

「シゴトライ」では長く働けるように、仕事先が決まった後もいろんな支援機関と連携してのサポートがあります。

「仕事がはじまっても、また上手くいかなかったら・・」

なんて不安も、”味方”でいてくれる人たちがいると思うと心強いですよね。

それからうつ症状のある人向けにコミュニケーションやストレスについての研修もあるので、自分で対処する方法を学ぶこともできます。

気分が落ち込んだときどうすればいいか、なんて方法も知っておいて損はないですよね。

”仲間”ができる

同じようにうつで就職活動をしている人と知り合うこともできます。

うつ病で悩んでる人にしかわからないことってありますよね。

悩みを同じくする人と知り合えることも心の支えになると思います。

うつ病専門の転職支援サイトはこちら

今回紹介したうつ症状専門の転職支援サイト「シゴトライ」の公式サイトはこちらです。

\ 1人で抱え込まずに頼れます /

うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

「うつ病でも働きたい」なら、一緒に考えてくれる人を多く見つけましょう。

世の中には、こんなサービスもあるんです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事が暇なときの過ごし方|望み通りに生きる為に

【やりたい仕事が見つからない時の5つの解決策】転職前にも確認!

【仕事のストレス解消法45】イライラは溜め込まずさっさと発散!

営業で断られるのが怖い人に知って欲しい【営業が怖くなくなる極意】

仕事は暇なのと忙しいのとどっちがマシ?両方体験した上で比較

日本人がもっと楽になる働き方はフランス人から学べる!【書評】