【起業準備中のリゾバ生活話】ダブルワーク成功談

起業準備のため、ダブルワークをしていた時の1日の様子をお話しします。
それから、起業準備の作業をするために選んだリゾートバイトの条件も。

こんにちは。Rucaです。

最初にお伝えしますが、リゾートバイトは普通のダブルワークは禁止なのでそこは注意。

私の場合は、まだ収益も発生してない状態での準備段階&リゾートバイトの仕事時間以外を使って寮の部屋で行っていたことです。

起業する人がダブルワークしてることってよくあるけど、仕事が終わってからの夜や休日を利用してますね。
それと同じ。
ちなみにちゃんと派遣会社の人にはその旨話してます。
(だからWi-Fi環境など細かく相談できたわけです)

ダブルワークする時の条件選び

私は起業したばかりの本業の作業ができる環境を確保することが第一条件でした。
そのため確認したポイントは以下。

Wi-fi環境の確保

Wi-Fiのある寮を探す。

求人文に「Wi-Fi環境あり」とあっても、職場にあって寮にない場合や、寮のロビーでしか使えないこともあるのでそのあたりもチェック

電波が弱いこともあるので、モバイルWi-Fiルーターも持っていく。
派遣担当者に寮の住所を聞いて、契約しているWi-Fiルーターが使える場所かどうかを毎度調べてました。

1人部屋の確保

リゾートバイトの仕事に出ている時以外は、部屋で作業しています。
作業に集中できるように1人部屋を選んでました。

相部屋だとついつい遊んじゃったり、相手を気遣って夜は作業できないなど
自分のペースが乱れそうだったので、寮が一人部屋の求人案件を条件に入れてました。

作業時間の確保

作業する時間がどのくらい作れそうかも予め考えておくといいです。

  • 「通勤にどれくらいの時間がかかるか」
  • 「周囲の店はどのくらい離れているか。買い物にかかる時間はどのくらいか」
  • 「残業時間はどのくらいか」

毎日通勤時間が片道30分だとすると、往復で1時間は作業時間が確保できないことになります。
寮と職場がすぐ近くならベスト。
周囲のお店チェックも大事でした。

例えば買い物ができるスーパーまでバスで20分かかるような場所もあり、しかもそのバスは1時間に1~2本。
リゾートバイトの食事が1日3食、仕事の無い日も出るようならあまり買い物は必要ないけれど、仕事の無い日は食事なしだと買い物をすることになります。

残業は、状況によってどうしても発生してしまう場合は仕方ないけれど、普段どのくらい残業があるのかは確認しておくといいです。

【経験談】起業準備中のリゾバ生活の様子

私が実際にどんな感じで日々過ごしていたのか本業とのダブルワーク生活をお話しします。

リゾートバイトの仕事をしている以外の時間は、自分の部屋でパソコンに向かって作業してました。

営業時代に鍛えられたおかげで、楽!

リゾートバイトの仕事が週5日くらい(バラバラだけど)で1日8時間。
早番・中番・遅番と日々バラツキはあるけれど、残業もないので楽でした。

営業時代は1日18時間くらい仕事や仕事関連の準備や勉強をしていたこともあるので、1日8時間というのはすごく楽でした。
楽だったのは就業時間だけじゃなくて、精神的なプレッシャーについても同様。

空き時間で作業に集中

心身共に軽かったので、空き時間の多くは本業に費やせました。
遅番の日なら、朝起きて午後に出勤するまではパソコンに向かっていました。
早番の日なら、リゾートバイトの仕事が午後に終わってから寝るまではパソコンに向かう。

休みの日も作業してましたが、たまに遊びにいってました。
せっかくの沖縄なので(*’ω’*)

海が癒し

空き時間にパソコンに向かって作業していても、ふと窓の外を眺めると青い海が見えるのが最高の癒しでした。
ときどきボーっと海を眺めて癒されて、またがんばれる。

「青い海が見える部屋で暮らしてみたい」
という夢も叶って幸せでした。

仲間がいっぱい

自分以外にも起業している人もけっこういました。
カフェの開業やセラピスト、不動産会社経営、、、

今は掛け持ちでやっていることを話をしていたら「実は自分も・・」と話してくれる人がいて、他の起業家さんともリゾートバイトを通して出会えたんです。
(リゾートバイト派遣ではなく、別の雇用形態の人が多かったかな。)

そのうちの何人かはいまだにつながりがあります(*’ω’*)

住みかと食事があって、収益が安定するまではとりあえずの仕事もあるわけなので思いつくことは一緒なんですね。

自然と感謝の気持ちが溢れる

自分で売上をたてなきゃならなかった営業時代。
備品や集客ツールなんかは自腹で購入して
経費分は自分の売上から引かれて…
と個人経営と同じ。
今考えるとフランチャイズのようなものでしたね。

だから時給とか月給みたいな仕組みがありがたかったです。

住居も食事も出る。
しかも自分で用意しなくてもいい!
なんてありがたい環境なんだろう。。

住み込み仕事ってありがたい仕組みだな〜と自然と感謝の気持ちが溢れました。

まとめ

住居と食事つきの仕事環境ってかなり恵まれてる方だと思います。
何より興味のある土地へ行けるのがイイ!!

リゾートバイトの仕事をしっかりこなすのは当たり前だけど、上手く活用して自分の夢を叶えることもできるんです。

【関連記事】【リゾートバイト派遣会社ランキング】まず登録するならココ!
私も登録していた派遣会社をランキング形式で紹介しています。

「リゾートバイトをしてみたい!」 「まずはどんなリゾバ求人があるのか見てみたい」 そう思ったら最初に登録すべきリゾートバイト派遣会社...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【はたらくどっとこむ体験談】初めてでも安心なサポートでリゾバ満喫♪

リゾートバイトの売店の仕事体験談

リゾートバイトの仲居の仕事体験談

【リゾートバイトって何?】私のリゾバ生活の1日を公開

リゾートバイトで一生暮らすのは可能?直面する問題と対策を考えてみた。

【30代でリゾートバイトする人の理由】参考になる4人の生き方