逃げの転職が失敗するか成功するかの別れ道。見極めポイントとは?

「逃げの転職は甘えだ」などと耳にしますが、逃げの転職が正解な場合もありますし、失敗になることもあります。

働き方についてじっくり考えられる時間や休みを今、取れるかどうかが肝心です。

具体的な逃げの転職の経験談を元に、失敗と成功に分かれる見極めを紹介します。

「これは逃げの転職になるんじゃないか」と思い転職を踏みとどまっているのなら、参考にして後悔しない転職をしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

逃げの転職で失敗する場合

逃げの転職で失敗する時は、次が決まっていないのに「今」が嫌になり、よく考えずに辞めてしまった時に多いです。

嫌だと思った会社で働くのは苦痛だし、1日も早く辞めたいかもしれませんが、先が見えないまま焦って転職は要注意。

「とにかく嫌!」と感情的になって勢いで辞めてしまうと、次がなかなか決まらない時に収入が途絶え将来への不安が増してしまいます。

そして、焦ってとりあえず内定をもらえた会社に決めてしまい、後悔する人が多いのです。

私の逃げの転職失敗例

私も感情的になって嫌な場から逃げるように退職して、ホッとしていられたのはわずかな間。

やりたい仕事も将来のビジョンもなく、自分にできそうな仕事を考えて転職先を探していました。

ただ自分には合わないと感じた場から逃げただけだったので、退職理由と志望理由に一貫性を作れず、面接で苦戦。

結局、内定をいただけた会社に入りましたが、「このまま同じ仕事を続けて良いのかな」「私がしたい仕事って何だろう」と、考え始め、仕事で上手くいかなくなったことをキッカケに、また転職をくり返すことになってしまいました。

退職する前に休みを取る

退職する前に思いとどまって、しっかりと休みを取ってみましょう。

苦痛な環境から逃げることは、自分を守る上で大事な事。

けれどすぐに辞めるのではなく、まずは休みを取ってゆっくり考えられる時間を作ってみることから始めてみては。

将来の方向性、自分に合う仕事、これからのことをゆっくり考える必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

逃げの転職が成功になる場合

休みがとれず残業が多い、パワハラを受けていて精神的にマイっているなど自分の働き方をゆっくり考える余裕がないのなら、逃げの転職もアリでしょう。

「逃げの転職は甘えだ」という声があっても、早くやめた方が良い所もあるのです。

辞めてから次の働き方をしっかり考えるのもアリだと考えましょう。

判断能力が鈍っている時は、休むことが先決。

転職で逃げるが勝ちの場合もある

私が派遣で入った職場にも、常に人出不足で「休む事=悪い事」という認識が広まっている所がありましたが、我慢できてしまう人が残り続け、徐々に転職する機会や気力を失っている状況を目の当たりにしました。

「この環境はおかしい」と思った人は入ってすぐに気づきさっさと辞めていくので、1年以上続けている人がほぼ居ない状況だったのです。

(私は元々短期間の契約だったので、被害はあまりありませんでしたが、契約更新は断りました。)

ブラックな場所で我慢して働き続け心身を壊してしまうよりは、さっさと逃げてしまいましょう。

自分を守ることが第一。

ゆっくり落ち着いて考えるゆとりがないと、まともな判断もできなくなってきます。

私の逃げの転職成功例

私は我慢して働き続け、体に異常が出て辞めざるを得なくなったことがありましたが、「しっかり体を休めよう」と療養に集中したら、自然と心に余裕もでき、次の働き方をじっくり考える機会になりました。

休み始めは「早く働かないと申し訳ない」とか「社会から取り残される気がする」などと思い、休むことに罪悪感を抱えてしまっていましたが、それではいつまでも「心」が休まっていないと気づき、腹をくくって(笑)休むことにしたのです。

休んでいる間に、自分に合う仕事、心地よくいられる環境や条件を考え、それまでの転職活動を見直しました。

一度しっかり休んでじっくり考え吟味した転職活動の末、出会えた会社でキャリアアップと大幅な収入アップを叶えることが出来たのです。

退職後の収入が不安なら・・

失業手当をもらいながら転職活動をしたり、短期間のアルバイトや登録型の派遣をしながら転職活動をするなど、方法はあります。

私は登録型派遣の仕事を入れて転職活動をしていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

逃げの転職が失敗するか成功するかの見極めポイント

「逃げの転職は甘え」だと言われても、「その場から逃げたい」という感情を優先して身を守ることは大切です。

でも、感情的になって先が決まらない焦って辞めないようにしましょう。

まずは休んで、次の働き方についてじっくり考える時間を作ることが大事です。

休んでゆっくり考える時間がつくれなかったり、その心のゆとりが持てない場合は、辞めて休む時間と考える時間を作る事もアリだと考えましょう。

おすすめ転職エージェント万人向け3選

転職サイトやエージェントは、万人向けのタイプのものと、何かに特化したタイプ別のものとがあります。

求人登録数が多く、大手企業も多く扱う万人向けの転職エージェントはまず押さえておくべき王道!

ここでは、万人におすすめしたい求人登録数の多い業界大手の転職エージェントを3つ紹介します。

  1. まずは求人登録数の多い大手転職エージェントに登録
  2. 自分の希望する条件に特化した転職エージェントに登録

まずは万人向けの総合型転職エージェントに登録しておき、そこにプラスして自分が希望する条件に合った特化型のエージェントも登録しておきましょう。

パソナキャリア

女性ならば特におすすめなのが人材派遣業のパソナが運営する「パソナキャリア」

親身なサポート体制に定評があり、初めての転職で不安を抱えている人は頼りになるキャリアアドバイザーが見つかりやすいです。

範囲が首都圏・大阪・名古屋とある程度は限られてしまうのが難点ですが、この地域にいる人ならば登録しておいて損はないでしょう。

パソナキャリア公式サイト

リクルートエージェント

私が以前転職する時にまず登録していたのが、大手リクルート社の運営する「リクルートエージェント」

扱う求人数が圧倒的に多いので、まずは幅広く候補となる企業を探すために、とりあえず押さえておくべき転職エージェントです。

転職サイトの「リクナビNEXT」とも連携して活用しやすく、応募から面接までのスケジューリングが分かりやすく操作しやすいサイト画面がとても便利。

転職サイトのリクナビNEXTも併せて登録し、連携を取ると使いやすいです。

リクルートエージェント公式サイト

duda

パーソナルキャリアが運営する大手転職サイト「doda」

大手転職サービスだけあり10万件の求人案件を扱っているので、自分の希望に合った条件の企業を見つける確率も上がりやすいです。

都市部に限らず地方求人も多く扱っているため、地方での転職者も利用しやすいのもポイント。

転職エージェントサービスで専門スタッフによる適正に合った求人の紹介から応募、面接日程の調整など転職活動をフルサポートしてくれるので活用すべき。

doda公式サイト

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「転職したけど辛い」辛い時期を乗り越えた私の突破方法

【私が面接で採用された理由】決め手を入社後に聞いてみた。

【仕事はきついけど転職しなかった理由】過去最高にハードでも続いた訳

【転職先の賢い選び方】失敗しない転職のポイント3つ

転職は働きながら?辞めてから?成功例と失敗例から学ぶ大事なポイント

転職が多いのは不利⁈理由の言い方で面接を成功させる