仕事の悩み

年収1千万以上の暮らし|憧れの生活は職業の選び方次第で叶う⁈

「年収1千万以上の生活ってどんな感じ?」
「年収1千万円以上の暮らしに憧れるけど、自分にも出来るならそうなりたい。」

年収1千万以上の生活は誰でも憧れますよね。

年収1千万など夢の夢だった私も、転職を機に年収1千万以上の世界に入り、自分も月収だけで400万円近くの収入を得られるようになり「年収1千万以上の生活」の”実際”が分かりました。

年収1千万円以上の生活をしている人は、ゆとりがあって幸せな人もいれば、大半の時間を仕事に費やしながら貯金も無く浪費してしまう人もいます。

仕事の選び方とやり方次第で年収1千万は誰でも可能。

ただ、それを維持できるかどうかは、自分の注意と対策次第です

この記事では、私が見てきた「年収1千万以上の暮らしの実際」や「年収1千万以上の人が陥りがちな失敗」、「年収1千万以上の生活を維持して困窮しない為に注意したい事と対策」をご紹介します。

年収1千万の生活に憧れて「自分もそうなりたい!」と思うのなら、まずは年収1千万でどの程度の生活ができるのか?を把握した上で年収1千万円を稼げる仕事を探してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年収1千万以上の生活実態

「年収1000万円」と言うと、かなり優雅な生活を送れると思っている人が多いのではないでしょうか。

でも、実際に年収1千万になっても、思い描いていたセレブのような生活とまではいきませんでした。

よくテレビやマンガで、女性が「結婚するなら年収1千万円以上の人!」と、口にする時、海外旅行に頻繁に行けてブランドバッグや靴も買い放題!、とセレブみたいな優雅な生活でも送れるような言い方をしていますが、そんなセリフを言う人が思い描く「年収1000万円生活」と「実際の年収1000万円生活」には、だいぶ隔たりがあると思います。

転職して稼げる仕事に就き、周りも年収1千万以上ばかりの人達になりましたが、暮らしぶりは、年収400万円の頃よりちょっと良い程度かな、と。

仕事時間が大半なので生活の変化はそうありませんが、独身だった為あまり値段を気にせず自分の好きな物を買い物出来るようにはなりました。

突然の大金に舞い上がり、キャッシュでポンと数十万のバッグを買ってみたり(1度やってみたかったから。)・・今思えば調子に乗った事を色々やりましたが、若気の至りという事で楽しかったので後悔はありません。

ブランド物にあまり興味が無い私ですが、興味のある人なら好きに服でも靴でも割と買えるでしょう。

私の場合は旅行に一番お金を使っていました。

元々旅行が好きだったので、年に数回、休みの度に国内外へ出かける事が出来たのは、今でも良い経験として残っています。

共働きの両親を旅行に連れて行くことも出来たのが満足です。

年収1千万以上の生活は仕事内容次第?

年収400万円の時とあまり生活に違いはないと述べましたが、それは年収1千万を稼ぐ「仕事の内容次第」とも言えます。

「単純に働く時間を年収100万円の10倍つぎ込んで年収1千万になっている?!」と思えそうなくらい残業続き・休日無しの年収1千万の暮らしと、不労所得であまり働かなくても年収1千万円入ってくる暮らしではまったく違いますよね。

けれど、まだ当時の私は不労所得を作るほどではなく、「まずは0から稼ぎだす力をつける」段階だったので、がむしゃらに「お金の稼ぎ方」を勉強しながら毎日の仕事で実践を繰り返す日々でした。

その為仕事にあてる時間が長く、時間もお金も仕事関係(勉強・つながりを増やす)に回すこと使っていたので、遊びもほどほど。

得たお金と空いた時間を全て趣味や遊びに回していたわけではないので、休日にも仕事関係の時間(勉強や情報収集、仕事関係の繋がり作り)がより増えただけで、テレビを見なくなったりはしましたが、生活ぶりはそう変わったとは思えませんでした。

1千万円をまず稼げるようになる土台作りの段階では、誰でもそんな時期はあります。

その後、1千万円以上の収入の維持や増やす段階の取り組み方によって「時間もお金もゆとりのある生活」か「時間も貯金もゆとりのない生活」に分かれるのです。

年収1千万になれば税金も増える

収入が増えれば、その分税金も増えます。

「年収1千万なら、1千万円が全て手元にー!!」

と思っている人は要注意。

支払う税金も増えるので、手取りにすると1千万はなく、700万〜800万円くらいです。

(税額は自治体、家族構成やその人の状況によるので一律同じではありません。)

