仕事の悩み

「自分だけが忙しいし仕事も多い」頑張っている人が楽になれる習慣

「社内で自分だけ仕事が多い。一人で忙しくしてるのもう嫌だ。」
「みんなサボってて私だけがんばってるのおかしくない⁈」
まわりはやってないのに自分だけに色んな仕事をこなして忙しい、一人で頑張ってるような状況にどう対処していますか?
ここでは、私が見てきた&経験した「自分だけが頑張っている」状況を楽にできる習慣をお話しします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分だけ仕事が多いから損してる?

「自分だけ仕事が多いから損してる!」

私がリゾートバイトをしていた時に出会った一人が、いつもそんな口グセでした。

彼女は過去の経歴から、短期間のリゾートバイト派遣ながらも社員さんのやっている業務を一つ任されたんですよね。商品の発注業務。

ところが、「仕事時間外にやるしかないから自分だけが苦労している。」という不満が出てしまったみたい。

ここに文字を入力してください

実は私や他の人も他の商品の発注業務を同様に担当していたことを彼女は知らなかったみたいだけど、今ここでそれを言っても「なんでうちらだけって思うよね⁈」と謎の同意を求められそうで面倒なので黙ってました( ´∀`)

今はいらない仕事を増やしてない?

でも、普段の仕事もそんなに忙しくはないし、発注業務は時間外にやらなくてもできるのだけどなんでだろう??

その原因に気付いたのが、彼女の見せてくれたオリジナルのマニュアル。

「空き時間にちょっとずつ作成してたの。」と言われて見てみたら、新しく入ってきた人用に仕事のやり方をきれいにまとめたものでした。

「おおー!すごーい!」と思ったんだけど、これ、すでにある…よね?

過去のリゾートバイト派遣スタッフさんたちが、自分たちのやりやすいように少しずつマニュアル化してたノートがすでにあるんです。

彼女は、それを”さらに”見やすいように再度まとめてデータ化したという。

なるほど、確かにパソコンでデータ化すればいつでもプリントアウトもできますね!

ってそうじゃない!!!

確かにデータ化されたマニュアルは便利だけど、仕事の重要度においては発注業務のが先決なんじゃ⁈

そのことを伝えてみたら、「え?こっちも大事でしょ。私もうすぐここの期間満了していなくなるし、次の子入ってきたら仕事のやり方わからなくて大変じゃない?」と。

 

あ、通じない。(・ω・)(諦め)

 

このマニュアル、確かにきれいにまとめられてるんだけど、仕事中とっさに見るにはノートのが使いやすいんです…。

普段はレジ裏にあるノートパソコンを閉じてあるので、マニュアル見るにはパソコンを立ち上げなきゃいけないんですよね。

何より、緊急の仕事じゃないから、発注業務を終わらせた後でいいのにな。

そんなことを思いました。

でも、このマニュアルを作ることで、誰よりも彼女自身が満足したかったのかもしれないなと。

こういうマニュアルとかを作るのが好きなんだろうな。

 

自分の満足のために、優先順位を判断できなくなってないか?

 

この出来事をきっかけに、自分でもちょっと確認するようにしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分だけが忙しいと思ってる時ほど自ら苦労を背負い込んでる

「なんで私ばっかりこんなに忙しいのになんで他の人がやらないの。」
「私に手間ばっかかけて。」

上記のリゾートバイト派遣の彼女のように、そう思っている時って、自分から進んで苦労を背負いこんでいるだけだったりします。しかも無意識。そんな事に気づけた、今度は私自身の出来事をお話しします。

キッカケは、食洗機!

自分が楽になるものがあっても気づかない

その時の私は、実家にいて家族と同居。やらなきゃならないことややりたいことがたくさんあって、でも一人暮らしと違って”自分の為だけに時間を使えない”とイライラしてました。

ひと息入れてから洗い物をする習慣の母と違って、私は食事後はすぐ洗い物をしていたので、その日も食後に家族分の食器も洗おうとしました。

ところが、洗い場には溢れるくらいの洗い物がいっぱい。食器だけじゃなくて、調理の時に使った鍋やまな板まで。「なんで使ったら即洗わないのーっ」と、ここでもちょっとストレス。いつもならそれくらい気にしないのに。

洗った皿を置いておく場所が狭いから、洗い物の量が多いと何個か洗って水切りカゴに置く→水切りカゴの食器を拭いてしまう→水切りカゴが空いたら、また洗い物をする…の繰り返し。だから、たまった食器の量が多いほど、手間がかかって(時間もかかるし)面倒なんですよね。

そしてその日も、洗い場に洗い物が溢れていて「また皿洗いに時間がかかる」とちょっとイライラしてました。

そんな私を見てた家族が一言。

「食洗機使えばいいじゃん。」

「!!!」

( ゚д゚)あ、ああ!

もうね、すっかり忘れていました。食洗機の存在を。

いつも洗い物が少ないから、あまり食洗機を使う機会ってなかったんです。

水道代かかるし、食器が少なければ手洗いの方が早いですからね。

でも、洗い物がたくさんの時ほど食洗機を使えば良かったんです。

そういう便利なものが実家の台所にはあったのに。

今までも食器の量が多い時は食洗機を利用してたのに、なんで最近は食洗機の存在すら思い出せなかったんだろう。

たぶん、それだけ余裕がなくなってたのかもしれません。

忙しい時ほど、自分を助けてくれる人や物、サービスはないか探してみるんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分だけが頑張ってるという思い込み

私の食洗器の件みたいな似たような事は、仕事にしろ家事にしろ他にもあると思います。

余裕がなくて嫌な事が増えてくると、自分を助けてくれる存在も頭に浮かばなくなって、自ら「より苦労する作業」をして、イライラをさらに増やしちゃう。

そんな負のループ。

私も何度か「自分だけが仕事も多い」「自分だけが忙しい」「自分だけが頑張っている」と思う時があったけれど、そのたびに自ら仕事を増やしていないかちょっと立ち止まって確認するようにしています。

ちょっと立ち止まって確認。

おすすめは、手帳やノートを持ってカフェに行く事。

スケジュールを確認して、余計な仕事まで負ってないか人に任せられるものはないかを洗い出してみるんです。

カフェだとちょっとだけ肩の力が抜けて、リラックスできるから自分の周りの事にも気が付きやすくなります。

自分だけが頑張っているというのは妄執だったと気づくはず。

カフェじゃなくてもお気に入りの場所や空間を自分で演出するのでもOKです。

なんかうまくいかない。

そう思ったら、

  • 『無意識にやらなくていい苦労を背負ってないか?』
  • 『今の自分を助けてくれるものはないか?(人でも物でもサービスでも)』

そう自分に問いかけてみたり、肩の力を抜いて10分だけでもリラックスしてみる。

すると「自分だけが頑張ってる」なんて思わず解決策が見つかるかもしれません。

【関連記事】仕事を頑張りすぎる女性が陥る負のループと余裕を取り戻す対処法

https://happyworkshift.com/work/363/

もし、自分じゃどうにもならない、どう考えても嫌がらせのごとく仕事を押し付けられたりしているような理不尽な職場なら、その場合はさすがに転職をおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です