「転職で天職は見つからなかった」その理由と正しい天職の見つけ方

私は転職をくり返していた20代半ばまでは、「どこかに自分の天職があるのではないか。」と思っていました。

でも、やみくもに転職を繰り返したからといって、いつか天職に出会える訳ではありませんでした。

それでも、転職に成功した先の会社で富裕層含め多くの人と出会い、その後起業をしてからも仕事を心から楽しんでいる人たちと知り合うことが出来、「天職」というものの見つけ方が分かってきました。

正確には見つける確率を上げる方法ですが、私がやみくもに転職をくり返しても天職に出会えない理由もはっきりしたのです。

この記事では、私が転職をくり返しても天職に出会えなかった理由と天職に出会う確率を上げるための方法を紹介します。

天職とは?

辞書によると「自分の生まれつきの性質に合った職業」を天職と呼ぶようです。
適職との違いは、その仕事を通して本人が心から充実しているかどうかでしょうか。
天職は、その仕事をすることで自分の本来の力が発揮され、やりがいがあり生き生きとして楽しい時を過ごせるものと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職を繰り返しても天職に出会えない理由

20代半ばを過ぎて仕事の選び方を見直して転職に成功し、その後起業して今に至りますが、今までの自分の経験から、転職を繰り返しても天職に出会えない理由が見えてきました。

天職に出会えない理由は大きく4つ。

  1. 天職がどんなものか分からない
  2. 短期間で天職か見極められない
  3. 趣味気分で仕事を選んでいる
  4. 天職を様々な角度から探せていない

それぞれ具体的に見ていきましょう。

天職がどんなものか分からない

そもそも探している天職の姿が分からない為、探せないし見つからないのです。

自分が求めている天職の姿が漠然としていて探しようが無いのですよね。

砂漠の中で姿形の分からない宝を探すようなもの。

何が宝か分からないのに当ても無く探し回っても、無駄な苦労に終わってしまうかもしれません。

昔の私は自分にとっての天職と呼べるもの、理想の働き方を具体的に思い浮かべられなかったので、やみくもな転職をくり返していたのです。

短期間で天職か見極めることは難しい

どの仕事も短期間しか経験していなければ、天職かどうか見極めることは難しいでしょう。

私もほとんどの仕事は「経験した」と呼べるほどの期間を続けられず、どの仕事も「かじった」程度でした。

短期間では仕事への適性が分かるどころか、得られる業務の知識や経験も大したことはありません。

「天職探し」をただの言い訳に使い、無責任に仕事を転々としていただけでした。

趣味気分で仕事を選んでいる

好きな事を仕事にしようと趣味気分で仕事選びをして、天職が見つからなくなっていることもあります。

私は転職をくり返していた頃、サービスを受ける客側の目線で仕事選びをしていました。

旅行が好きだから旅行パンフレットを作る会社の営業についたり、美容に興味があったから美容部員になったり・・・

確かに好きな事や興味のある事を基準にして仕事選びをしていたのですが、サービスを受ける客側の立場で「好きな事」だったため、仕事にするとギャップが大きくなってしまいました。

趣味のままならいいけれど、仕事となると違います。

理想と現実の違いを知って「想像と違った」とがっかりする人の多くは、このような仕事選びをしていないでしょうか。

好きな事や興味のあることから探すのは大事ですが、きちんと「仕事」として受け止めることが出来るかどうかも大事です。

天職を様々な角度から探せていない

天職を1つの側面だけで探していても見つけることは出来ません。

天職は、仕事内容だけではなく自分が居心地の良い働く環境も複数の理想条件が揃っているものです。

自分に合う職種に出会えても、会社や業界によって働く条件は変わり、合う合わないが出てきます。

私は人としゃべったり動き回る方が好きなので、販売と営業ばかり選んでいましたが、職種は変わらなくても、働く業界や会社、扱うサービスを変えるだけで働き方も勤務条件も大きく変わりました。

天職を探すには、仕事内容だけ、働く環境だけなど、一つの条件だけでなく、仕事を総合的に見なければならないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

天職の見つけ方

ここからは、天職の見つけ方を紹介します!

