転職を繰り返す自分にサヨナラ!今度こそ長く働く成功転職のポイント

転職を繰り返すのをやめられた自分の体験談をもとに、転職を繰り返す理由から学んでやり直した転職のポイントを紹介!
今度こそ働きやすい会社・仕事で長く続けて、キャリアアップも年収アップも叶えよう。

こんにちは。

20代半ばまで割と短期間で転職を繰り返していたRucaです。

転職を繰り返すほど自分に嫌気がさしてしまいますよね。

転職を繰り返さないようにするためには、過去の転職の失敗から学んで、会社・仕事の選び方から変えてみましょう

仕事をコロコロ変える人を「ジョブホッパー」と呼んだりしますが、「なぜ辞めることになったのか?」その原因を追究せず失敗から学ばないからこそ、何度も同じ失敗を繰り返すことになりがちです。

ただ嫌なことから逃げただけでは、何も学ばないし成長もありません。

人間関係で転職を繰り返す人が、職場環境を変えても同じ状況に陥るのはそのためですね。

私が実際に転職を繰り返す理由から学んでやり直した転職活動のポイントを紹介します!

今度こそ働きやすく居心地の良い職場で長く働き、キャリアアップも年収アップも叶えてしまいましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職を繰り返すデメリット

転職を繰り返すことでついてまわるデメリットは、自分に対してと会社に対して、両方あります。

  • 自分に自信が持てなくなる
  • キャリアアップできない
  • 企業側へのイメージが悪い

失敗から学んでスキルアップや収入アップにつながる転職なら良いですが、ただの逃げを繰り返すだけの転職は少しずつ自分の身を滅ぼすことになりかねません。

転職を繰り返すデメリットを知り、もう同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。

自分に自信が持てなくなる

転職を繰り返すことで自分への嫌悪感が増したり、自信の喪失へと繋がってしまう事があるのが、デメリットの1つです。

私も1つの会社が長く続けられなかった20代前半の頃、辞め癖がついている自分を情けなく思っていました。

社会の中になかなか自分の居場所を作れず、誇れるスキルも無く、いつも不安定。

仲のいい友達はずっと同じ職種を続けている人ばかりだったので、余計に自分が惨めに思えて辛かったです。

自分にはどんな仕事が合っているんだろう、どんな仕事なら長続き出来るんだろうとずっと考えていました。

はじめの頃は良くても、転職を繰り返すほどに自己嫌悪に陥り自信をなくしやすくなってしまうこともあります。

自信を持てない状態のまま転職活動に臨んでも、内定をもらいにくくなってしまう可能性が高くなるので、早めに改善出来るようにしましょう。

キャリアアップできない

転職回数が多いと、責任ある仕事を任せてもらう前に辞めてしまう事になり、キャリアを築けないのもデメリットです。

実績を積み重ねることが出来ず、仕事における責任感やスキルも成長しにくくなってしまうのです。

多くの人は年齢に応じて経験を重ね、仕事のスキルだけでなく精神的にも成長していくものですが、そうした積み重ねがないと、仕事のスキルも精神的な成長も遅くなってしまうでしょう。

20代半ばまでは、同年代の人ともそんなに差はありませんが、年を重ねるにつれ差が開いていきます。

今の自分に特別誇れるキャリアがないのであれば、次の転職では経験を積み重ねて、スキルアップとキャリアアップを目指しましょう。

企業側へのイメージが悪い

転職回数が多いことで企業側へのイメージが悪くなり、回数を重ねるごとに転職がうまくいきにくくなってしまうのもデメリットです。

応募先企業でも「またすぐ辞めてしまうのでは・・」と思われても仕方ありません。

これに関してはどうしようもないので、変に取り繕おうとせず、自分の落ち度だと反省し、それを正直に言いましょう。

ごまかすのは絶対にダメです。

その上で熱意をもって「今度こそ長く勤めたい」ことを伝えるようにします。

転職を繰り返すほど次の会社も決まりにくくなり、自分自身の成長を逃してしまう可能性もあります。

だからこそ、早く「転職を繰り返す」自分と決別して、転職活動を見直す必要があるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職を繰り返す人が辞め癖を直すために出来る事

