「転職エージェントに相談だけしたい」はOK?利用の注意点と経験談

Ruca

Ruca
転職エージェントに相談だけしようと思って登録したことがあるRucaです。

「転職エージェントに相談だけしても良いの?」
「まだはっきりと転職の意志が固まったわけじゃないから利用しにくい。」

基本的に、転職エージェントを利用する人は本気で転職を希望して登録している事がほとんどですが、中には転職の意志がまだ固まっておらず、相談だけしたい人ももちろんいますよね。

結論から言うと、相談だけでもOKです。

実際に私は「相談だけ」のつもりでエージェントに登録したことがあります。

ただし、相談だけの利用はかなり注意をしないと期待する結果が得られないかもしれません。

私の実体験も踏まえ、相談だけのつもりのエージェント利用について、上手な利用方法と注意点を紹介していきます。

相談しやすい雰囲気の転職エージェントは?

まずは転職の相談がしやすい雰囲気のエージェントに
登録しておきましょう。

私が転職活動時に「相談しやすいな」と感じたアドバイザーが多かったのはパソナキャリアでした。

親身なサポートに定評があるだけあり、相談しやすい空気感。

パソナキャリアで転職相談から始める

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職エージェントが相談だけの利用をOKしている

実際には、ほとんどのエージェントが相談だけの利用をOKしています。

どのエージェントの公式サイトにも「よくある質問」などのページで「相談だけでも良いですか?」の問いに対する答を掲載しているのです。

例としていくつかの大手エージェントの答えを載せました。

リクルートエージェント

A.相談だけでも利用できます。

”転職”と”転職活動”は同じものとしてとらえ勝ちですが、実は異なります。”転職”は勤務先を変えたという結果であり、”転職活動”はその過程です。

転職活動は自分の置かれた状況を見つめ、今後の可能性にじっくりと向き合い、将来を考える貴重な機会です。~(中略)~転職エージェントでは、”転職活動”のバックアップをしています。すぐに転職する予定が無くても、現在の不安や危機感について、経験豊富なキャリアアドバイザーに相談することで、新たな選択肢や隠れた可能性を見出せるかもしれません。また、長期的なキャリアプランの相談には、採用動向や経験・スキルを考慮して、プロの視点でキャリアプランを提案しています。

なお、「転職を強く勧められるのでは?」と心配する必要はありません。今後のキャリアに不安を感じたり、現在の仕事を続けるべきか迷っていたりという場合は、気軽に問い合わせてみて下さい。
参照:r-agent.com

 

doda

A.転職するか決めてなくても大丈夫です

はっきりと「転職したい」「非公開求人を見たい」と思っている方ばかりではありません。転職すべきかどうかを知りたいという方も多く、その漠然とした思いを整理するのにもキャリアカウンセリングは役立つはず。ご相談の結果「今の会社に残ります」という選択ももちろんあります。
参照:doda.jp

 

マイナビエージェント

A.マイナビエージェントに登録しても、必ず企業に応募して転職しなければならないということはありません。

転職を決めかねている場合や、まずはどのような求人があるのか情報収集してみたいという場合でも、安心してご利用ください。
~(中略)~
特にマイナビエージェントは、ご利用期間を設けておりません。求職者のタイミングと、企業のタイミングでベストな時期に転職できるよう、サポートしております。今すぐに転職したほうが良いと無理にすすめることは、決してありません。
参照:mynavi-agent.jp

 

パソナキャリア

A.転職活動をするか迷っている場合も、お気軽にご登録下さい。

キャリアカウンセリングを通して、転職の必要がないと分かる場合もありますし、内定が出たからといって、無理に入社を勧めるということもありません。

パソナキャリアでは、今後のキャリアに関する悩みや将来設計などをうかがった上で、あなたの「正しい転職」についてアドバイスいたします。
参照:pasonacareer.jp

 

このように、ほとんどのエージェント側が公式サイトで転職をはっきり決めていなくても利用OKとしています。

気軽に相談してみましょう。

実際のエージェントの本音は?

