30代の転職で営業未経験ならチャンス!失敗しない会社選び

30代で未経験の営業に転職しようと思っているなら、知っておいて損はないメリットやデメリット、会社側から求められている事、おすすめの業界選び、失敗しない会社の選び方をまとめました。

こんにちは。元営業女子Rucaです。

30代になってから未経験で営業への転職、できるのか需要はあるのかと不安ですよね。

結論から言えば、30代で未経験であっても営業への転職は出来ます。むしろ歓迎されることの方が多いでしょう。

なので未経験での営業職であっても、心配せず転職活動を進めてOK!

ただし、【30代】【未経験】だからこそ注意すべきポイントがあるので、転職を考えている人は要チェックです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

30代の転職で営業未経験が歓迎される理由

30代で未経験であっても営業に転職出来ますし、「未経験OK」としているところはたくさんあります。

営業職は多くの求人で「未経験でもOK」と記載されているものが見つかりますが、なぜ未経験OKかと言うと、理由は大きく3つ!

  1. 営業は会社ごとに扱う商材や販売方法が違う
  2. 営業職は全体的に需要が多い
  3. 結果がすべて。年齢学歴は関係ない

それぞれの理由ごとに詳しく解説していきます。

まずは営業未経験という不安を軽くしましょう。

1.営業は会社ごとに扱う商材や販売方法が違う

扱う商材や販売方法は会社によって違うため、ほとんどの場合、会社を変えればその都度商材や販売方法を覚える必要があります。

入社してから身につけるものなので、全員商材に関しての知識が無くて当たり前です。

特別な資格も必要ないことが多く、売る力(商材を提案して売るための能力や交渉術等)さえ身につければ本当に身一つでできます。

だから未経験でもチャレンジしやすいのです。

2.営業職は全体的に需要が多い

世の中のほとんどの会社で、営業職は必要な職種。

そのため全体的にも募集が多いのです。

他の職種と比べても割合が多く、社会全体で需要はあるため未経験であっても歓迎されます。

コミッション制の営業などは完全成果主義で良くも悪くも自分次第。シビアな世界なので、短期間で辞める人も多く募集が多いということもあります。

3.営業は結果がすべて。年齢学歴は関係ない

営業は結果がすべての世界。

そのため年齢も学歴も、それまでの経験もあまり関係ありません。

私のいた会社で常に売上上位の人の中には高卒や中卒の人もいましたし、逆に、難関大学の人がまったく売上を上げられず後輩に次々抜かれることもありました。

中卒や高卒で学歴無しのコンプレックスから失敗を恐れずがむしゃらに挑戦して行動量が増え、成功をつかむことも多いのだとか。

もちろん難関大学で売上上位の人もいますし、中卒・高卒で売上をあげられない人もいます。

要はその人次第ということ。

結果がすべての職種だからこそ、年齢や学歴など関係なく今の自分の努力量で道を切り拓けるのです。

それまでの経歴に自信がなかったり、学歴がないことをコンプレックスにしているなら、営業にチャレンジしてみては。

以上の理由で30代で未経験者でも営業には転職しやすいのです。

そして、営業を経験しておくと今後のためにも役立ちます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

30代の転職で営業未経験でも選ぶメリット

30代の営業未経験者が転職しておくと、この先の人生においても役に立ちます。

メリットは、大きく4つ。

  1. 営業未経験だからこそ、その会社でまっさらな状態で始められる
  2. 営業で培った営業力で生きやすくなる
  3. 営業は他業界へも転職しやすい
  4. 営業は幅広い人脈を築きやすい

いずれも”さらにこの先”の人生において役立つことばかりです。

具体的に30代での未経験の営業への転職はいかにおすすめなのかを解説!