転職を繰り返す人が、その辞めグセを直すためにとれる対策は2つ。

  1. 今の会社で頑張るか
  2. 環境変えてそこで1からやり直すか

やりやすいのは②の「環境を変えて新しい会社で1からやり直す」です。

今の仕事によっぽどやりがいがあるならこのまま残って頑張ってもいいですが、「転職を繰り返す自分を変わろう」と思ったなら、思い切って環境ごと変えてしまったほうがやりやすいのです。

今の環境から離れることで自分自身の気持ちの整理にもなり、心機一転しての新しい環境は、再出発の時におすすめ。

私も会社も業種も変えて再出発を切りました。

もちろん、今の職場で人間関係を変えていく!という強い意志があれば、それをやるのも良いでしょう。

けれど、今の仕事にやりがいを感じなかったり、今の職場に居ること自体がストレスになっている場合、仕事に支障が出て、周りにも迷惑がかかります。

自分の為にもなりません。

収入が途切れる不安や、”なんとなく”、で留まっているだけの場合、1度辞めて自分の気持ちを切り替え、会社選びをしっかりした上で次の会社で今度こそ1から築いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職を繰り返していた私の成功体験談

転職を繰り返していた私が、ジョブホッパーから抜け出し、キャリアアップと収入アップの両方を叶えられたのは、しっかりとした強い意志を持って会社選び・仕事選びから見直したのがポイントでした。

周りが同じ仕事をずっと続けている中、転職を繰り返す自分が情けなくてどんどん自信がなくなって

「何とかしたい」、「このままの自分じゃイヤだ」

いつも心に不満と不安を抱えて過ごしていました。

美容業界の仕事を突然の疾患で辞めざるを得なくなってから、療養後に次の仕事を探す時は「次は実績を出すまで辞めない」と決意して転職活動に臨んだのです。

今までの経験から自分が得意な事や好きな事を見直し、ひたすら自己分析。

求人探しは、もっぱら転職サイトや転職エージェントを利用しています。

今までは登録したものの、きちんと活用していなかったのですが、「次の転職は納得いくものにしたい!」という気持ちで臨んだからか、フル活用するとかなり便利で、理想の会社選びに役立つサービスだということに気づけました。

今までは目を通していなかった転職サイト・転職エージェント内のコラムや転職体験談まで読み込むと、自分以外の人の転職のやり方や働き方をうかがうことが出来、自分の働き方を考え直すきっかけにもなったのです。

やっぱり、良いサービスがあっても活用できるかどうかは自分の心持次第なのだと実感。

さらに、今までの転職活動では、自分だけの視点で判断していたため問題点に気づきにくかったのだと思い、今度は転職エージェントを利用して、担当キャリアアドバイザーのアドバイスを受けながら進めるようにしました。

この判断が成功につながった要因の1つだと思います。

世間体重視の条件で選んでいた(正社員・大手企業)会社は、自分の理想の働き方重視に変更。

誰もが知っているような名のある企業じゃなくても良しとしました。

担当のキャリアアドバイザーとも頻繁にやり取りし、応募書類の添削や面談のアドバイスなど、何度も相談させてもらっています。

その結果、無事に転職先が決まり、内定先企業で年収アップ&キャリアアップを叶えることに成功。

男性社員が9割がたを占める会社でしたが、20代のうちに数少ない女性責任者になるほど実績を残せました。

会社を辞めて起業した今でもたまに、前の会社のサポートをしており、仕事のつながりができています。

転職を繰り返す自分との決別は、強い自分の意志と、専門家による心強いサポートに頼ったことで成功できたと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職を繰り返す人が見直すべきポイント