エージェントの公式サイトで「相談だけの利用OK」と記載されていても、実際に相談にのる事になる担当エージェントにはどう思われるのか、気になりますよね。

確かにエージェントはボランティアではありません。

相談だけの利用者は、レストランに入って食事なしで水だけ頼んで席を占領するようなもの。

転職エージェントは「紹介料」という利益によって会社が成り立っており、転職希望者が自社の紹介で転職すると、採用した企業から紹介料が入る仕組みです。

登録者が転職しないまま相談だけしに来ても、利益にはならないという事ですね。

それでも「転職の意志が固まっていなくても相談OK」としているのは、相談することで新たなキャリアプランの可能性や選択肢が見えてくるからなのです。

とは言え、相談だけの利用をするつもりなら、注意が必要。

次で注意点を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職エージェントに相談だけしたい時の注意点

転職エージェントに相談だけのつもりで利用する場合、以下の点に注意しましょう。

転職するつもりがない事を堂々と伝えない

初めから堂々と「転職するつもりはありません」と伝えないように気をつけましょう。

担当のエージェントにとってはあまり快く思わないはずです。

担当エージェントも人間なので、初めから利用する気がない人に熱心に時間と手間をかけるよりは、本気で転職をする人のサポートをしたいと思うもの。

最初から担当エージェントのやる気を削ぐような真似は止めておきましょう。

そもそもまったく転職するつもりがないならば、相談は転職エージェントではなくても良いはずです。

仕事の悩みやグチなら友人や仕事仲間同士で解決させたり、民間のハローワークを利用しても良いでしょう。

もちろん、仕事の方向性で悩んでおり、自分の可能性や新しい選択肢を知る為に利用するのはアリです。

すぐに転職する予定が無くても、今、漠然と抱えている仕事や将来への不安が解消出来たり、キャリアプランの提案を受けるうちに自分の新たな可能性を知ることが出来、今後の働き方の選択肢が広がったりする事があります。

もちろんある程度は自分で考え、調べられる事は自分でやる。

その上でプロの視点から見たアドバイスを得たいなら転職エージェントに相談しながら今後の可能性を探ってみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職エージェントに相談だけでもするメリット

転職エージェントに相談する主なメリットは以下の4つです。

  1. 現在の転職市場情報を知ることが出来る
  2. 自分の転職市場での価値が分かる
  3. 自分のキャリアの可能性や選択肢を知ることが出来る
  4. どんな求人があるか分かる

それぞれ具体的に見ていきましょう。

現在の転職市場情報を知ることが出来る

転職エージェントに登録すれば、自分の興味のある業界や会社の情報を得ることが出来ます。

今、業界にどんな動きが出ているのか知る事で、今後のキャリアプランの方向性を考えるきっかけにもなるでしょう。

自分の転職市場での価値が分かる

もしあなたが転職する場合、どんな企業から求められるか、どのくらいの年収を望めそうか、などの市場価値がわかります。

転職の際の目安になるので知っておいて損はありません。

もし、自分の市場価値が思ったより高く、さらに良い年収や条件を望めそうなら転職を本気で考えてみても良いでしょう。

自分の転職市場の価値は「ミイダス」でも知ることが出来ます。

こちらも利用は無料なので気軽に診断してみましょう。

ミイダス公式サイト

自分のキャリアの可能性や選択肢を知ることが出来る

エージェントと相談をする事で、自分だけでは考えつかなかった新しいキャリアの選択肢や可能性が見えてくることがあります。

今、仕事の内容や将来続けることへの不安感があるのなら、今後進むキャリアプランの方向性を相談してみると良いでしょう。

将来の可能性など、どうしても自分の持っている知識や情報の中で考えがちです。

自分以外の視点からのアドバイスや意見を取り入れてみると良いでしょう。

どんな求人があるか分かる

転職エージェントに登録すれば、今どんな会社が求人を出しているのかを知る事が出来ます。

様々な条件の求人を知ると、新たな選択肢が広がったり可能性が見えてきたりすることがあるので、現在出ている求人を知ることが出来るのもエージェントに登録するメリットでしょう。

ちなみに転職エージェントは、一般のサイトでは掲載されていない非公開求人が大多数を占めます。

自分の興味のある業界や会社があれば、求人が出ていないか聞いてみては。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職エージェントに相談だけのつもりで登録した話