営業未経験だからこそ、その会社でまっさらな状態で始められる

営業職は、見方によっては未経験だからこそ”これからの成長”が期待できるところがあります。

これが未経験者だからこそのメリット。

一度折り目がついてしまった折り紙よりも、折り目の無いまっさらな折り紙の方がキレイに鶴が折れるというもの。

前の会社でのやり方など、”変なクセ”みたいなものがついていない未経験者の方が、入社した会社での営業方法を吸収しやすいということもあります。

何も分からない”まっさらな状態”で始められるからこそ、これからの伸びしろもあるとも言えますよね。

自ら学んで素直に知識や営業方法を吸収していけば、営業経験者よりも大きな成長を見込める可能性があります。

業界だけでなく会社ごとに商品やセールス方法が変わる営業職ならではのメリットと言えるのです。

営業で培った営業力で生きやすくなる

営業力は今後の人生でも役に立つ能力です。

生きる上で、物事が円満に、かつ自分側に不利にならないよう持っていく交渉術やコミュニケーション術など、こうした能力は営業の基本です。

周囲とうまくやりつつ、自分の利益もゲット!

起業して自分の会社を起ち上げたりフリーランスになる場合にも、収益を確保するために自分で営業(他人や他会社との交渉・コミュニケーション)ができれば、有利です。

もちろんプライベートや家庭の場面でも、身につけておいて損はない能力。

ちゃんと身につけられるか、どう応用するかは本人の努力次第ですが、営業職をきっかけに会得してみるのも良いのではと思います。

営業は他業界へも転職しやすい

この先また転職することがあっても、業界を変えて転職しやすいのも営業のメリットです。

先に述べたように、営業は扱う商材や販売方法は会社ごとに違いますが、基本的な交渉術やコミュニケーション力はどこへ行っても通用します。

業界を変えても同じ「営業」として転職しやすく、今後もしまた転職することがあっても、応用しやすい職種なのです。

営業は幅広い人脈を築きやすい

営業は会社の名を背負って他企業や個人と接する機会が多く、様々な人と出会います。

社内だけでなく社外の人脈も築きやすいポジションなのです。

会社を離れても、その人脈のおかげで助けられたり新たな道が拓けたりということもあるので、人とのつながりは重要だったりします。

私も会社を離れた後でも顧客さんとの交流は続いていたり、先輩には顧客の人と意気投合して共同生活、後に共に会社を興したりしている人もいるんですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

30代の転職で営業未経験というデメリット

営業未経験者だからこそ注意すべき事もあります。

それは、ストレスやプレッシャーなどの精神的負担。

30代や未経験者に限らずですが、営業職はその仕事の特徴柄、ストレスやプレッシャーにさらされる場面が多くなります。

また、30代で未経験だからこそ、年下から教わる場面も出てくるため、それがストレスになる人もいるかもしれません。

具体的にどんなストレスがあるのか、ということを私自身の経験談もふまえて紹介します。

転職前に影の面も知っておくことである程度の心構えができるはずです。

営業はストレスやプレッシャーが多い

ストレスやプレッシャーにさらされやすいのが営業職の宿命(?)かも。

会社の名を背負って他企業や個人と直接やり取りするのが営業です。

  • 取引、売上、交渉・・など顧客と向き合うため神経を使う
  • 顧客とのコミュニケーションは必須で、人とのやり取りも多いことがストレス
  • 会社の利益(他社員のお給料もココから)になる売上を出さないといけないというプレッシャー
  • お金のやり取りが多いというプレッシャー

法人営業などは、個人営業に比べて動くお金の金額が大きいため、その分プレッシャーも大きくなります。

その精神的負担は最大のデメリットと言えるでしょう。

誰だってストレスを感じる嫌なものからは逃げたいですもんね。

30代営業職で新人、というコンプレックス

これは人によって、ですが、一番の精神的負担になるかもしれないのは、年下の上司や先輩から指図されることかもしれません。

30代で営業の”新人”となると、年下の上司や先輩から指示を受けたり仕事を教わることも出てくると思います。

この場では「自分は未経験の新人」なのだと0から地道に実績を作ろうとする謙虚さ素直さが必要!

「自分の方が年上なのに年下から教わるのは屈辱」だとか年功序列のクセが抜けない人は苦労するかもしれません。

日本ではまだまだ年功序列の意識が残っている企業が多いため、年下から教わる事を恥じたり嫌に感じたりする人もいるかもしれません。

けれど、30代で未経験の職種に転職するとなれば、最初は年齢関係なく自分は新人なんだという意識で臨むことが大事!

