転職ノウハウ

転職して後悔しない為に体験談から学ぶ【転職後悔ベスト3】

Ruca
Ruca
ジョブホッパーの失敗から転職活動を見直して年収300万以上UP&キャリアUPを叶えたRucaです。

3回の転職で後悔したからこそ、4回目の転職を成功させることができました。

転職で後悔する人の理由はだいたいパターン化しています。

吟味せず甘くみて、準備不足なまま転職して後悔・・というものがほとんど。

パターン化しているのだから、最初から失敗パターンを知っておけば回避だってできると思いませんか?

すでに転職して後悔している人も、「これからの仕事を後悔しない為にどうすればいいか?」を考える事も出来るのです。

この記事では多くの人が転職で後悔した理由をもとに、「後悔しない転職のポイント」を解説します。

転職で後悔する失敗パターンを知って、失敗を回避しましょう。

転職で後悔しない為に、転職エージェントできちんと担当アドバイザーと転職理由や仕事に求めるものを明確にしておきましょう。

相談しやすい担当アドバイザーを見つけることも転職を失敗させないコツなのです。

20代におすすめな転職エージェントはこちら

30代におすすめな転職エージェントはこちら

女性におすすめな転職エージェントはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職で後悔した理由ベスト3

転職に多い後悔した理由ベスト3はこちら!

  1. 考えなしの転職で後悔パターン
  2. 転職を甘く見過ぎて後悔パターン
  3. 逃げの転職で後悔パターン

それぞれの後悔パターンを具体的に解説すると共に、そこから学べる対策を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.考えなしの転職で後悔パターン

1つ目は、転職のための自己分析や情報収集が足りず、入社後のギャップに後悔するパターンです。

良く言えば楽観的なのだけれども、自分の為に真剣に考えられず(または考えるのが面倒)、選び方が未熟と言えます。

よく吟味しないまま見切り発車で転職し、転職後に「思っていたのと違う」
「自分はどうしたかったんだろう・・」

と悩み、再び転職を考えることに。

次へ転職するとしても、同じ失敗を繰り返さないように転職活動を見直さなければなりません。

入社したけれど自分のやりたい仕事というわけではなかったので、このまま同じ仕事を続けていいのか今後のビジョンが見えないでいる。
(男性/29歳/メーカー)

 

入社してみたら想像以上に残業が多かったり、仕事内容にギャップがあった。
(男性/37歳/サービス)

 

転職してみたら前の会社がちゃんとしていたこと、条件が良かったことを思い知らされた。
(女性/31歳/メーカー)

 

憧れのベンチャー企業に転職したら、実力主義による結果を出す事へのプレッシャーや仕事量についていけず転職を後悔。
(男性/27歳/IT)

失敗転職から学べる対策

考えなしの転職で失敗をしない為には自己分析と情報収集をしっかりしておきましょう。

自分が求めている事をわかっていないと、自分の目指したいゴールがわからないまま周囲の人に流され、そのうち「このままで良いのか」と仕事を続けることに悩むようになりがち。

自分をよく知っていれば、どんな環境・どんな作業ならイキイキ働けるかを考えて仕事を選ぶことができます。

また、問題に直面した時に自分がどんな反応をするか、思考や行動のクセを知っておくことで、トラブルへ対処しやすくなるのです。

自己分析は、転職サイトが出している適性診断サービスを活用するのがおすすめです。

リクナビNEXTのグッドポイント診断

コツを押さえた情報収集

求人情報・企業情報は膨大な量なので、自分一人ですべてに目を通すことは不可能です。

自分に必要な物だけ選び取って効率よく情報収集するには、①条件を絞って求人検索したり、スカウト機能等を活用する、②人の手を借りる事。

①条件を絞るには、自己分析等で優先順位をはっきりさせておくことが大事。
②自分に代わって自分が希望する条件の求人情報を調べて教えてくれる人がいると転職活動がスムーズに進みます。

いくつかの転職エージェントに登録して、その中から自分と相性の良いキャリアアドバイザーを見つけましょう。

面接の日程調整や年収交渉なども行ってくれます。

自分ですべて抱え込んでいっぱいいっぱいになってしまう人は積極的に頼りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2.転職を甘く見過ぎて後悔パターン

2つ目は、転職を甘くみたり、転職市場における自分の価値を高く見積もり過ぎて後悔するパターンです。

「すぐに転職できるだろう」「今より良い条件で雇ってもらえるはずだ」と思い、企業側の思惑との差に気づかず、数社落ちて「あれ?」と焦ります。

「仕事はいくらでもあると思っていた」と楽観的に考えて、いざ転職活動をしてみるとなかなか内定がもらえず、焦って最初の希望条件からだいぶ妥協した会社に決めてしまい後悔。
(男性/33歳/サービス)

 

前の仕事と同じか少し上の条件で採用されると思ったのに、給与も立場も下がり、仕事にやる気がわかず後悔。
(男性/43歳/金融)

 

すぐに転職先が決まると思っていたから、退職後に転職活動を始めたら、内定がもらえず生活に困窮することになった。
(男性/32歳/メーカー)

 

失敗転職から学べる対策

転職市場における自分の価値を正しく把握しておきましょう。

転職市場における自分と企業側の評価にギャップがあると、なかなか希望通りにいかず苦戦することになってしまいます。

自分を過大評価しすぎているかもしれません。

「井の中の蛙大海を知らず」状態。

前の会社で割とうまくいっていると、転職先でも同様かそれ以上の条件を望みたくなりますが、前の会社を出れば、新たに一から評価を築き上げなければならない事を意識しておきましょう。

もしかしたら自分の市場価値では、自分の希望条件の会社を選べるほどの実力、スペックがないかもしれません。

その場合は、内定後に実績を積んで徐々に年収upや役職などを得ていけるようにすれば良いのです。

自分の転職市場価値や適性年収を知る事ができるサービスがあるので、活用してみましょう。

\ 0円で自分の転職市場価値を調べる /

ミイダス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3.逃げの転職で後悔パターン

3つ目は、前の会社の嫌なことから逃げる為に転職したのに、次の会社でも新たな問題にぶつかり後悔しているパターンです。

このパターンの人は、転職が会社を辞めるための口実になってしまっています。

現状の不満から逃れるために転職しているため、退職理由や志望動機に一貫性が無く、くり返すほど転職しにくくなってしまうため注意が必要。

人間関係が嫌で辞めたのに、転職先の会社でも人間関係に悩まされている。
(男性/27歳/サービス)

 

前職を辞めた原因(人間関係)は解消されたけれど、残業や休日出勤が多いなど、新たな問題に直面している。
(女性/28歳/医療)

 

休めない労働条件や人間関係が嫌になり、転職先が決まる前に辞めたら、次がなかなか決まらず焦って決めた会社で後悔している。
(男性/44歳/サービス)

 

失敗転職から学ぶ対策

仕事を続けながら次の転職先を見つける方がおすすめです。

会社を辞める為に転職しようとすると、次がなかなか見つからない場合に、焦って妥協した会社に決めてしまいがち。

心に余裕がない時は判断を誤りやすいのです。

また、自己分析で自分の得意な作業や居心地よく過ごせる環境を突き詰めて、それを元に職場環境や仕事内容を選ぶようにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です