とりあえず、1千万円がすべて自分の懐に入るわけではないという事だけ覚えておきましょう。

年収1千万円を稼ぐための経費

年収1千万の「収入」の中には、1千万円を稼ぐための「経費」も含まれています。

年収400万円時代よりちょっと良い生活は楽しめますが、この”ちょっと良い生活”は、「年収1千万を稼ぐ心身を維持するためのもの」でもあるのです。

食事管理やこまめなストレス解消、仕事の為の情報収集や勉強(書籍、セミナー等)、社内外のコミュニケーション作り・・・etc

こうしたものにお金が必要なのです。

『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?(小暮太一著/星海社新書)』という本では、会社員の給料は「明日も同じように働くために必要な経費分」になっている、と説明されています。

飲み会代も「精神衛生を守るための必要経費」だということ。

ものすごく納得しました。

この本は給料の仕組みもわかりやすく説明されていて読みやすいので、「自分の給料額に納得できない。」という人は一度読んでみる事をおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年収1千万で貯金ができない問題

年収1千万円の世帯は、お金があるように見えて、意外と貯金はありません。

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)」の令和元年調査結果によると、以下のようなデータが出ています。

年収1,000~1,200万円未満で金融資産を持っていない(貯金なし)の世帯:
40歳代で2.8%、50歳代で14.3%

年収1,200万円以上で金融資産を持っていない世帯:
40歳代で5.3%、50歳代で5.1%

※ここでの”金融資産”の定義は、「定期性預金・普通預金等の区分にかかわらず、運用の為または将来に備えて蓄えている部分とする(生命保険や有価証券も含む)」としています。

年収1千万円以上あっても、貯金がないという驚きの結果。

つまり、稼げなくなったり収入が途絶えると、同じ生活を維持できなくなるということです。

私の先輩に当時35歳で、年収6千万・貯金は2千万。という人がいました。(既婚・子供2人)

35歳で2千万の貯金があれば大丈夫なのでは?と一瞬思いがちですが、そうでもありません。

収入は大きいけれど支出も大きくなってしまい、今後同じ額を稼ぎ続けるのは体力的にも厳しく、収入は減る事が予想されるのに、子供の養育費などは増える見込み。

【収入減&支出増】の状態。

貯金を増やすどころか、貯金を切り崩す生活にシフト中。

老後の備えも無いまま、定年退職後を心配しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年収1千万以上が”高収入貧乏”に陥る理由

年収が1千万円以上あっても生活が困窮、貧乏に陥る理由は3つ。

  1. 収入が上がると支出も上げる
  2. 承認欲求を満たす為に使う
  3. 浪費する身内の存在

それぞれ具体的に解説します。

高収入貧乏に陥る理由を知って、そうならないよう準備しておきましょう。

1.収入が上がると支出も上げる

多くの人は年収1千万になると、購入する物の金額が全体的に上がってしまいます。

ちょっとリッチな気分になって「今までよりお金をかけても大丈夫」と全体的に支出を増やしてしまい、必要以上に使ってしまうのです。

人間は、普段自分が使わない金額を得ると、舞い上がって一瞬の満足で終わるものにザバザバ大金を使ってしまう習性があります。

普段の買い物では1円でも安いものを選んでしまう人でも、車や家を買うときには数百円どころか数万円の差がマヒしてしまい「5万ならいいか」など、あまり精査せず使ってしまう事があるのではないでしょうか。

宝くじで高額当選した人の大半は5年以内に使い果たすという事実も、同じ感覚によるもの。

自分の感覚で分からない金額のものは、あまり考えずに遣ってしまえるのですね。

もちろん着るものや食べるものの金額を少しくらい上げてもいきなり困窮はしませんが、生活全般にかかる支出を全て上げてしまったら・・・?