会社を変えるとしても、今までと同じように転職活動をしたのでは、同じ結果になる可能性が高くなります。

同じことを繰り返さないために、転職を繰り返す原因や自分の考え方・行動パターンを知り、会社選びから変えましょう。

  1. 転職理由の共通点を見つける
  2. 会社の選び方を見直す
  3. 第三者からの客観的視点でアドバイスをもらう

それぞれ具体的に解説していきます。

失敗から学んで、長く勤められる次の転職先を見つけましょう。

転職を繰り返す理由の共通点を見つける

まずは、今まで転職のきっかけになった退職理由の共通点を見つけて、同じ失敗を回避しましょう。

「嫌なことがあるとすぐ逃げる」行動パターンをとる人の中には、感情的でその場しのぎになっている可能性があります。

逃げた後、失敗から学んで次に活かせていればいいのですが、失敗の原因を自分で深掘りしないと、何度も同じことを繰り返すようになってしまいます。

例えば、人間関係が原因で辞め、転職した先々の職場でも人間関係に悩まされるなら、環境の問題ではないかもしれませんし、会社の選び方自体を見直した方が良いかもしれません。

【今まで何が原因で転職をすることになった?】

  • 人間関係(パワハラ・孤立)
  • 仕事内容(やりがいを感じられない・自分が不得意なこと)
  • 社内の制度(育児制度がないとか有給を取れないとか)
  • 昇進・スキルアップ(キャリアアップが望めない・自分が成長できない)

・・・・・・・etc

今までの自分の転職の理由を把握して、同じことを繰り返さないためにどうすればいいかを考えてみましょう。

会社の選び方を見直す

会社や仕事(内容・職種・業種)の選び方を自分が働きやすい環境へと見直してみましょう。

今までの転職の会社選びでは、会社のネームバリューや仕事の条件で選んでいなかったでしょうか。

会社選びの際に大事なのは、自分が普段の生活で何を重視しているかという事。

自分が心地よくいられる環境を選ぶようにした方が、ストレスや不満がたまりにくく長く続けやすくなります。

例えば私が重視する働き方の条件は、こちら。

  • 朝早い出勤が苦手
  • 人と接する仕事が良い
  • スピード勝負で単調な仕事は苦手
  • デスクにじっとしているのは苦手
  • 収入と休みを比べたら、重要度は収入<休み
    ・・・・・・・

これらはほんの一部ですが、私がストレスなく仕事ができる環境の条件です。

すべてリストアップした後に、収入と休みとどちらの方が重要度が上か?と一つずつ比較しながら優先順位をつけていきます。

この条件を元に転職サイトで求人検索をしたり、担当のキャリアアドバイザーから会社の紹介をしてもらうのです。

人間関係で毎回転職を繰り返す人は、そこで働く人との相性・職場環境まで考慮して、働いている人の年齢層や雰囲気を調べておくのも手ですね。

一度自分の理想の働き方をじっくり考えて、どんな条件の会社が合っていそうかピックアップしてみましょう。

第三者からの客観的視点でアドバイスをもらう

転職の際の会社選びは、第三者から客観的に見てアドバイスをもらうことも大事です。

私が転職で失敗したときは、とりあえず転職サイトに登録して求人探しをするものの、いつも一人で転職活動をしていました。

自分で応募先企業を考え、探し、応募書類の添削や面談の指導など受けたことはありませんでした。

転職活動期間が長引きそうになっても、不安を抱えたまま。

今思えば、”だからこそ”転職がうまくいかなかったのだと分かります。

自分一人で考えても、自分の価値観・常識の中でしか答えを出せません。

転職活動のプロにアドバイスを受けながら、不安はその都度相談して悩みを軽くし、自信を持った状態で臨んだのが転職の成功につながりました。

転職活動は、頼りになる第三者のサポートを得ることで成功する可能性が高まります。

ちゃんと自分以外を頼りましょう。

転職活動は働きながら始めよう

転職活動は、退職してからではなく、今の会社で働きながら始めるのがおすすめです。

感情に任せて辞めてしまっても、次の会社がなかなか決まらなければ収入や将来の不安が増して焦り、転職がなかなか決まらない泥沼に陥ってしまうかもしれません。

【今の仕事を続けたまま転職活動をするメリット】

  • ブランク期間がなくなる
  • 収入が途切れずお金の不安をもちにくくなる
  • 転職活動が長引いてストレスになるのを回避

もちろん、今の会社で精神的に限界なら、早めに辞めて心の休息を取ることが大事ですが、そこまで我慢するほどではないのなら、今の会社で仕事を続けたまま次の転職先を見つけるほうが安心です。

