【私が面接で採用された理由】決め手を入社後に聞いてみた。

「私が面接で採用された理由って何だろう?」
自分も入社面接の採用担当として仕事することになったとき、ふと疑問に思って聞いてみました。
一番の落ちこぼれ状態だった私でも採用された理由は、目立つ実績も経験もないけど「この会社に入社したい!」と強く思っている人には励みになるのではと思いました。
あくまでも参考に、ですが面接採用のために役立てていただければと思います。

こんにちは。フリーライフクリエイターのRucaです。

私の面接時の採用理由について会社員時代に聞いてみたことがあったのを思い出しました。

自分も面接する側になってはじめて、面接の判断基準など改めて確認。

面接で採用される理由

面接で採用されるには、面接を受ける会社側のことを考えてアピールできていることがポイントです。

企業の面接官が面接の時に見ているもの。

その人の今までの経歴よりも、人柄とか熱意、将来的な可能性です。後は、今後会社でその人が活躍してくれそうかどうか。これらを総合して判断します。

確かに、経歴や実績を知りたいなら文章だけで充分。でも人柄とかその人自身から溢れる熱意なんかは、本人に直接会って話をしないとわからないですもんね。

会社側(面接官側)から見るとこんな感じ。

  1. うちの会社で「働きたい!」という熱意があるか。(ただ給料もらいたいってだけの人よりは、意欲がある人がいい。)
  2. 入社してから周囲とうまく調和できるか(うちの気風に合ってるかな。人間性はどうかな。)
  3. うちの会社でどう活躍してくれそうか(今後の会社の発展の力になるかな。)

これを採用してくれる会社側に、どうアピールするか。そこがポイントです。

面接での採用の決め手は・・気迫⁈

私の場合は、入社はできたけれど周りはすごくハイスペックな人たちばかり。大手飲食チェーン店の店長経験者だとか、大手転職サイトの名前で誰もが知ってる会社の営業だとか…。

「なんで私採用されたんだろう?」と正直思いました。今まで大した経歴ないし、続かなくて転々としたし、華々しい実績ないし。

そして自分が採用担当として面接にかかわることになったときに聞いてみたんです。

 

私を最後に面接して採用した副社長曰く、

 

一言で言えば「気迫」だったそう。(侍⁈)

 

直接対面だからこそ熱意が伝わりやすい

気迫・・・。

そういえばその面接の時は、もう後がない(と思い込んで)『何か実績つくってやる!』と思ってたんでした。

切羽詰まった人間は時にとんでもない奇跡を起こすことがあるそうですが、そんな時は内側にものすごいエネルギーが生まれてるんだとか。私もこれが熱意になって相手に伝わったのかな?なんて。

でも、たしかに「そこそこで良い。」「安定を得るために出しゃばらず、ほどほどにやっていこう。」なんて思っていませんでした。「自分が今持ってるもの全部差し出してでも何か掴んでやる!!」くらいに思ってました。

そこまでしなくてもいいかもだけど、私の場合はここまで本気で思ってたからこその気迫が出たんじゃないかなとも思います。こうした内側からあふれ出るものって文面じゃ伝わりにくい。直接会う面接の場だからこそ、熱意をアピールしないと。

本気でやりたい人に入社してもらいたい

誰だって「とりあえずの給料もらえればいいから、あとは適当に仕事していよう。」なんて人より「この会社で働きたい!何が何でも成果あげてやります!」と望んでもらって働いてくれる方がいいですよね。

会社じゃなくて異性の場合で考えると、「熱意」の重要さがリアルになります。

例えば、同じ女性から告白されたとして、

「男なら誰でもいいんで。とりあえずあなた、付き合ってくれる。」なんて言われるより、「趣味も合うし、あなたと一緒にいるといつも楽しいから付き合ってください。」
という、”望まれて”の方がよくないですか?

 

ただ、熱意って本当の本気で願うときしか出てこない

そこは、嘘のない自分で体当たりするしかないと思います。

面接で採用された理由は、素直さ

もう1つは、素直さ

素直な人って、だいたいどんな環境でも周囲となじんでやっていけやすいんです。入社してから周囲と調和して馴染めそうかも大事なポイント。

ただ、私は自分でも思いますが、そこまで素直な方ではありません。ですが、この面接の頃から自分の夢や欲望(やりたいこと)には素直にOK出すよう努力していました。

なにに対して素直か?