食事は有機野菜を揃えて、子供は私立の学校へ。習い事も増やして、家は都内のタワーマンション、車は高級車。

収入が上がっても支出も同じかそれ以上に上げてしまえば、貯金に回せなくなってきます。

そんな生活に慣れる頃には貯金からも生活費を出す羽目になり、老後の為の資金は減る一方・・・。

中には破産してしまう場合もあるのです。

そして、一度生活水準を上げてその生活に慣れてしまうと、今度はなかなか下げる事が出来ません。

無計画に支出を増やせば、後で困窮する危険も高くなるという事です。

2.承認欲求を満たす為に使う

高収入貧乏になりやすい人の特徴の一つが、高い金額の物を買ってお金をかける事で承認欲求を満たそうとしてしまう事。

周囲から「こんなリッチな生活ができる」と見られたいから、お金をかけて承認欲求を満たす事が目的になってしまい、浪費が増えるのです。

私もブランドバッグや雑誌で人気のジュエリーを買い込んだりしましたが、「本当に欲しいものだったか?」を考えるとそうでもなく、単に「こんな高価なものを買えるすごい自分」を周りに見せて認めてもらいたかっただけだと気づきました。

お金を使う事で「わかりやすい”すごさ”」を周囲に知らしめることが出来るという事。

けれど、承認欲求を満たす為にお金を使い続けても、「もっと上」「もっと上」を目指さないと満足出来なくなってくるのでキリがないのです。

浪費する身内の存在

稼いでも稼いでも身内が浪費してしまえばキリがありません。

実際に1千万円を自分で稼いでいるわけではなければ、余計に価値は分かりにくいでしょう。

自分がよく知らない金額のお金は感覚としてわからず、大胆に使ってしまえるのです。

年収6千万の先輩の奥様は、結婚してから生活ぶりが一変し、どんどん生活全般の消費額が大きくなっていったそうです。

子供さん2人は幼稚園から私立に通わせ、習い事も複数。

「うちの旦那は年収6千万だからこのくらい大丈夫。」とどんぶり勘定になってしまい、将来の備えもそこそこに、今後は更にお子さんの養育費が増えるという状況。

年収1千万以上の人を狙っている婚活者は、そのあたりに要注意。

もし、「年収1千万円以上の人と結婚したい!」という人は、将来家庭を破産させることのないように、1千万円の価値感覚をつかんでおいたり、資金を増やす勉強等をしておくといいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

年収1千万を稼ぎ続ける為に

年収1千万円を得られるようになっても、その後も同じかそれ以上の収入を維持できるかは分かりません。

年収1千万を目指すなら、「どう稼ぎ続けるか?」「その働き方で今後も続けられるか?」の『維持or増やす方法』を考えておいた方が良いです。

対策次第で高収入貧乏は回避できます。

  1. 年収1千万でどんな暮らしが出来るか調べる
  2. 会社員を続けながら不労所得の仕組み作り

それぞれ具体的に解説します。

年収1千万でどんな暮らしが出来るか調べる

もし、「年収1千万以上の暮らしをしたい」と思うなら、「年収1千万だと生活費にどの程度使えるのか?」を、きちんと調べて把握しておきましょう。

漠然とイメージした高い金額に舞い上がって価値も分からず使ってしまうと、お金に振り回されて高収入貧乏に陥ってしまいます。

まずは、1千万の収入でどんな暮らしが出来るか計算してみるのです。

家賃
水道光熱費
毎月の食費
養育費(私立?公立?)
貯金・・・・

手取りは700万円ほどとして、年700万円でいくら貯金に回せるか?

家賃や食費に充てられる金額を書き出してみましょう。

会社員を続けながら不労所得の仕組み作り

会社員を続けながら不労所得の仕組みを作っておくのはおすすめです。

私のいた会社では先輩や上司が不労所得の仕組みを作っていて、会社員をしながら他の店のオーナーをしていたり、投資家としての一面を持っていたり、不動産を所有していたり・・・と、仕事で培った学びや人脈を生かして「収入を得続けられる仕組み」をつくっていました。

私も上司から勧められた副業を発展させて起業・・今に至ります。

会社員として毎月の給料は確保しながら、別の収入を得ておけば、会社を辞めてもそちらの収入で生活していく事ができます。

年収1千万円を得られるような仕事ができているなら、「稼ぐ仕組みや考え方」の基本は同じ。

他の仕事でも応用すればいいだけなので、副業でも比較的成果を上げやすいです。

不労所得の仕組み作りは、まずは年収1千万円の仕事に慣れてきて余裕がでてきてから始めるようにしましょう。

この時、「副業OK」としている仕事を選ぶことが大事です。

”会社員”として会社の後ろ盾がある状態で副業をすすめられる方が、精神的にも安定します。

年収1千万を目指せる職業の特徴

年収1千万円の暮らしをしたいなら、まずは稼ぎやすい職業につくことが大事。

どんなに時間を費やしても年収1千万に到底届かない職業では、いくら頑張っても時間の無駄になってしまいます。

年収が高い職業と言っても、プロスポーツ選手(野球やサッカーなど)やユーチューバー、小説家(ベストセラー作家)などは特殊な世界である意味目指しにくい職業とも言えるので、ここでは除外。