最初はストレスに感じるかもしれませんが、これもまた人間としての器を広げるチャンスなのです。

営業のストレスやプレッシャーは力に変えることもできる

避けて通れない「営業のストレスとプレッシャー」ですが、逆に力に変えることもできます。

私が尊敬する先輩は、「営業のおかげでストレスへの対処法や問題解決力が身についてずっと生きやすくなった。」と言っていました。

30代になればどんな職種であれ責任を伴う立場になってくるため、営業ではなくてもストレスやプレッシャーは増えます。

だからこそ、ストレスやプレッシャーへの対処法は早めに身につけておいた方が良いと思うのです。

私は逃げたいような嫌なことは、正直今まで逃げ回っていて向き合ってきませんでした。

だから何度も似たような嫌な場面を繰り返して自己嫌悪・・という悪循環。

営業職についたらストレスやプレッシャーとより向き合う必要性が出てきたため、逃げ回るのを諦め(笑)、ストレスへの対処を学びました。

人間、なかなか切羽詰まらないと取り組もうとしないですよね(^-^;

そこで一度きちんと向き合っておいたおかげで、今は昔より生きやすくなっています。

私はこの「精神的負担のデメリット」も自分が楽に生きる方へ変わるきっかけになったと捉えることができました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

30代で転職する営業未経験者に求められていること

企業が転職してくる30代の営業未経験者に求めていることは、大きく分けて3つあります。

  1. 即戦力になる可能性があること
  2. 会社が求める人材にフィットしていること
  3. 素直さや謙虚さがあること

それぞれ具体的に解説していきます。

企業が求めていることを知って面接で適切なアピールが出来るようにしておきましょう。

1.即戦力になる可能性があること

営業に限らず、30代での転職者には”即戦力”としての働きが期待されています。

30代であればある程度は社会人経験があるため、基本的な社会人としてのマナーや常識は備えていることが前提。

会社にとって重要なのは、あなたが即戦力になる可能性があるかどうか。

あくまでも「可能性」をみているので、いかに面接でその可能性を感じさせられるかが勝負だったりします。

身構えずとも、自己分析がきちんとできていれば大丈夫。

例えば、自分の中で将来設計や成し遂げたい事がはっきりしていると、未来を見据えた判断ができるため、「未経験でも正しい判断ができる」と捉えられます。

自分の考えや行動を日々振り返って自己分析していれば、今までの経験から自分がどんな役に立てるか、その”可能性”を説明できます。

自己分析ができていれば、どんな質問をされても一貫性のある説明ができるはず。

即戦力として「この資格を持ってます!」とアピールする場合、資格だけでは弱いので注意。

「その資格でどうやってうちの会社に貢献してくれるの?」

会社が知りたいのはそこ。

その資格を使って自分の経験上どう貢献できるか、それもまた”可能性”を示しましょう。

2.会社が求める人材にフィットしていること

会社が求める人物像に自分が合っているかも大事です。

いくら有能な人でも、その企業が求める人材とずれていれば必要とされにくいですよね。

私の場合、ちょうど会社側が女性責任者のロールモデルを作りたいとしていた背景があり、私が会社で実現したい事とマッチしていたことが採用につながりました。

応募する会社が今何を求めていそうか、どんな事業展開をしていく予定なのかを調べてみましょう。

今は企業の公式HPやSNSから誰でもうかがうことが出来るので、昔よりずっと調べやすくなっています。

私の採用理由の件は、こちらの記事で具体的に紹介しているので良かったらこちらもご覧ください。

【関連記事】【私が面接で採用された理由】決め手を入社後に聞いてみた。

「私が面接で採用された理由って何だろう?」 自分も入社面接の採用担当として仕事することになったとき、ふと疑問に思って聞いてみました。 ...

3.素直さや謙虚さがあること

素直さや謙虚さはいくつになってもどこへ行っても大事!

