【転職サイトとエージェントの違い】自分に最適なものを選ぶ判断基準は?

転職転職活動をしようと思い、求人情報を探す段階になって「転職サイト」と「転職エージェント」、この2つの違いがよくわからず疑問に思いますよね。

ざっくり言うと、1人で全部やるか専門の人にサポートしてもらうかの違いですが、不安な部分を補いながら、両方をうまく使いこなすことで転職成功の確率を上げやすくなります。

ここでは、転職サイトと転職エージェントの違いについてメリットとデメリットを比較し、自分に合わせた選び方を紹介!

自分に合ったものを選んで、効率的&効果的に転職活動を進めることで、自分が仕事をしやすい職場を早く見つけられるようにしましょう。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違いは、自分一人で行うか担当のエージェントのサポートを受けて行うかの違いです。

それぞれのメリット・デメリットも把握した上で、自分には「転職サイト」と「転職エージェント」、どちらが合っているか選ぶ参考にしてみて下さい。

転職サイトの特徴

「転職サイト」は、ウェブサイト上に掲載された求人を自分で自由に検索・閲覧をして、比較し検討、応募することができます。

転職サイトごとに特化している業界や職種が異なるので、自分の目指す分野に特化したサイトを押さえておくのが賢い方法です。

転職サイトのメリット

転職サイトは、膨大な求人情報の中から候補を探せるので、たくさんの企業を比較して選びたい人にはおすすめ

閲覧する求人情報の量が少なくて、転職した後でもっといい条件の仕事を見つけてしまった時後悔する人もいます。候補数はたくさん持って、その中から希望条件で絞っていけば、自分が納得する求人を見つけやすいです。

自分の好きな時間に求人情報を閲覧できたり、応募できる
人とのやり取りが苦手。マイペースに転職活動を進めたいという人にはぴったり。

まとめて複数の求人に応募できる
気になる求人がたくさんあった場合、その複数の求人にまとめて応募ができるので、気軽に応募しやすいのもいいところです。

自分で気軽に応募しやすい
転職サイトによっては、自分の職歴や自己PRなどを登録しておき、応募データをまとめて企業側に送ることも可能なので応募する企業ごとに履歴書を書く手間も省けます。
応募が気軽にしやすいので、希望求人を見つけたらどんどん応募していきたい人にとっては、テンポよく転職活動を進められるのがメリット。

未経験者を歓迎する求人も比較的多め
未経験の職種に変えたい人や、経歴があまりない人でも応募しやすい雰囲気。

 

転職サイトのデメリット

転職サイトのデメリットは自由度が高いこと。

自由な分、自分の責任次第です。

情報量が多すぎて絞り込みにくい
求人情報の量が多いので、比較しすぎて候補を絞り込みにくいことがデメリット。
自分の希望する条件がはっきりしていなかったり、候補がたくさんありすぎて迷って決断できなくなるような人は無駄に時間がかかってしまいます。

自分の希望条件をはっきりさせて候補を絞り込めるようにし、希望の求人を見つけたら即応募できるくらいに条件や目的をはっきりさせておけば◎

良くも悪くも自分次第
自分のペースで転職活動を進めることになるので、自分のスケジュール管理が大事になってきます。でないと、いつまでもダラダラと転職活動を続けることになり、ブランクが空いてしまいます。ある程度の自己管理は必要。

転職サイトがおすすめな人

転職サイトは、自分のペースで転職活動をしたい人向けです。

良くも悪くも「自由に」求人閲覧・応募ができるので、自分で自分の管理ができる人の方が膨大な情報と自由さに振り回されません。

 

  • たくさんの求人情報を自分で比べて検討できる。
  • 自分の好きなときに転職活動ができる。
  • 複数の求人にまとめて応募しやすい。
  • 自分の職歴や履歴書データを登録しておけるので、履歴書を書く手間などが省ける。
  • 第二新卒や未経験者歓迎の仕事が多いので、経験の浅い人でも応募しやすい。
  • 自分の希望や強みをしっかり把握していると良い

転職エージェントの特徴

転職エージェントとは、いわば人材紹介です。

専任のエージェント(キャリアアドバイザーやキャリアコーディネーター等と呼ばれる)と面談し、就職先の希望を伝えると、その希望条件をもとに転職エージェントを通じて求人を紹介してもらえます。

専任のエージェントは、登録した一人一人に担当の人が付きます。

求人募集をしている企業側から転職希望者を紹介した報酬を受け取っているため、転職希望者側からの報酬受け取りは無し。手厚いサポートが無料で利用できるのは嬉しい!

転職エージェントのメリット

転職エージェントは、専任のエージェントと二人三脚で転職を目指すイメージで、転職先企業の選び方、転職活動のやり方に自信がない人にはおすすめです。

手厚いサポート
転職に関するサポートが手厚く、応募書類の作成や面接のサポートなどもあります。書類審査で毎回落される人は、担当エージェントに応募書類の添削を頼むべき!

