転職回数をごまかすとバレる?バレない?あえて少なく書くリスクとは

こんにちは。管理人のRucaです。

転職活動をしている時、転職回数が多いと内定をもらうのに不利な気がして、誤魔化したくなったりしませんか?

「職歴をちょっと少なく書いてみたり・・・」
「空白期間も就職していたようにごまかしてみたり・・・」

誰だって黒歴史は隠したいしバレたくないですよね。

気持ちは分かります。

けれど、ごまかしてもバレないだろうと魔が差しそうになっている人は要注意!

採用担当の経験もある私の体験をもとに、転職回数をごまかすことについてバレるかどうか?と、バレた時のリスクを紹介。

ごまかすことなく内定をもらうポイントもお教えします。

転職回数を気にしない会社も検討しながら、転職回数をごまかすことなく内定をもらえるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職回数をごまかすとバレる?バレない?

転職回数をごまかして応募した場合、何かのタイミングで転職回数のごまかしがバレることはあります。

面接時の受け答えが不自然だったり、自分でしゃべっている内容のつじつまが合っていなかったりして不信感を与えてしまっていたりするのです。

運よく(?)転職回数をごまかして入社できたとしても、源泉徴収や雇用保険、年金手帳などの手続きでバレることがあります。

クビになるだけならまだしも、最悪、経歴詐称で損害賠償を請求され、裁判沙汰になる可能性もあるのです。

バレなかったとしても、自分のなかで「ズルをしてもうまくいく」という感覚が残るだけではないでしょうか。

それで良いかどうかは本人次第。

あなたは「自分がどんな人間になりたいか?」と考えた時に「転職回数をごまかすような人間になりたい」でしょうか?

ただ、バレるにしろ、バレないにしろ、バレた時のリスクはかなり高いので、嘘をつくことは止めておいた方が賢明です。

「バレないだろう」と思って軽い気持ちでついた嘘は、その時だけ誤魔化せても、先々で自分の首をしめることになるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職回数を少なく書くとどうなる?

職務経歴書などに転職回数をごまかして少なく書いた場合、経歴詐称に当たります。

会社をクビになったり、損害賠償を請求されることもあるので高リスク。

将来出世したり、重要な仕事に就いた時に過去の経歴を調査されることもあり、その時に経歴詐称がバレると社会的信用を失ってしまうでしょう。

前述した通り、嘘はやめておいた方がいいという事。

ただし、履歴書にすべての経歴を書く必要はありません。

基本的に正社員や派遣社員、契約社員として勤務していた経歴を記載するようにして、アルバイトやパートタイムでの雇用は記載しなくてもOKです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職回数を気にしない会社の求人もある

転職回数のせいで内定をもらえないのだと思うのなら、転職回数をあまり気にしない会社の求人に応募するという手もあります。

ただし、転職回数を気にしない会社というのは、転職回数を気にしないくらいの人出不足であることがあるので注意。

社員の入れ替わりが激しく、誰かが辞めてもすぐに次が入ってくるなど、仕事内容がハードであったり、人が続けにくい環境である場合もあります。

転職回数を気にしない会社で頑張るのも良いですが、また辞めることになっては意味が無いので、応募する際はよく吟味しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職回数をごまかすことなく内定をもらうには

転職回数をごまかすのはやめた方がいいとは言え、転職回数が多いことが内定獲得に不利になっているのも事実。

昔ほど転職回数を気にしない会社は増えてきましたが、それでもやみくもに転職をくり返し、キャリアに一貫性がなければ「うちに入社してもすぐやめるかもしれない。」と思われてしまうのは当然でしょう。

では、転職回数が多いことをごまかさず、嘘をつかずに内定獲得するにはどうしたらいいのか?

それは、自分の落ち度を反省し、そこからやり直す姿勢を見せることです。

転職回数の多さは自分の至らなさだとしっかり認めて反省し、今度こそ挽回したいのだと正直に言います。

私はそうやって会社にも自分にも嘘をつかず転職活動に臨み、内定獲得をしました。

内定をいただいた会社で20代のうちに数少ない女性責任者になり、年収も同年代平均を大きく上回るほどになり、年収アップ&キャリアアップを叶えることができたのです。

周りにも自分にも嘘をつくことなく本音で伝えられたことで、気持ちもスッキリして自信にもつながったのだと思います。

天職や自分に合う仕事を探すと言い訳して迷走したり、自分の会社選びの甘さなどの過去の失態と向き合うのは嫌でしたが、一度認めてしまえば腹をくくって行動できるようになりました。

失敗を認めて頑張ろうとする人を応援してくれる人は必ず現れます。

嘘をつかず正々堂々と転職活動をしましょう。

転職回数が多い人向けの転職サイト・エージェント

転職回数が多く、キャリアが浅いと企業の紹介を断られてしまうエージェントもあります。

転職回数が多さに関係なく仕事を見つけやすい転職サイトや転職エージェントを紹介!