冒頭で述べましたが、過去に私自身、相談だけのつもりで転職エージェントに登録したことがあります。

当時の私はいつも、仕事に関する漠然とした不安を一人で抱え込み、グルグル悩んで行き先を見失っていました。

「自分が何の仕事をしたいか分からない」
「そもそも得意な仕事って何だろう?今の販売や営業は合っているのかな」
「これから先同じ仕事を続けてどうなるんだろう」

今の仕事や働き方に漠然とした不安や不満を感じるものの、「じゃあ、どうしたいか?」が自分で分からない状態でした。

仕事でストレスを感じている自覚はなかったのですが、ストレスが原因と思われる神経性の症状が出て仕事を続けられなくなり、退職したばかり。(販売職ですが、目が細かく痙攣してうまく開けていられませんでした。)

「また同じ事を繰り返さない為にも、今後の働き方を模索したい。」

けれど、自分でいくら考えても、自分の中の知識と経験からしか答えが出てこないので、堂々巡りのままです。

そこで、本やネットで情報を仕入れるのと同時に、転職エージェントに登録して今後のキャリアプランの相談をしました。

正直、すぐに転職する気力が無かったため、相談だけのつもりでした。

けれど、プロの視点からの働き方の提案や興味のある業界や会社の情報や求人を見ているうちに、様々な働き方をする自分が想像でき、ワクワクしたのを覚えています。

今まで知らなかった・知ろうとしなかっただけで、たくさんの可能性があるのだと気づけました。

結局、相談にのっていただいているうちに、自分でも本格的に今後のキャリアプランを熟考し、今まで絶対に選ばなかった条件・働き方の仕事に応募、内定をもらえ働くことになったのです。

その会社で数少ない女性責任者になることが出来、年収が大幅アップ、とキャリアアップと収入アップの両方を叶えることが出来ました。(今の起業にもつながっています。)

私が相談だけのつもりで転職エージェントに登録して学んだ事は3つ

  1. 仕事に関する不満や将来への不安は、一人で抱えない事(堂々巡りになる)
  2. 自分の知識・経験から答えが出ないなら、その道に詳しい人にアドバイスをもらう事
  3. 今後の働き方を”真剣に”考えているなら相談がきっかけで道はひらける事

「相談だけ」がきっかけで、漠然とした不安としっかり向き合うきっかけになり、今後のキャリアプランをきちんと考える事につながりました。

今、仕事の不安や悩みがあり、働き方を見直したい人は、「相談から」でも転職エージェントの利用はおすすめです。

転職成功に必須の”転職エージェント”

実績もなくジョブホッパーだった私が年収300万以上UP&キャリアUPと転職に成功できたのは、転職エージェントの活用方法を見直したから。

転職エージェントのサービスって無料なのに至れり尽くせりなんです。フル活用しなきゃ損!

転職エージェントでやったこと

  • 選べる求人の選択肢を増やす
  • 信頼できる相性の良い担当アドバイザーを見つける
  • エージェントのサポートをフル活用する(応募書類添削や面接対策)

1つの転職エージェントだけだと求人の選択肢も狭まり、相性の良い担当アドバイザーに会う確率も上がらないので、3~4社ほど登録。

すべてをフルに使うのではなく、各エージェントの非公開求人を紹介してもらえるように登録しておき、その他のサポートは相性の良い担当アドバイザーのいるエージェントで利用していました。

私が利用した転職エージェントはこちら↓↓↓

リクルートエージェント
  • 扱う求人数は業界最多!
  • 応募から面接スケジューリングまで操作しやすいサイト画面
  • サポートはあまり手厚くないので他との併用がおすすめ

リクルートエージェント公式サイトはこちら

 

doda
  • 求人の8割が非公開求人!dodaでしか出会えない!
  • 転職サイトとエージェントが一体化。一人で求人探しもエージェントサービス利用も自分の都合に合わせての転職活動ができる

doda公式サイトはこちら

 

パソナキャリア
  • 親身なサポートに定評あり!相談しやすい雰囲気
  • 首都圏・関西・東海中心の求人を扱う
  • 女性の就職サポートに強い!

パソナキャリア公式サイトはこちら

転職エージェントは総合型と特化型があり、上記の総合型エージェントに加えて自分の希望に特化したエージェントにも登録していました。

関連記事

転職先が決まらないまま退職しちゃった!直面した困難と解決策とは?

転職が決まらない…不安や焦りを感じたら今すぐやるべき行動とは?

転職でうつはバレる?隠す事でくり返す悪循環の危険性を知っておこう

転職ブランクの理由説明|うつや体調不良も言い方次第で好印象に

【転職サイトとエージェントの違い】どっちにするかの選び方基準

転職エージェントに登録を断られた人がとるべき次の行動