仕事が忙しくて転職活動にあてる時間がない人は、転職エージェントなどのサポートを利用して自分の負担を減らすのも一つの方法。

希望条件を伝えれば、自分に合った求人を探して紹介してもらえますし、応募書類の添削もしてもらえるので、効率よく転職活動を進められます。

【転職エージェントのサポート内容】

  • 自分に合う仕事の紹介
  • 応募書類の添削や面接アドバイス
  • 面接日程の調整
  • 年収アップの交渉
  • 転職活動の悩みの相談

転職エージェントは企業側からの紹介料で成り立っているため、求職者側は無料で利用できます。

損が無いのでとことん活用すべき!

私も転職エージェントのフル活用から選んだ会社でうまくいったので、転職エージェントの便利さ・ありがたさは経験済みですよ。

転職を繰り返す人生はもうお終い

転職を繰り返すほど、自分の評価も企業からの印象も悪くなりがちなので、「何とかしたい」と思っているのなら、早めに手を打つようにしましょう。

今後取り組むよりも、「今」が一番です。

今の会社で改善していきたいならそれも良いですが、転職してガラッと環境を変えての再出発の方がやりやすいです。

次の転職先を探す際のポイント

  • 過去の転職理由から学んで同じことを繰り返さないようにする
  • 会社の選び方を見直す
  • 第三者からのアドバイスをもらう
  • 今の仕事を続けながら転職活動を始める

今度こそ後悔の無い転職先を見つけましょう。

おすすめ転職エージェント万人向け3選

転職サイトやエージェントは、万人向けのタイプのものと、何かに特化したタイプ別のものとがあります。

求人登録数が多く、大手企業も多く扱う万人向けの転職エージェントはまず押さえておくべき王道!

ここでは、万人におすすめしたい求人登録数の多い業界大手の転職エージェントを3つ紹介します。

  1. まずは求人登録数の多い大手転職エージェントに登録
  2. 自分の希望する条件に特化した転職エージェントに登録

まずは万人向けの総合型転職エージェントに登録しておき、そこにプラスして自分が希望する条件に合った特化型のエージェントも登録しておきましょう。

パソナキャリア

女性ならば特におすすめなのが人材派遣業のパソナが運営する「パソナキャリア」

親身なサポート体制に定評があり、初めての転職で不安を抱えている人は頼りになるキャリアアドバイザーが見つかりやすいです。

範囲が首都圏・大阪・名古屋とある程度は限られてしまうのが難点ですが、この地域にいる人ならば登録しておいて損はないでしょう。

パソナキャリア公式サイト

リクルートエージェント

私が以前転職する時にまず登録していたのが、大手リクルート社の運営する「リクルートエージェント」

扱う求人数が圧倒的に多いので、まずは幅広く候補となる企業を探すために、とりあえず押さえておくべき転職エージェントです。

転職サイトの「リクナビNEXT」とも連携して活用しやすく、応募から面接までのスケジューリングが分かりやすく操作しやすいサイト画面がとても便利。

転職サイトのリクナビNEXTも併せて登録し、連携を取ると使いやすいです。

リクルートエージェント公式サイト

duda

パーソナルキャリアが運営する大手転職サイト「doda」

大手転職サービスだけあり10万件の求人案件を扱っているので、自分の希望に合った条件の企業を見つける確率も上がりやすいです。

都市部に限らず地方求人も多く扱っているため、地方での転職者も利用しやすいのもポイント。

転職エージェントサービスで専門スタッフによる適正に合った求人の紹介から応募、面接日程の調整など転職活動をフルサポートしてくれるので活用すべき。

doda公式サイト

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事探しに疲れた状況を突破できた私の5つの行動

【私が面接で採用された理由】決め手を入社後に聞いてみた。

【転職成功のコツ】成功率が上がる!体験談や成功例から学べる事

【転職の決め手と判断方法】他人の基準で選ぶと失敗する⁈

【営業未経験でもできる転職解説】不安が減るおすすめ業界はココ!

【仕事を休めない会社から抜け出す方法】転職するしかない?