とくに日本で働いていくなら謙虚さも評価されます。

  • 「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように、前職のやり方に固執するより新しい職場のやり方も一旦は受け止める。
  • 年下だろうとその場での先輩の教えは素直に聞く。

私は営業時代、色々な先輩に仕事のやり方を教えてもらいに行き、教わったことはまずそのまま素直に実践。

「本当にこんなやり方でいいのかな?」と思っても、実績を出している人のやり方と新人の私のやり方や考え方が同じなはずはないのです。

いきなりできる人の思考にはなれないので、まずは教わった行動を素直にまねて、できる人の考え方を理解しようと努めました。

自分の休日には全国を飛び回っている先輩達を訪ねて仕事を見学させてもらったり、無償で働かせてもらったりもすると(移動費はもちろん自腹)、その後もかなり可愛がってもらえます(笑)

自分が教える立場になった時、やっぱり積極的に教わりに来る後輩は好印象です。

関わる時間が多い人の方が情がわくものでしょう。

未経験だからそ、地道に実績をつくろうという素直さや謙虚さがあれば、周りも味方してくれるものだと思います。

30代の転職で営業未経験は何をアピールすればいい?

30代未経験で営業に転職する場合、面接時の応募理由に悩むかもしれません。

面接官が知りたいのは「なぜ前職と同じ職種ではなく、未経験の営業に応募してきたのか。」という理由。

人それぞれ転職理由はあると思いますが、面接にふさわしく営業未経験者がアピールしやすい内容は3つあります。

  1. その会社の商品やサービス
  2. その会社での働き方
  3. これまでの経験を活かして貢献できること

具体的にどんなアピールができるか解説していきます。

自分の中で面接時のアピール文句を見つけましょう。

その会社の商品やサービス

転職希望の会社が扱っている商品やサービスは、営業職にとってアピールしやすいものの一つです。

人としゃべるのが苦手で、相手と盛り上がれる話ができない人でも、自分が好きな食べ物、好きでしょうがない趣味についてなら熱く語れてしまう人はいるのではないでしょうか。

自分が惚れ込んだものを人に紹介しようとするときは、自然と話に熱がこもるもの。

その熱意は相手(お客様)にも伝わります。

自分が客の立場でも、そつのない販売員よりは、その商材を好きで好きで仕方のない販売員から買いたくなったりはしないでしょうか。

これから転職する会社の商材が好きならば、営業職としても売りやすい強みであり、面接でもアピールポイントになります。

その会社での働き方

2つ目は、その会社での働き方・条件が自分の望むものだというアピール。

今までの働き方と今後自分が望む働き方とを比較して、自分の理想の生き方(生活や働き方)がその会社であれば望めそうだとアピールするのです。

これから結婚して家族が増えることを考えて、育児休暇を取得しやすい環境が良いとか、
仕事をしている人もサボっている人も同じ給料ではなく、結果を出した分だけ評価される・給料に反映されるシステムの方がやる気になるから、とか。

より良い未来のために働き方を変えたい、という志望理由ですね。

自分に合った働き方を選びたいなら、まずは自分の理想の生活やどんな環境なら心地よく仕事が出来そうか、その条件をピックアップしておきましょう。

これまでの経験を活かして貢献できること

3つ目は、これまでの仕事の経験が、転職先の会社でどう生かせるかをアピールすること。

これは大事。

とっても大事。

あなたが面接で「この会社に入社したら私にとってどんなメリットがあるだろう」と考えるように、会社側も「この人を採用してうちの会社にどんなメリットがあるだろう?(売上アップにつながるかな?)」と考えています。

だから、面接時には「私はこんな役に立てますから、採用するとこんなメリットがありますよ~」とちゃんとアピールしておくのです。

注意したいのは、資格をアピールするとき。

その資格を使って”どう貢献できそうか”を具体的にアピールすること。

「どんな武器をもっているか?」ではなく、「その武器を使ってどう活躍できるのか?」
ちゃんと武器を使いこなせるのか。

会社が知りたいのはそこです。

過去の出来事から何を学んだか、自己分析をしておきましょう。

30代の転職で営業未経験なら会社選びが大事!

