仕事の悩み

仕事を辞めたいのに辞められない。理由別の解決方法は?

Ruca
Ruca
ジョブホッパーの失敗から転職活動を見直して年収300万以上UP&キャリアUPを叶えたRucaです。

「仕事を辞めたいけれど、今すぐ辞めると困る・・」
「仕事を辞めたいのに周りのせいで辞められない・・」

仕事を辞めたいけれど辞められない様々な事情や理由があり、動けなくなっていませんか?

どんな事情や理由があれども、解決策は必ずあるものです。

この記事では、仕事を辞めたいけど辞められない状況ごとの解決方法と体験談を紹介します。

円満に仕事を辞め、スッキリした気分で新しい仕事へのスタートを切りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事を辞めたいのに辞められない理由

仕事を辞めたいと思っていても辞めるに辞められない様々な理由や事情がありますよね。

あなたが仕事を辞められない理由は何ですか?

以下に仕事を辞められない人たちの主な理由をまとめました。

まずは自分の「辞められない理由」を整理してみましょう。

仕事を辞めたいけどお金がない

「仕事を辞めたら収入が途絶えて生活できない」
「貯金がないから転職活動が長引くと困る」

次の転職先が見つかるまでの生活費や、転職活動の為の費用は必要な為、お金の不安はありますよね。

けれど実は、お金の不安を言い訳に、辞められない状態を作っている場合が多いのです。

本当に辞めたいのなら、何が何でも辞めてお金を工面する方法を探したり実行します。

お金の不安を言い訳に「本当の理由」をごまかしていないか自分の本音を探ってみましょう。

案外、まだ本気で辞めたいとは思っていないのかもしれませんよ。

それでも本気で辞めたい場合は、お金の心配をどう対処するか後述しています。

仕事を辞めたいけど人出不足で言えない

「人出不足だから自分が辞めたら他の人が困る」

残った人の事を心配して仕事を辞める事を躊躇していませんか?

人出不足は会社側に体制を整えたり求人募集をして対処してもらうものです。

私も人出不足の職場で働いたことはありますが、続けている人は「自分が辞めたら他の人が困るし・・」と決して前向きな気持ちから続けているわけではありませんでした。

皆がお互い辞めないか見張りつつ、いつも「大変」「忙しい」が口癖の職場は、仕事にやりがいを持っている人がいなかったのです。

自己犠牲の精神から仕方なく仕事をする事は、会社の為にも自分の為にもなりません。

思い切って辞めて自分が居心地よく働ける職場を見つけたほうが良いのです。

仕事を辞めたいけど辞めさせてくれない

上司や同僚から引き止められたり、辞表の受取りを拒否され辞められない場合、従う義務はありません。

労働者の権利として「辞めたいと思ったら辞められる」ように法律や労働基準法で定められています。

ただし、あまりに突然の辞表で、会社側が引継ぎや後継者の準備に間に合わない場合は会社全体に影響が出る為引き止められる事もあり得ます。

その場合は会社規定に従い、最低1ヶ月前までには辞表を伝えて引継ぎをしたり、会社側と退職時期の相談をしておきましょう。

大人として最低限のマナーです。

会社から必要とされている場合は心苦しいかもしれませんが、働く場はきっぱりと自分で決めましょう。

もし、強固な引き止めや脅し、嫌がらせなどがある場合は、違法の可能性もあります。

弁護士や退職代行サービスの利用も検討してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事を辞められない理由別解決方法

ここからは、仕事を辞められない理由別に解決方法を紹介します。

自分事であれば自分次第で対処が可能ですが、自分以外の人や会社が絡んでくると誰かに頼る事も必要です。

状況にあった対処法でスムーズな退職を目指しましょう。

仕事を辞めたいけどお金がない場合

お金がない事が本当に仕事を辞められない理由になっているのなら、辞める前にお金を捻出する努力と準備をしましょう。

  • 普段の生活費を徹底的に見直す
  • 家族や知人に一時的にお金を借りる
  • 失業手当の利用を検討する
  • 収入を増やす為に出来る事を考え情報を集める
  • アルバイトをしながら転職活動をできないか考える