それぞれ担当してくれるキャリアアドバイザーがつきますが、担当との相性もあるため、全部に登録して、相性の良い担当を見つけやすくするのがおすすめです。

ハタラクティブ

ハタラクティブは、若年層のフリーター、ニート、第二新卒、既卒向けの天職支援サービスです。

未経験者OKで正社員に就ける求人案件を多数扱っているので、キャリアなしの状態から正社員を目指したい人は利用してみると良いでしょう。

応募書類や面接の対策をマンツーマンで行い、内定獲得率は80%以上と業界最高水準。

転職回数が多く、キャリアが浅い人でも正社員雇用を目指しやすいです。

それぞれの事情に応じた”自分発見カウンセリング”で1人1人に合った仕事を紹介してもらえるので、自分の適職がわからなくて困っている人は利用してみましょう。

【ハタラクティブはこんな人におすすめ!】

  • 20代メインの若年層である
  • フリーターやニートから就職しようとしている
  • とにかく正社員として雇用されたい
  • 関東・関西・中部・九州エリアに住んでいる

\ 面談はLINEビデオや電話でお手軽♪ /
ハタラクティブ公式サイトはこちら
※登録後に【0120-979-185】から本人確認の電話があります

パソナキャリア

パソナキャリアは人材派遣のパソナが運営する転職支援サービスです。

サポート体制が厚く、転職における悩みや不安を相談しやすい雰囲気なので、担当のキャリアアドバイザーと二人三脚で内定獲得目指して転職活動をしていくイメージです。

他の転職エージェントと比べても、しっかり時間をかけて経験や希望条件を掘り下げてヒアリングをする面談が特徴。

応募書類のアドバイスや面接対策では転職回数の多さをカバーするために出来ることを相談してみましょう。

平日の夜や土日も対応してくれるので、今の会社で働いたままの転職活動が可能。

勤務地別の求人検索では、国内だけでなく海外の求人を検索することもできます。

【パソナキャリアはこんな人におすすめ】

  • 転職に関する悩みを相談したい
  • 自分に適した仕事や会社を見つけたい
  • 応募書類の書き方や面談に不安がある

\ 3分で登録完了 /

パソナキャリア公式サイトはこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルート社が運営する転職エージェントサービスです。

圧倒的な求人数を扱うリクルートエージェントでは、他で見つけられなかった求人を見つける可能性も高いです。

ただ、あまりに求人数が多いので、自分の希望条件に合う求人をすべて探すのは至難の業。

スカウトサービス機能を利用して、自分の希望条件に合う求人が見つかった時だけお知らせが届くように設定しておきましょう。

転職サイトの「リクナビNEXT」と連携しての活用がおすすめ。

細かい条件指定の求人検索や応募書類の作成、面接日程のスケジューリング調整など、見やすく使いやすいツールが揃ったサイトなので、上手に活用すべき!

【リクルートエージェントはこんな人におすすめ】

  • できるだけ多くの求人の中から自分に合う会社を見つけたい
  • 便利な転職活動ツールを利用したい
  • 他の転職サイトでは地元での求人が少ない・見つけられない

\ 業界トップクラスの求人数から探す /

リクルートエージェント公式サイトはこちら

転職回数を気にする人が転職を成功させるために

転職回数を気にしても過去は変えられないので、今からでも精いっぱい出来ることを誠実にやっていきましょう。

  1. 転職回数をごまかせば、バレた時のデメリットが大きすぎる
  2. 転職回数をごまかすより、嘘をつかず今からでも挽回したいという素直な気持ちで臨むこと
  3. 転職回数が多いなら応募書類の書き方や面接対応を転職エージェントでプロにアドバイスしてもらう
おすすめ転職エージェント万人向け3選

転職サイトやエージェントは、万人向けのタイプのものと、何かに特化したタイプ別のものとがあります。

求人登録数が多く、大手企業も多く扱う万人向けの転職エージェントはまず押さえておくべき王道!

ここでは、万人におすすめしたい求人登録数の多い業界大手の転職エージェントを3つ紹介します。

  1. まずは求人登録数の多い大手転職エージェントに登録
  2. 自分の希望する条件に特化した転職エージェントに登録

まずは万人向けの総合型転職エージェントに登録しておき、そこにプラスして自分が希望する条件に合った特化型のエージェントも登録しておきましょう。

パソナキャリア

女性ならば特におすすめなのが人材派遣業のパソナが運営する「パソナキャリア」

親身なサポート体制に定評があり、初めての転職で不安を抱えている人は頼りになるキャリアアドバイザーが見つかりやすいです。

範囲が首都圏・大阪・名古屋とある程度は限られてしまうのが難点ですが、この地域にいる人ならば登録しておいて損はないでしょう。

パソナキャリア公式サイト

リクルートエージェント

私が以前転職する時にまず登録していたのが、大手リクルート社の運営する「リクルートエージェント」

扱う求人数が圧倒的に多いので、まずは幅広く候補となる企業を探すために、とりあえず押さえておくべき転職エージェントです。

転職サイトの「リクナビNEXT」とも連携して活用しやすく、応募から面接までのスケジューリングが分かりやすく操作しやすいサイト画面がとても便利。

転職サイトのリクナビNEXTも併せて登録し、連携を取ると使いやすいです。

リクルートエージェント公式サイト

duda

パーソナルキャリアが運営する大手転職サイト「doda」

大手転職サービスだけあり10万件の求人案件を扱っているので、自分の希望に合った条件の企業を見つける確率も上がりやすいです。

都市部に限らず地方求人も多く扱っているため、地方での転職者も利用しやすいのもポイント。

転職エージェントサービスで専門スタッフによる適正に合った求人の紹介から応募、面接日程の調整など転職活動をフルサポートしてくれるので活用すべき。

doda公式サイト

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

20代におすすめな転職サイト・エージェント

【稼げる営業の業界と会社選び】20代で1000万以上の会社経験者談

【転職先の賢い選び方】失敗しない転職のポイント3つ

営業がきついから辞めたいと思ったら。現状を変える為出来ること

転職が多いのは不利⁈理由の言い方で面接を成功させる

【仕事を休めない会社から抜け出す方法】転職するしかない?