たくさんの求人から探し出す手間が省ける
自分の挙げた希望条件をもとに担当エージェントがマッチする求人情報を送ってくれるので、求人を探す手間が省ける。たくさんの情報を閲覧して絞り込むのが面倒な人には、「待っていれば自分に合う求人情報が送られてくる」ので便利。
空いた時間で他にやっておきたい事にも取り組めます。

企業側の内情を知るエージェントのサポートは心強い
転職エージェントは企業側の内情にも詳しく、企業側の人事担当者が重視していることを知っていてそれに基づいてアドバイスをしてくれたりもします。
面接に受かる対策がたてやすくなりますね。

忙しくても面談スケジュールを調整してもらえる
面接日程等の調整も行ってくれるので、前の仕事を続けながらでも上手くスケジュールを組んで、転職活動に取り組めます。退職前に転職先を探したい場合にもおすすめ。

非公開求人を紹介してもらえる
一般公開されていないような貴重な非公開求人を紹介してもらえることもあります。それも、条件の良い求人案件がけっこうあることも・・・。

”第三者視点”を通して自分を深く知ることができる
毎回同じ理由で退職して転職を繰り返してしまう人は、自分に合った仕事選びや、自分自身の評価や認識がずれているのかもしれません。そんな人は、自分自身の判断だけで仕事選びをしようとするのではなく、専任のエージェントに客観的に見てもらうのがおすすめ。自分でも気づいていない得意なことや強みを把握することで、自分の活かし方を知れば最適な仕事を見つけやすくなります

「なかなか自分に合う仕事を見つけられない人」は、試してみては。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントの一番のデメリットは、担当のエージェントとの相性も大事だということ。

人に任せて自分の負担が減るのは嬉しいですが、企業側の内情をふまえたアドバイスなども相手のエージェント次第になってしまいます。

担当エージェントとの相性に左右される
自分以外の人に委ねることになるので、担当エージェントとの相性が悪いとうまくいきにくくなります。担当エージェントが合わないと思ったら、変えた方が良いです。

自由に応募できない
担当のエージェントととのやり取りが必要になってくるので、自分だけで求人閲覧・応募できない不自由さはあります。多少時間がかかったとしても、納得いくまで自分で求人を比較・検討したい人には煩わしいことも。

企業と直接のやりとりは難しい
まとめて複数の企業に応募もできますが、担当のエージェントを間に挟む形になるので、企業側と直接のやりとりがしにくくなります。

未経験の仕事への応募はあまりすすめられない
転職エージェントも自分のところのサービス利用者の「採用率」が大事なので、採用の見込みが低い企業先へはあまり紹介してもらえない傾向があります。未経験の職種などに挑戦したい場合はちょっとハードルが高くなります。

転職エージェントがおすすめな人

転職エージェントは、、転職活動に慣れていない人や、効率的に転職活動を進めたい人向けです。

また、自分がかけるはずだった時間を人にやってもらえるので、前の仕事を続けながら転職活動する人など、忙しい中時間を有効活用したい人には便利なサービスです。

  • 履歴書や職務経歴書などの添削をしてもらえる
  • 膨大な求人情報を閲覧する手間が省ける
  • 企業側が求めている内情を元に面接通過のアドバイスなどをもらえる
  • 面談などのスケジュールも調整してもらえる
  • 限定の非公開求人を紹介してもらえることもある

転職サイトと転職エージェントどちらにすべき?

自分は転職サイトと転職エージェント、どちらに登録するべきなのか、迷いますよね。

その人の転職活動スタイルや性格にもよるので、どちらの方が良いかは人それぞれですし選び方に”決まり”はありません。

重要なのは、「自分に最適な転職先を、なるべく早く見つけられること」ですよね。

そのためには、

  1. 自分の希望条件がはっきりしている
  2. 仕事で活かせる自分の強みがわかっている

上の2点を満たせそうな求人をたくさんの情報の中から素早く見つけられる

といったことが必要です。

自己分析が終わっていて自分の責任・ペースで転職活動をしていける人は、自由度の高い転職サイトが活用しやすいです。

自分の希望条件や強みがわからない人は、わかるまで自己分析をするといいですが、時間がかかってしまう人は、専任のエージェントと面談を通して客観的に自分を見てもらうのがおすすめ。

また、面接のスケジュール調整や履歴書の添削、求人情報の絞り込みなどをしてもらえるので、効率よく転職活動をしたい人は転職エージェントがいいですね。

自分に足りない部分を補いやすい方が良いですよね。

ただ、どちらかだけに絞らなくてもいいんです。

どっちか1つだけ、じゃなくていい。

転職サイトと転職エージェント、それぞれ向いている人を挙げましたが、何も「どちらか一つだけ」に絞ってしまうことはありません。

だって、どちらも無料。

転職サイトは、登録しておけば好きなときに求人を探せます。転職エージェントでは応募書類の添削をしてもらえたり、自分に合いそうな求人を送ってももらえます。(転職サイトにも載っていない求人)

空き時間に転職サイトで探しつつ、転職エージェントを効率よく利用するなど、両方活用すれば自分に一番いい就職先を見つけやすくなります。

「転職サイトと転職エージェントのいいとこ取り」をすることで、少しでも自分の希望の仕事を見つける”確率を上げる”ことが大事です。

 

  1. 希望条件や自分のスキル・強みをはっきりさせておく
    (転職エージェントのサポートを受ける)
  2. 企業の候補数を増やして選択肢を多くする
    (転職エージェントで非公開求人を含む求人情報を探してもらいながら、転職サイトでも探す)
  3. 希望条件などから厳選して絞り込む
    (転職エージェントから面談のサポートを受ける)

まとめ

転職サイトは、求人の閲覧や応募も自分の好きなペースで取り組め、応募も気軽にしやすいので転職活動をすべて自分で決めて動きたい人には向いています。

転職エージェントは、企業先の内情にも詳しい専任エージェントにサポートしてもらえるので面接対策もしやすいだけでなく、余計な手間のかかる作業は任せながら転職活動に取り組めます。

転職サイトと転職エージェントで、自分の不足・不安な部分を補いながら両方をうまく活用して、転職成功の確率を上げて自分にぴったりの企業に就職しましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【私が面接で採用された理由】決め手を入社後に聞いてみた。

【転職先の賢い選び方】失敗しない転職のポイント3つ

あの子が面接に落ちた意外な理由【SNSの罠】