一般的な「会社員」としての職業の中で年収が1千万円以上になりやすい仕事の特徴を紹介します。

1,000万円以上の高年収に結び付きやすい仕事の特徴は3つ。

  1. 成果報酬型の給与形態
  2. 無形商材・高単価のものを商材として扱う
  3. 外資系企業・ベンチャー企業

それぞれ具体的に解説します。

1.成果報酬型の給与形態

固定給ではなく、成果に応じて給料が左右される実力主義の仕事は、自分の努力次第で稼ぎやすい仕事です。

完全報酬制だけでなく、毎月の月給は固定給で、成果に応じて報酬がプラスされる一部報酬制もあります。

ただし、成果を上げられなければ収入もあまり期待できないので、やるからには覚悟を持って飛び込みましょう。

無形商材・高単価のものを商材として扱う

情報や広告など形のないもの(無形商材)や、金融や不動産などの単価の高いものを商材として扱う職業は報酬も高めな傾向です。

そして、個人相手より法人相手の方が扱う金額が大きいので、報酬も高めな傾向。

もちろんすべての仕事が当てはまるわけではありませんが、仕事を探す時の目安の一つになります。

外資系企業・ベンチャー企業

①とかぶりますが、外資系企業やベンチャー企業は実力主義な所が多く、高収入に応じた成果を期待されます。

初めから給与が高めに約束されている分、それに応じた成果を出していかなければ生き残れない世界です。

ある意味プロスポーツ選手に似ています。

しっかり成果を出せば自由度も高く高収入。

私がやっていた年収1千万以上の仕事

私がやっていた仕事は、単価が高く、さらに売上に応じてインセンティブが付く営業職でした。

アシスタントから抜け出せれば自分で売上を上げられるようになるので、年収1千万以上の社員が大半。

中には年収6千万(会社員で!)という人もいたのです。

自分の努力次第で収入を上げられるチャンスがあるので、やる覚悟があれば『単価の高い商材を扱う』『成果給がつく営業』を探してみてはいかがでしょうか。

営業職ならば転職しても商材が変わるだけなので、業界を超えて活躍できます。

年収1千万以上への転職

年収1千万以上を得られる仕事に転職したい場合、求人探しが重要です。

高年収の求人は一般サイトでは少なめ。

高年収向け転職エージェントを利用したり、転職エージェントの非公開求人を含め「高年収」の条件に絞って求人探しをしてみましょう。

高年収向け転職エージェントを活用する

高年収向け転職エージェントは、経営陣や役職などを含めた「高年収の求人」を多く扱う転職エージェントです。

ただし、今ある程度の年収を得ている人を対象にしています。

年収400万円では紹介される求人は少なくても、年収700万円を超えたら紹介される求人が増えた・・など、一定以上の年収層が対象である事が多いです。

今の年収が一定以上ある人は挑戦してみると良いでしょう。

高年収向け転職エージェント

BIZリーチ
企業やヘッドハンターからスカウトメールが届くスカウト型の転職エージェント。

→BIZリーチで高年収求人を探す

転職エージェントを活用して高年収を狙える仕事を探す

「高年収向け転職エージェントでは、今の自分の年収や実績が足りない。」

今現在スキルやキャリアが無いと、過去の経験からアピールするのは難しく、高年収向けの転職エージェントでは紹介してもらえる求人がないかもしれません。

その場合は、実績に応じて収入が増える仕事等で、着実にスキルを身につける道もあります。

ある程度の努力と覚悟は必要ですが、一度スキルを身につければその後もずっと役に立ちますよ。

いずれは会社員を辞めて起業するも良し、不労所得で悠々自適な生活をするも良し、です。

まずは基本的な大手の転職エージェントで、非公開求人を含め「高年収の仕事」を条件に探してみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です