本当に辞めたいのであれば、お金の問題をどうしたらいいか真剣に考えて調べたり行動に移すだけです。

私も貯金が底をついたとき「バイトをしながらでも転職活動する」と腹をくくってがむしゃらに動いていた事があります。

お金がない事を理由に辞めたい仕事を辞めないのは、「お金の不安」のせいにして今の仕事を辞める事を強く願っていない事がほとんどです。

「お金がない」事よりも「今の状況を変える不安」や別の理由の方が上回り、動けなくなっているだけではないでしょうか。

今の状況を変える事を諦めていないのならば、辞める前にできる限りの準備をしておきましょう。

仕事を辞めたいけど人出不足で言えない場合

「自分が辞めたらさらに人手不足でみんなが困る」

職場への迷惑を考えて辞められない場合は、周囲の事を考えているようで周囲の為にも自分の為にもなっていない事がほとんどです。

「迷惑をかけたくない」の中に、「自分だけ辞めたら疎まれるのではないか?」「傷つくより我慢した方がマシ」という気持ちは入っていないでしょうか。

周りに迷惑をかける事を嫌がる日本人に多いですが、「辞めたい」と思いながら働いている社員が自己犠牲の精神で支えても悪循環にしかなりません。

今働いている人に迷惑をかけたくないと思うのなら、「辞めたい気持ち」を引きずったまま仕事を続けるよりも、きちんと引継ぎをして次の人にバトンを渡した方が自分の為にも周囲の為にもなります。

周りの反応を気にして「辞めたいと言えない」のなら、「本当はどうしたいか?」と自分の本音をきちんと探り、自分を粗末にしない対応を考えてみましょう。

仕事を辞めたいけど辞めさせてくれない場合

上司から引き止められたりした場合は、きちんと話し合ってみましょう。

「なぜ辞めたいのか」をきちんと話せば、働く条件の見直しや体制の見直しで解決出来ることもあるのです。

双方気持ちよくお互いの為になるよう、自分の要望や辞めたい理由を明確にしておき、今の会社のままで要望が叶えられないか話してみます。

それでも他の会社へ行きたい場合は、納得いく理由を説明しましょう。

会社側から必要とされることは嬉しいですが、自分の希望第一でOK。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事を辞めたいと思ったら辞められる権利がある

仕事を辞めたいのに強引な引き止めや辞表の受け取り拒否に合っている場合は、従わなくても大丈夫です。

これは、法律や労働基準法で定められています。

民法第627条
期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
引用:「民法627条」

民法第627条では、正社員のように働く期間の定めがない契約の場合、いつでも解約の申し入れをする事ができると定められています。

解約を申し入れれば、2週間で雇用契約は終了できるのです。

実際には、仕事の引き次ぎや次の社員の募集をかける為に遅くても辞める1か月前までには申し入れを望む企業が多いので、会社の規定に従うことが望ましいですが、あまりにも強引で理不尽な引き止めや辞表受け取り拒否をされている場合は、最低でも2週間前からの退職願で辞められるようになっています。

働く期間の定めがある契約社員のような場合は、「労働基準法137条」により基本的には契約した期間までは働く必要がありますが、1年経過すれば辞める事ができます。

第百三十七条 期間の定めのある労働契約(一定の事業の完了に必要な期間を定めるものを除き、その期間が一年を超えるものに限る。)を締結した労働者(第十四条第一項各号に規定する労働者を除く。)は、労働基準法の一部を改正する法律(平成十五年法律第百四号)附則第三条に規定する措置が講じられるまでの間、民法第六百二十八条の規定にかかわらず、当該労働契約の期間の初日から一年を経過した日以後においては、その使用者に申し出ることにより、いつでも退職することができる。
引用:「労働基準法137条」