必ず転職に出会えるという保証はありませんが、何か、目安となる指針があった方が探しやすいのです。

やみくもに転職をくり返すよりは天職が見つかりやすくなります。

自分にとっての天職と呼べる仕事を見つけて、仕事を通して生き生きした人生を送りましょう。

天職探しの第一歩は自己分析

天職は自分探しと同じで「ここではないどこか」、を探しても見つかるものではありません。

自分探しでも天職探しでも、自分の事は自分の内側に答えが眠っているわけです。

でも、自分の事を良く知らない人が多いから、世間や周囲の価値観・意見に流されて自分も天職も見つけられないのでしょう。

昔の私が天職がどんなものか見当もつかなかったのは、どんな仕事なら自分が活かせるか、幸せに働けるかを知らず、また、知ろうとしなかったからでした。

まずは自己分析をして、どんな仕事なら自分にとっての天職と呼べるのか、自分の心の内を探ってみましょう。

得意な事で自分を活かせる仕事を選ぶ

自己分析で得意な事や不得意な事を把握しましょう。

得手不得手を把握していれば、自分を活かせる仕事を選べます。

働く環境は居心地の良いところを選ぶ

自分が好きな環境や苦手な環境を把握しましょう。

好きな環境や興味のある事が分かれば、苦手な環境を避けて仕事場を選ぶこともできるのです。

自分を活かせて居心地よく居られる「天職」と呼べる仕事に出会いやすくなります。

大事にしたい価値基準を把握する

自分の中で大事にしたい価値基準も把握しておきましょう。

家族との時間を大事にしたい人は残業や休日出勤の多い仕事は避けて選べます。

趣味を満喫する為に収入を重視したい人は給与重視で、場合によってはコミッション制の営業職でも良いかもしれません。

働く条件に優先順位をつけておけば、天職探しの際の目安になります。

目の前の仕事を楽しもうとする

目の前の仕事を楽しむ事が出来るかどうかも大事なことです。

天職というものに出会えても、楽しい事ばかりではなくトラブルや困難は出てきます。

そんな時に自分で対処できなければ、トラブルに会うたびに「これも天職ではなかった」とまた次の仕事へ転職することになりかねません。

どんな状況でも楽しもうとする事が出来れば、困難にあっても乗り越えられます。

自分の心の立て直し方や向き合い方を学部事が大事。

今の仕事に不満を持っていたとしても、すぐに転職するのではなくまずは今の仕事を楽しむ工夫をしてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職して天職を探す場合

なるべくなら今の仕事を続け、その中で仕事を楽しむ工夫をしながら天職探しをする事がおすすめです。

目の前の仕事を楽しみながら、天職と呼べる自分の理想の仕事・働き方を探ってみましょう。

けれど、次の場合は転職を考えてもいいかもしれません。

  • 今の仕事場がブラックな場合
  • パワハラ・いじめなど心身を壊す恐れがある場合
  • 自己分析で目標が明確になり、今の仕事から方向転換したくなった場合

今の仕事場がブラックだったり、パワハラやいじめなど自分の手に終える範囲の事ではない場合は、その場から離れた方が賢明です。

また、自己分析をして自分の進みたい方向性が明確になり、今の仕事の延長上では叶えられそうもないなら転職を考えてみても良いでしょう。

転職をする際は、天職の見つけ方で紹介した自己分析を参考に仕事選びをしてみましょう。

おすすめ転職エージェント万人向け3選

転職サイトやエージェントは、万人向けのタイプのものと、何かに特化したタイプ別のものとがあります。

求人登録数が多く、大手企業も多く扱う万人向けの転職エージェントはまず押さえておくべき王道!

ここでは、万人におすすめしたい求人登録数の多い業界大手の転職エージェントを3つ紹介します。

  1. まずは求人登録数の多い大手転職エージェントに登録
  2. 自分の希望する条件に特化した転職エージェントに登録

まずは万人向けの総合型転職エージェントに登録しておき、そこにプラスして自分が希望する条件に合った特化型のエージェントも登録しておきましょう。

パソナキャリア

女性ならば特におすすめなのが人材派遣業のパソナが運営する「パソナキャリア」

親身なサポート体制に定評があり、初めての転職で不安を抱えている人は頼りになるキャリアアドバイザーが見つかりやすいです。

範囲が首都圏・大阪・名古屋とある程度は限られてしまうのが難点ですが、この地域にいる人ならば登録しておいて損はないでしょう。

パソナキャリア公式サイト

リクルートエージェント

私が以前転職する時にまず登録していたのが、大手リクルート社の運営する「リクルートエージェント」

扱う求人数が圧倒的に多いので、まずは幅広く候補となる企業を探すために、とりあえず押さえておくべき転職エージェントです。

転職サイトの「リクナビNEXT」とも連携して活用しやすく、応募から面接までのスケジューリングが分かりやすく操作しやすいサイト画面がとても便利。

転職サイトのリクナビNEXTも併せて登録し、連携を取ると使いやすいです。

リクルートエージェント公式サイト

duda

パーソナルキャリアが運営する大手転職サイト「doda」

大手転職サービスだけあり10万件の求人案件を扱っているので、自分の希望に合った条件の企業を見つける確率も上がりやすいです。

都市部に限らず地方求人も多く扱っているため、地方での転職者も利用しやすいのもポイント。

転職エージェントサービスで専門スタッフによる適正に合った求人の紹介から応募、面接日程の調整など転職活動をフルサポートしてくれるので活用すべき。

doda公式サイト

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【稼げる営業の業界と会社選び】20代で1000万以上の会社経験者談

30代の転職で営業未経験ならチャンス!失敗しない会社選び

あの子が面接に落ちた意外な理由【SNSの罠】

「転職したけど辛い」辛い時期を乗り越えた私の突破方法

逃げの転職が失敗するか成功するかの別れ道。見極めポイントとは?

転職が多いのは不利⁈理由の言い方で面接を成功させる