面接でこんな質問をされたんです。

「お金はたくさんあったほうがいいと思いますか?」

まったくこの通りの質問じゃなかったと思うんですが、正確には思い出せません。ただ、人生におけるお金の重要度を聞かれた覚えがあります。

この質問には即答した覚えがあります。

「はい!お金はたくさんあったほうができることも増えます。だから私はたくさん稼げる力を身につけたいんです!」

このとき前のめりになってたそうです、私(笑)
欲深すぎか。

実は、この面接の少し前に読んだ本で「成功者は皆、お金が好きだと素直に言える」という内容の本を読んだばかりだったんですよね。それまでの私は、お金を稼ぐこと・大金を持つことに何か汚いイメージや罪悪感を持ってたんですけど、だから収入も低かったんだとわかりました。そこで、この面接で即座に「お金は好き!いっぱい稼げた方がいい!」って即答したんです。

けれど、この時の他の面接者は「お金が全てだとは思わない」とかお金に対して少し消極的な姿勢や意見ばかりだったそうです。

もちろんお金に対する考え方や価値観は人それぞれだけれど、今面接を受けてるこの仕事は、コミッションが出て実力を上げた分だけ収入も上がるお仕事です。年功序列もないから、成果が上がらなければ長く会社にいても地位も収入も上がらないというわけ。そんな会社の面接だからこそ、「お金」に対する質問も出たんだと思います。(ですよね?)

入社してわかったけれど、「お金はたくさんあると嬉しい!」「仕事のスキルも上達したい!」「モテたい!」「家族とも仲良くしたい!」…と、欲に素直な社員が多かったです。そしてそれを叶えるためならどんな努力も惜しまない、という人たちばかりでした。出来ないことへの言い訳もしないし、清々しかったですね。

望みの為には貪欲に行動しそうなところが、会社の気風にも合ってたようです。

面接で採用された理由は、可能性

それから最後に、それまでの経歴よりも今後の活躍の可能性

実際、人事を担当している友人にも、「応募者の過去の経歴よりは今後の可能性を見ている」と聞きました。過去の経歴や実績ばかりを熱っぽく語ってくれる応募者よりは、その実績をうちの会社でどう活かすかのヴィジョンがある人を選びたいそうです。そりゃそうですよね。

ちなみに、自分が今まで行ってきた実績を熱心に語る人のほとんどは、肝心の「どうしてうちの会社に入社したいのか。」「うちの会社で何をしたいのか。」がないそうです。それって「今いるここ。」から違う場所に行きたいけど、目的(地)が無いようなもの。

私の場合は、「この会社で女性責任者になる!」という目的が、男性社員ばかりの社内で女性社員を今後増やしていきたいという会社側の目的と合致したことも採用に繋がったそうです。実際に、女性責任者になってからは新人女性社員の育成だけでなく、相談にのったりと精神的ケアなども取り組みました。

会社側の都合と、会社での自分の目標とがうまく合わさることは重要。

だから、事前に入社希望の会社の方針や今後どんな事業展開をしていくかを調べて、自分の応募理由に絡めていくと良いです。

面接で採用された理由:さいごにまとめ

面接される側にいると、どうしても「自分本位」になってしまって、「その会社に採用してもらう・働かせてもらう・給料をもらう」という意識が低くなりがちと思います。採用担当者には、その会社で自分が活躍しているイメージを持ってもらえるように話を展開させたりストーリーを組んでみては。

最後にもう一度。

会社側(面接官側)から見るとこんな感じ。

  1. うちの会社で「働きたい!」という熱意があるか。(ただ給料もらいたいってだけの人よりは、意欲がある人がいい。)
  2. 入社してから周囲とうまく調和できるか(うちの気風に合ってるかな。人間性はどうかな。)
  3. うちの会社でどう活躍してくれそうか(今後の会社の発展の力になるかな。)

面接ではSNSも注意、ね。↓

「私って年収〇〇万いけるんだ!」自分の市場価値がわかるアプリ

「求人探しが大変」なら
企業側が自分を探し出してくれるサービスを利用してみよう。

  1. たった5分であなたに入社してもらいたい優良企業からオファーが届く。
  2. 「書類選考合格済」のオファーなので、面接確約!
  3. 適正チェックで自分の強みや自分に合う仕事がわかる。
  4. 経歴・スキルから推定年収がわかる。
    ※「社会の中であなたはこれくらいの年収を受け取れる人ですよ。」
    という自分の市場価値を見ることができるんです。

\ まずは自分の市場価値(推定年収)を見てみる /

MIIDAS公式サイト

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【転職先の賢い選び方】失敗しない転職のポイント3つ

【転職サイトとエージェントの違い】自分に最適なものを選ぶ判断基準は?

あの子が面接に落ちた意外な理由【SNSの罠】