また、契約社員のように働く期間を決めた契約をしてしまっていたとしても、やむを得ない事情や理由があれば、例外的にすぐに辞められます。

(やむを得ない事由による雇用の解除)
第六百二十八条 当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。
引用:「民法628条」

ちなみに「やむを得ない事由」とは以下のようなものです。

  • 賃金未払いなど企業側の法律違反
  • 仕事を続けることが困難なケガや病気
  • 労働者にとって危険な労働

入社して劣悪な労働環境だったり、仕事を続けることが難しい心身の疾病があれば、すぐに辞める事が可能です。

心身の健康や危険を冒してまで働く必要はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

辞められない時の最終手段|退職代行

辞めたいと思ったら辞められるとは言え、人によっては黙って従ってしまったり会社側から理不尽な嫌がらせ等を受けていて辞める気力を奪われている人もいると思います。

自分一人でどうにもできない場合は、退職代行サービスに頼る事も検討してみましょう。

退職代行とは、労働者本人に代わり、退職手続きをしてくれるサービスです。

本来は退職代行など通さず、自分で辞職の意志を伝えて周囲とやり取りするものですが、辞職を願い出た労働者に悪質な嫌がらせをしたり、パワハラ等で辞める意思をくじかれてしまうなどの場合は退職代行の出番です。

どんな状況でもすぐに退職する方法

自分では退職が困難な場合でも、
直接会社とやり取りせず退職できるのが
退職代行サービスです。

退職代行業界最大手の退職代行「EXIT」は、
退職成功率100%!

他者のような返金保証の必要が無い
確かな結果で、
メディアでも多数取り上げられている
退職代行サービスです。

\ 退職代行を頼んでみる /

退職代行「EXIT」の詳細を見る 

 

仕事を辞めることになったらやっておきたい事

実際に仕事を辞める事になったら、退職前にやるべき事があります。

退職後に動いていたのでは遅く、なかなか転職先が決まらなかった場合に困る事になる為、事前準備をしておきましょう。

  • お金の用意
  • 求人探しと情報収集

それぞれ具体的に解説します。

スムーズに退職→転職成功できるよう準備しておきましょう。

お金の用意をする

最低でも2ヶ月分の生活費は用意しておきましょう。

生活費に加え、転職活動で発生する面接の交通費など少し多めに見積もっておくと慌てません。

貯金がない場合は失業手当やアルバイトをしながらの転職活動も覚悟して、考えうる限りの「お金の工面」をピックアップしておきましょう。

失業手当について調べておく

失業や自己都合での退職の場合、失業手当(基本手当)を受給することが出来ます。

正式名称は雇用保険と言うもので、受給金額は収入や労働期間によって変わります。

過去2年間に合計12ヶ月以上雇用保険に加入していて働く意思がある(ハローワークで就活しているなど)場合など、受給するためのいくつかの条件がある為、受給資格があるかどうか退職前に調べておくといいでしょう。

→厚生労働省「雇用保険制度」

アルバイトをしながらの転職活動も検討してみる

転職活動が長引き困窮した場合には、アルバイトをしながらの転職活動も検討してみましょう。

アルバイトとは言え、働きながらの転職活動は大変ですが、背に腹は代えられません。

私も過去に登録型の派遣で転職活動中だけ単発の仕事を入れていました。(今は法律が変わり派遣では単発の仕事が出来ませんがアルバイトなら単発でも働くことが出来ます。)

もし就職先が決まった場合辞める事になるので、辞めづらくなる人出不足のアルバイト先は避けて短期間で募集しているアルバイトに絞って探すのがおすすめです。

求人探しや情報収集をする

基本的には、退職前に次の転職先を見つけておくことが望ましいです。

転職先がすぐに決まるものと思っていたら中々決まらず、収入や先行きに焦りを感じて妥協して転職を失敗する事がある為です。

ただ、辞められるかどうか分からない状態では転職先を確約してしまう事も難しいですよね。

その場合は、辞めたらすぐに動けるよう転職サイトで求人を探したり、気になる企業の情報収集をしておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です