30代で、未経験で営業職に転職する場合、これから長く働くことを考えても会社選びは丁寧に行いたいものですよね。

入社してみて思っていたのと違い、またすぐ転職・・というのは避けたい。

だからこそ、自分の理想の働き方をはっきりさせ、それに合った働き方ができる会社選びをすることが大切です。

失敗しない会社選びのために大事なことは2つ。

  1. 自分の希望の働き方を明確にする
  2. 信頼できる転職支援・エージェントを頼る

良い転職支援アドバイザーがいても、自分の希望が明確になっていなければ的確なアドバイスは受けられませんし、自分一人で転職のための情報収集や面接書類の作成を行うのも大変です。

1.自分の希望を明確にする

未経験の営業職を目指すにあたり、どのような働き方をしたいか、何を優先したいかを明確にしておきましょう。

  • 業界
  • 扱う商材
  • 福利厚生
  • 転勤有り無し
  • 出張有り無し
  • 内勤か外回りか
  • 平日休みか土日休みか

自分が優先したい条件を明確にしておくことで会社を絞りやすくなり、ピンポイントで条件に合った会社を紹介してもらいやすくなります。

これは良い転職エージェントを見つけるよりも大事なことなので、一度自分と向き合って優先順位を書き出しておきましょう。

2.信頼できる転職支援・エージェントを頼る

私は自分一人でがんばろうと誰にも頼らない時ほど失敗して泥沼にはまっていきました。

自分のライフスタイルを変える、会社・仕事を変えるような時は、自分以外の第三者をちゃんと頼るようにするのが大事です。

決して一人で抱え込んではいけません。

今は、転職のことに詳しいアドバイザーが無料で面接書類の添削や面談の日程調節などを行ってくれるサービスがあるので、活用しない手はありません。

未経験の仕事に就くならなおさら、書類の作成ポイントや面接時のアドバイスをもらいましょう。

おすすめ転職エージェント万人向け3選

転職サイトやエージェントは、万人向けのタイプのものと、何かに特化したタイプ別のものとがあります。

求人登録数が多く、大手企業も多く扱う万人向けの転職エージェントはまず押さえておくべき王道!

ここでは、万人におすすめしたい求人登録数の多い業界大手の転職エージェントを3つ紹介します。

  1. まずは求人登録数の多い大手転職エージェントに登録
  2. 自分の希望する条件に特化した転職エージェントに登録

まずは万人向けの総合型転職エージェントに登録しておき、そこにプラスして自分が希望する条件に合った特化型のエージェントも登録しておきましょう。

パソナキャリア

女性ならば特におすすめなのが人材派遣業のパソナが運営する「パソナキャリア」

親身なサポート体制に定評があり、初めての転職で不安を抱えている人は頼りになるキャリアアドバイザーが見つかりやすいです。

範囲が首都圏・大阪・名古屋とある程度は限られてしまうのが難点ですが、この地域にいる人ならば登録しておいて損はないでしょう。

パソナキャリア公式サイト

リクルートエージェント

私が以前転職する時にまず登録していたのが、大手リクルート社の運営する「リクルートエージェント」

扱う求人数が圧倒的に多いので、まずは幅広く候補となる企業を探すために、とりあえず押さえておくべき転職エージェントです。

転職サイトの「リクナビNEXT」とも連携して活用しやすく、応募から面接までのスケジューリングが分かりやすく操作しやすいサイト画面がとても便利。

転職サイトのリクナビNEXTも併せて登録し、連携を取ると使いやすいです。

リクルートエージェント公式サイト

duda

パーソナルキャリアが運営する大手転職サイト「doda」

大手転職サービスだけあり10万件の求人案件を扱っているので、自分の希望に合った条件の企業を見つける確率も上がりやすいです。

都市部に限らず地方求人も多く扱っているため、地方での転職者も利用しやすいのもポイント。

転職エージェントサービスで専門スタッフによる適正に合った求人の紹介から応募、面接日程の調整など転職活動をフルサポートしてくれるので活用すべき。

doda公式サイト

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

転職でうつはバレる?隠す事でくり返す悪循環の危険性を知っておこう

20代におすすめな転職サイト・エージェント

【転職成功のコツ】成功率が上がる!体験談や成功例から学べる事

【転職ブランク中何もしていない時の理由説明】うつ・体調不良は言う?

転職が多いのは不利⁈理由の言い方で面接を成功させる

人間関係で転職を繰り返した友人の10年後【失敗から学ぶ会社選び】